Kinkoちゃん随筆

書に遊ぶKinkoちゃんの気ままな日常 ・・・現代アートから海外情報、最近なぜか少年隊まで⁈なブログ

スペイン語:マルコ「母をたずねて三千里」

文句を言いながらも躍起になって改悪Duolingo(デュオリンゴ)の穴埋めをしてようやくツリーを金色に戻したものの、このペースで続けると手を痛めて本業にさしつかえる。
はたして?

去年はうだるような暑さで生きるだけで精一杯な感じの夏だったので
今年は早いうちから簾をつけたり涼しい部屋着を買っておいたにも関わらず
7月に入ってからも30度は超えるものの35度まではいかないので部屋の中は涼しいどころかひんやり。
ある日窓辺においている温度計が46度超えをマークしているのを発見してびっくりしたけれどたまたまその瞬間に西日が直接あたったらしい。
それ以外の時間は机に向かっているときなど靴下とカーディガンが必要なほどひんやりしています。

つまりは勉強に最適!
やらなくちゃ!
ぐだぐだ考えて以前やりかけて放り出していた問題集の続きを始めてみた。
たしかに前よりは少し早く進めそう。

でもやっぱり問題集を一日中やり続ける気力はないなあ・・・

で、さらにぐだぐだ考えて、
そうだ!
インプットだ!

という言い訳でテレビ番組や映画を探してみたけれど、
実写の吹き替えは口がずれていて違和感がたまらない。

前に見始めたテレビ局のドラマ「クエンタメ」は吹き替えじゃなくスペイン産のドラマだからもちろんそんな問題はないし、いけるんじゃないかと数か月見続けてみたけど1話が長い。登場人物が多くてセリフがすごく多い。ということで疲れて続かず・・・

で、発見した!
世界名作劇場!

なんと南米で放送されたあれやこれやが見られる〜!!!

最近日本は昔のアニメの再放送がなくなっちゃって名作も見られなくなって久しいですからね。

なんて嬉しい!

で、まずはマルコ。
「母をたずねて三千里」からスタートしてみました。

何がいいって、のんびりしていてセリフが少ないとこね。怠惰な学習者としては。

回によってはアメ〜ディオ!ってサルをよんでるばっかでほとんどセリフがない日とか
ママ〜ママ〜って叫んでるばっかりなんていう回はまったく勉強になりませんが
なんと言っても思い出の作品なので半分以上はノスタルジーで52話すべて鑑賞しました。
思い出の、
と言いながら実はほとんど覚えてなかった。
っていう再発見もあり〜の。

オープニングの歌が好きすぎてものすごく好きな作品な気がしていたけど本当にストーリーの記憶がなかったのに驚きました・・・。

そういえば「母をたずねて」も「フランダースの犬」も本を先に読んでいたので
テレビで見たときは違和感いっぱいだったっけな〜。
子供の時は「外人=金髪」っていう大きな誤解をしていたから
黒髪のマルコを見て「これじゃ日本人じゃないか!!!」
っていうところから始まって・・・(笑)
黒髪のヨーロッパ人って全然普通にたくさんいるのにね。

本の中でブルネットっていう単語がよく出てきたけれど何か自分の知らない外国人の髪の色があるに違いないと思い込んでいたっけ。

ペットのアメディオだとかペッピーノ一家とか架空のキャラクターも受け入れがたかったっけなあ。
今はアニメはアニメとしてまあまあ見られましたけど。

でも全体の3分の1までが出発前のイタリアの話で、
ようやくアルゼンチンについてからも結局一人で歩く旅っていうのは2話分しかないっていうのには驚きました。
これにはさすがに子供の時にもつっこみ入れてた気がするな。
原作ではもっと一人で頑張っていた気がするけど
アニメではなんだかんだ誰かが助けてくれて乗り物に乗って移動する連続で。

お話としては原作推しですけれども
アニメのよかったところは背景の美しさでしょうか。
美しさとともに正確な絵だったんだなあ、と感心しながら鑑賞。

どこかヨーロッパを旅するたびに
「あ、マルコみたい」
って何度言ったでしょう。
石畳の路地や、窓と窓の間に干された洗濯物や、
そんなものを見るたびにマルコを発見していて。。。

もちろんスイスでは「あ、ハイジ」でしたけど。
でまた、同世代がそこにいると通じちゃうんですよね、その感動が。

とにかくよく描けているのです。
すっかりヨーロッパを見慣れた今改めて見て、
なおさらリアルな描写なのに驚いています。

ジェノバの港も
アルゼンチンの平原も。

本当に子どもの頃に毎週こんな風に世界の景色を見せてもらえたことに感謝です。

デジタルでペタペタ色を置いただけの最近のアニメでは得られない感動だ。

もっと再放送すればいいのに。
子供はどんどん育ってメンバーが変わるんだからいいものは何度でも放送していいのにね。

なんでしょうね、ある時期から3回放送したらテレビ東京に売られるようになっちゃって
すっかり放送がなくなっちゃいましたよねえ。

でも、ともかくも南米で放送されていたおかげでスペイン語版で再び見ることができたのは本当によかったです。アルゼンチンは本当にスペイン語なわけだから日本版よりこれがリアルなんだもんね。

そうそう。
この世界名作劇場の「母をたずねて三千里」は3Dのはしりだったんですよ。
今ではディズニーランドやらなにやらで3D眼鏡を配られて
ギュイーンって何かが飛び出てくるのを体験している人はたくさんいると思いますけど。
映画館でもありますしね。
それこそ映像そのものが立体的になっちゃってたりいろいろありますね。

でも日本で最初に体験したのは私たち!
「小学〇年生」の付録でテレビが立体に見える眼鏡がついてくる!!
って予告が誌上でもテレビでもあって
絶対この号買わなくちゃ!
って話題になったんだ。
左右それぞれが青と赤になっている眼鏡。
それでマルコを見ると立体に見えたんです!!
それでなくても広々とした平原のシーンにもっと奥行きがでたりして。
そうそう、雲がぽっかり浮かんでるのが特によく見えたんじゃなかったかな。

オープニングのところだけだったかもしれないけど
実はそんな3D眼鏡対応の絵になってるんですよねえ。

さ〜て
これなら続けられそう。
次は何見よう!

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中

Duolingo(デュオリンゴ)に翻弄されている毎日

先日ドバっと単元が増えてやる気をなくしたDuolingo(デュオリンゴ)。
やる気はなくなったけどとにもかくにも何かはやらねば力がつかないので
うんざりしながら続けています。

今回の改訂(改悪!)で何がうんざりするかといえば
初歩のレベルの単元がものすごく増えたので今さらな問題を延々とやらされることが一つ。
一応スキップするテストはあるけれども、単元ごとスキップできる制度はなく、
レベル0からレベル5まであるうちの
レベル0からレベル1にあがるテスト、
レベル1からレベル2に上がるテスト・・・
と、ひとつずつクリアしないといけないので
それぞれ20問あるとすると100問正解しないとレベル5にならない。
これってスキップのレベルじゃないでしょ?
しかもレベルが区切られてはいるけど、出てくる問題のレベルもバリエーションもほぼ一緒なんだから。。。飽きる。

しかも
初歩のレッスンアプリだというのに
設問の答えがぶれまくっている。

今までも正解と認められる解答には癖がありました。
あんまりいい例文じゃないな、いい解答例じゃないな、と思いながらもとりあえずはDuolingo(デュオリンゴ)の癖に合わせて進んできたのだけれど、
今回の改悪では癖どころか対応不能なレベル。

自然な訳を心掛けたと言い訳されそうなスペイン語と英語の対訳のズレではあるけれども
時制や語順がめちゃくちゃでどう回答していいかわからない。

そこに法則があればなんとかなります。
ところが問題によって同じ単語の訳が違っている。
特に動詞は時制もからむからもう大変。
たとえば sing だとすると
問題によって「歌います」だったり「歌っています」だったり「歌うでしょう」だったり。

スペイン語から英語にするとき × だった文章が
英語からスペイン語にするときの問題文になっていたりする。

だからわかりきったレベルの単元でも間違いが続き(本当は間違っていないのに)
どよ〜んとした時間が流れる。

加えて南米でしか使われない単語が増えまくってすごい基礎単語のレベルのはずが全然わからなかったり。ものによっては辞書にないものまで。

あ〜あ〜
これが例えば学校で指定されたドリルだったりしたら
次の日通学路や休み時間に
「あれないよね〜」
「やんなっちゃうね〜」
なんてみんなでブーブー言って救われたりするんだろうけど。
(そもそもそんな教材を提供する先生がいたら問題ですけどね)

今の私のストレスはどこへぶつけたらいいんでしょう?

一応はここの解答はこうでは?って送るとしば〜らくしてから
その答え、採用しました。
って連絡がくるDuolingoですが、
すべてに対応されるわけでもないし、
今回はおかしい問題が多すぎていつ反映されるかわからない・・・

ストレスだーーーーーーー。

というわけで、このブログを読んでいるひとのほとんどの人がわけわからないであろう愚痴を吐き出してみました・・・

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中

世界との差

柴崎岳選手が今回のワールドカップで評判上々みたいで
特にサッカーファンではないけどちょっと嬉しい。

去年の夏たまたまお寿司屋さんで目撃。
それだけでも親近感が湧くから人って不思議です。
今後のさらなる活躍に期待。

我々の中学時代なんて サッカー部=ダサい でした。

サッカー部所属の同級生のメンタルをたたえたいくらいだった。
それがあっという間にね〜。
同じ国とは思えない日本サッカーの活躍ぶり。
すごい進歩です。

それこそいろんな国に選手たちが飛び出して行って
肌で世界の標準に触れて着々とレベルアップに貢献している。

ただねえ。
サッカーに限らず「見る側」が育っていないのが日本。
もちろんどの世界にもアンチもいればちゃんとしたファンもいるでしょう。
でもどっちでもないよくわかっていない人が活躍している人をひきずりおろそうとする力が日本は強すぎやしませんか?

きっかけはゴールキーパーの川島への騒ぎでした。

私はダイジェストしか見られなかったのですが、
たまたま最初に見られたのがスペイン編集のセネガル戦。
私が見たそのダイジェストでは
川島がバシバシセーブしているいいプレイが繰り返し出てきたので
勝ち負けはともかく
私の中ではすっかり「川島=大活躍」のイメージだったのです。

それなのに日本ではこの試合について川島叩きが相当ひどかったらしい。

きっと日本のテレビでは川島のミスばっかり繰り返し報道されたのでしょう。

見ているところが全然違ったわけですよね
スペインと日本では。

で、どっちが実力があるかといったらスペインなわけでしょ、疑いなく。

こういうところなんじゃないのかな。
日本がまだ世界標準になれないところ。
もっと頑張っている人をちゃんと見て、その才能をのびのび開花させてあげる環境を作る。
そういう雰囲気があるとないとでは結果がずいぶん違うのではないでしょうか。

それと、
ネット記事でいくつか「世界も酷評」みたいなタイトルを見ました。
世界ってどこ?

世界のことを知らないくせに、ほんの数人の外国人の意見を取り上げて世界って言っちゃうっていうの。多すぎませんか???
全国ネットのテレビでも平気でやっちゃうものね。

それでますます世界から遠くなるんだよ。

早く気がついてマスコミもネットも日本人全体を「啓蒙」してよき方向に導く日が来ますように。
最近では「啓蒙」という言葉も言葉狩りの対象で新聞で使えない用語になってしまったという恐ろしい現状で、気づく日がくるのかどうかわかりませんが。

いいものみたら「いい」と気づいて「いい」と言える

そういう人が増えるだけでいいんだけど。

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中

Duolingo(デュオリンゴ): ツリー3種目?

メキシコでwifiのない環境に3泊したり、その後もスケジュールがきつすぎて仕事に集中しよう。
と完全に1か月お休みしたDuolingo(デュオリンゴ)でしたが、再開してまた1か月が過ぎました。

すべてゴールドに染まったツリーの中から好きなものを選んでは復習するのが時々は倦みながらも結構ちょうどよかった私に衝撃が走ったのはつい3か月前の4月。
Duolingoが私に何をさせたいんだかわかんなくて
すっかりやる気をなくしつつ、何日かしたらdiscussionっていうコーナーに他のユーザーの声をみつけ

喜んでる人いなさそー。
みんなとまどってんだなあ。


前に進みはしないけど、一人もんもんとしているよりはちょっとだけましな気分をもらい、
それと同時にDuolingo側の関係者らしい人が

 とにかく練習はいっぱいしないといけないから変えたの

みたいなコメントを書き込んでんのを見て、

 当たり前すぎる。我々の気持ちは全く汲まれていないのね。

なんて救いのなさを感じたり。

でもそうしているうちに、スキップするテストが出現して
エンドレスな気分から抜け出して、ようやくまた全体の3分の2はゴールドにもどし
完成に向けてやる気満々だった!!!
それが昨日。

それなのに・・・

またゴールドのツリーが破壊されている・・・・・・

これはいくらなんでもひどい。
予告とかできないんでしょうか。

破壊っていうより基礎のところに異常な数の問題が増えている・・・
いまさらつまんないよお(涙)

はああああ。
とにかく一刻も早く習得してDuolingo(デュオリンゴ)が不要になる日を目指すしかないのかな。

学校行ったり問題集開いたりするほどのやる気がないからDuolingoやってる私のコンディションではその日がいつ来るのかわからないけど・・・

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中

Welcome back! 高橋大輔

ワールドカップ初戦メキシコはドイツと
日本はコロンビアと。
ということでむむむむむ〜と言っていたんですが
メキシコも日本も強豪相手に勝利からのスタート。
そして決勝に進みつつも8強ならず・・・
そんなシンクロしなくていいのに😢

残念なニュースの裏でなんと!高橋大輔復帰のニュース♥
うれしすぎる。
いまやオリンピックワンツーフィニッシュの羽生くん昌磨くんという鉄板のスターを抱えている日本フィギュアスケート男子だけど
4回転を2回以上なんて当たり前の時代が来ちゃっているけど
高橋ワールドは唯一無二ですから〜〜〜。

やっぱりね。
いくら織田くんや佳奈子ちゃんがバラエティで成功しても
真央ちゃんや高橋くんは氷上で魅せてなんぼですよ。
この二人のペアを見たときはいっそこのままペアで世界に挑戦せんかい!!!
と思ったくらい現役続けてほしかった。
いや。まだ可能性あるかもだよね。
シングルでこれだけのクオリティの二人が組んだら最強でしょ?
本人たちのやる気の問題だけで。
体格の問題からするとアイスダンスなんだろうけど。

もはやメダルなんてどうでもいい。
高橋の演技がもう一度見られるだけでいい。
がんばって〜〜〜!
アイスショーだと行かなきゃ見らんないから〜〜〜。

実際アイスショーで生で見たこともあるけれど
本当にいいもん見させてもらいました。
っていう存在感でした。

真央ちゃんももちろん値打ちでしたよ。
でも真央ちゃんはどっちかっていうと
出てきただけで一人だけ特別なライトが当たっているかのようなオーラをまとっていて
そっちの方が印象強かった。

すごっ!!
っていう演技への反応は高橋くんのほうが印象に残ってるなあ。
男子はずーっと不作な時代が長かったからそれを乗り越えた高橋にはサービス精神もすごいんだな、ってその時思った。

早く見たいよお。

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中

メキシコのメロンパン: コンチャ

IMG_20180503_151701smallbこれはメロンパンではありません。

コンチャ です。

実は限りなく同じものです。
いや、同じ。

メキシコのギャラリーのボスは初めて日本に来た時
コンチャがあるコンチャがあるってよろこんで食べてました。
試しに一つではなく
見かけるたんびに買っては食べる。
京都のメロンパン専門店では感動が大きかったらしく
あれはうまかった!
と何人に話していたことか。
確かに専門店があるっていうだけでも驚きますしね。
しかもおいしいし。私もよく京都で買いましたっけ。

コンチャというのは貝のことだそうです。
唯一日本のメロンパンと違うのはこの筋が直線じゃないところでしょうか。
このデザインがコンチャとよぶ由来だそう。
んでまたところ変わってアルゼンチンに行くと、この単語はパンの名前じゃなくて卑猥な隠語になるんだぜい、という雑学とセットで聞かされました。

で、メキシコ人には
「日本にもコンチャがあるんだ。メロンパンっていうんだよ。
メロンの味なんかしないのに」
と嬉しそうにこれまた何回もあっちこっちで言ってます。

メロンの件は何度か説明を試みましたが複雑だしあんまり興味がなさそうなんだけれど
メロンもパンもスペイン語と同じだからうれしいみたい。

パンもポルトガルから日本に来たんだねえ。
ポルトガル語ではPao。スペインではPan。やっぱりお隣なんですねえ。
(残念ながらlivedoor blogではpaoのaの上の〜の記号が表示されません)
((ついでながら breadという単語なんて知らなくても世界には「パン」という日本語を言っちゃったほうが通じる人がずっと多いということだ!!日本人よ。英語コンプレックスを捨てよう!))

メキシコの主食はトルティーヤ、というのは有名ですが
もちろんパンもよく食べる。
こんな大きなパン屋さんも(これでも半分も写ってないんです!)。
IMG_20180503_151653smallb
おいしいパン屋さんの前には焼き立てを求めて朝7時とかでも行列ができたりします。

今の日本では
「朝いちばん早いのは
パン屋〜のおじさん!」
なんて歌われてもピンと来ないけれど。

お豆腐屋さんの早起きすらも連想できないかもね もはや・・・

この写真の手前上から2段目にはダダーっとコンチャが。
そのくらい人気のコンチャ。
もちろんスーパーのパンコーナーにもあるし、コンビニには6個入りの大手メーカーの(ヤマザキパン的な)袋なんかも売っています。

で、もちろんメキシコのコンチャもメロンの味はしません!
当たり前だ・・・

子供の頃あれ?
って思ったんだよなあ。

私が子供の頃、菓子パンといえばアンパン、ジャムパン、チョコパンにクリームパンだったんだけど、ある時期からうっすら緑色をしたメロンパンが出現して興奮したんだなあ。形はラグビーボールみたいだった。
それにはちゃんとメロンの風味がしたのです。
あの頃メロンといえば高級品。
めったに食べられないわけ。
テレビドラマのお金持ちの子供のおやつにはメロンっていうね。
だからメロン風味のメロンパンは大変に魅力的だったわけですよ。
たとえいかにも添加物な「風味」であっても。
その頃のメロンパンはみどりのクッキー部分はクッキーというよりしっとりしていて、それもまた新しく感じた気がする。

それがいつの頃からか「サンライズ」だったはずのまんまるのパンの袋に「メロンパン」と書かれることが多くなって、売り場も丸いのの方が幅をきかすようになって、いつしかもともとのメロンパンは姿を見ることもなくなってしまいました・・・
そう。
あれ?
って感じてたのはこの頃なんです。メロンパンってメロンの味のあの緑のパンだったのにって。

で、いつの間にか今のメロンパンがどんどんおいしくなって
別に昔のメロンパンを恋しがる必要もなくなって名前なんてどうでもよくなっちゃったんだけど。

どうもアンパンマンのせいらしいですね。
やなせたかしが混同していて
メロンパンナちゃんの顔としてサンライズを描いちゃったから
多くの人があの顔のパンをメロンパンと思い込んじゃったっていう話。
これも絶対本当かどうかはわからないけど時期的にも結構ありそうなんで私はそうかも?と思っています。

だって横から見たら水平線から顔を出したおひさまの形だし
色も黄色いし、何より子供の頃はじめて見たあの丸いパンには「サンライズ」って書いてあったし。

ちょっと気になってネット検索もしてみたら東西で呼び方違うんだとかいう説なんかもあったけど子供の頃の私は東にいたし。。。
とはいっても私が触れたメロンパンからのサンライズっていうのもたまたま私が住んでいたエリアでの流れだっただけかもしれないから本当のところはわかりません。メロンパンと呼ばれ始めたころの丸いメロンパンにも、色は黄色ながらもうっすらメロンの風味がついていたりもしたし。

むしろいつから定番がバニラっぽくなったんだろ?

Wikipediaにメロンパンは「日本発祥の菓子パン」とどうどうと書かれていますが
メキシコでこれだけ浸透しているとなるとそれも疑問に思えたりして。
探したらポルトガルにあったりしてね。

と、こ〜んなに長くなる、しかもはっきりしないメロンパンの名前の由来をメキシコ人に理解させるのは無理だー。
という結論に至る。
次に会ったら「メロンの味なんかしないのにメロンパン」っていう話はまた出そうな気がするけれど・・・

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中

MUACで「どうしようもない」

MUACというのはMuseo Universitario Arte Contemporaneo (UNAM)の略で、メキシコでも有数の現代アートの国立美術館です。
建物自体がおしゃれな建築で、展示内容もおもしろい。
一般的な観光ルートからははずれているかもしれませんが、実は駅も近くてアクセスしやすいのでアートがお好きな方にはおすすめの一つです。

5月18日はInternational museum dayとされていて、毎年決まる同一テーマにそって、いろんな国で入場が無料になったり催しものがあったりします。日本では「国際博物館の日」と訳されていて2002年から参加しています。まだあんまり知られていない気もしますが美術館博物館だけでなく動物園や水族館なども含まれるのでその日にお休みがとれたらチェックする価値あるかも。

MUACでは今年このInternational museum day(国際博物館の日)に合わせて18日(金)と19日(土)の二日に渡って特別企画がいくつか用意されていました。
私のパフォーマンスもそこに入れてくださって
どうせなら土曜日のほうがいいんじゃない?
ということで19日の昼下がり、中庭でのパフォーマンスが実現しました。

Anish Kapoor作の鏡とコラボっていう画面もなかなかできないよ!

とギャラリーのボスも大張り切り。

2.4m四方のアマテ紙を3枚並べて音は墨と筆と紙から生まれる音だけでパフォーマンス。

パフォーマンスの時はいつもそうするように
奇をてらったものではなくて書そのものを書きました。
でも現代の書はこんなにバリエーションが楽しめるんだよ。という試みで3種。
動画はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=Arvd2CyKo1M

中庭だから問題ないかと思っていたら開始と同時に強風が吹き始め、
下敷きごとぶわーーーっと舞い上がって大騒ぎ!
と、いうわけで
なぜかいつもメキシコの屋外パフォーマンスの動画では紙の上にコップや石がいっぱい乗っかっているという不思議な光景になってしまうんですが、今回もその辺はご愛敬で。
今回学芸員さんたちまで乗っかっています。。。

二番目に書いた作品は荒々しいので読める人は少ないと思いますが
「どうしようもない」
と書いています。

こういうネガティブな言葉は日本で書として書くっていう機会はなかろうと思って敢えて書いてみました。
裏話をすれば、何を書くか考えているときに
ヒガシの「どうしようもない」が頭の中をぐるぐるし始めたのがきっかけなんだけど・・・
これも天啓。
このネガティブな言葉を激しい表現にすることで、逆境にも立ち向かう強い姿勢を表現する。
というテーマの作品に昇華いたしました。
実は一番反響の大きかった作品です。

若かった頃のヒガシの「どうしようもない」はちょっとひ弱で曲に負けちゃってる印象があったんですが大人になるにつれてどんどんよくなっていきました。
見ている時は夢中になるってことがないのに時々無意識に口をつく不思議な曲です。
本当に芸術っていうのはどんな形で人に作用するかわかんないよねっていう例の一つ。
「どうしようもない」はこんな曲。ヒガシがほそ〜い!

ああ早い。
あのパフォーマンスから1か月が過ぎました。
片づけて車に乗った瞬間に雨が ダーーーーー!!!と降り出したんだった。
わずか半日のできごとでも準備時間の灼熱地獄からの突風騒ぎ。
そしてどしゃぶりの中の帰路とめまぐるしい時間だったっけ。
そして熱心であたたかい観客。
いい日だったな。忘れないようにしよう。
忘れないか。

あの日はこんなかわいい助手もあらわれました。
IMG_3746b
彼女の心にもどんな形でもいいから何か残っていてくれたら嬉しい。
アートの力を信じよう。





書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中

毎度の補足ですがヒガシは少年隊の東山紀之です。

少年隊ニッキ!5時に夢中

や!
久々に動いてる「現在の」ニッキ拝見。
めっちゃいいじゃ〜ん!

スマスマに出たときより若返ってるし。
なんか妙にかわいい♡
色白のおはだもつるつる  お目目ぱっちりでいいぞお。
顎もすっきりして華奢さが目立ってる。

ヒガシだけが若さをキープして他の二人は老けた
みたいに言ってる人多いですけど私は違った意見。
たしかに30歳前に生え際問題を発症してしまったニッキには正直
「やめて〜〜〜〜〜!!」
って感じでしたよ。
こーゆーお仕事なんだから気にして!隠して!
って。
もともとおませさんだからいつでも二人よりずっと年が離れて見えるのに
もはや別の世界の人みたいだよ。
どーしてくれんの?
みたいな。

単なる同世代でもそんな気持ちになったものよ。

もはや見る側のこちらも年を重ねて
30歳なんぞはまだまだ若造に見えてしまう今では当時の映像を以前のようには拒絶感を持たずに見られますが(それ以降の作品のよさも知ってしまったし)
はたしてそれからさらに20年たった今、
なんということでしょう!
今度はむしろきれいな50代になっているよ。

「若さ」をキープにこだわり続けたヒガシは最近ショックなほど突然老けた。
華奢を通りこしてさびしく見えることすらある。

日本人は「若いまま」いることについつい重きを置いてしまうから
陥りがちな傾向なんだけれど
年輪っていうのは立派なアクセサリーなんだよね。
20歳までの顔はもらったものだけど
40歳すぎた顔は自分の責任。

そういう意味でかっちゃんとニッキが年相応に変化してきた結果の今の顔は
とても素敵で、若さ追及一辺倒の我々の意識に一石を投じてくれているなと感じています。
そりゃあ「少年」の姿から離れた時期はみんなの想像より早く来たのかもしれないけど、それも見ている側の記憶や期待が若すぎるだけかもしれず。。。大変な立場なのが今ならお察しできます。
現実を見渡せば実際の同い年たちはもっと変化しちゃってんだからね。
でも、こういうタイプって
早く大人の顔に見慣れさせてくれた分この先老けないのだ。
期待が膨らみます。
この人たちけっこう早い時期から「ヒガシみたいになりたくない」って言ってましたっけね。
見た目だけじゃなくて踊り方も大人のスタイルに進化していました。
賢い。
我々より早くからずっと先を見ていたんだなあ。

ヒガシのためにも早く3人の場が訪れた方がいいんだよ きっと。
一人で色々背負って疲れてる感じも受けるから
肩の力抜いてキャッキャやらしてあげたい。
ヒガシが一番生き生きしているのって3人そろった時だものねえ。
そしたらいい皺が刻まれて一人ではできない「いい顔」になるんじゃないかしら。
な〜んてね。
ヒガシが無理して若さを維持っていうのも勝手な見方で、この人もともと童顔だからなんでなくても若く見えてきたってところもあるし。老けたっつってもみんながつい忘れそうになるだけで51歳っていうのが現実なんだしね。この人については容貌のことよりもキャッキャしているところが見たいっていう気持ちの方が強いかも。それ言い出したらかっちゃんもしぶい役者の姿以上にハハハハハハハって思いっきり笑っている顔が見たいって話になるけど。


さてさて見た目ばっかりにコメントしてしまいましたが
そらあニッキ様
トークはばっちりぴったりでしたよ。

板についてる。

毒舌も下ネタもさら〜りいい感じ。

もう前からこの番組やってるみたいな溶け込み具合。
早くレギュラーになっちゃえばいいのに!

植草、ヒガシの名前もポンポン飛び出して楽しかったし。
マンション「ハピネス○○」事件の真相も語っていらっしゃいました。
次があったらまた違うこと言いそうだけど。
そのテキトー加減もこの番組に合ってんじゃない?

少年隊プレゾン’MASK’でのミエさんとのシーンもけっこう映りましたねえ。
今の番組の中に放り込まれるとまた若きニッキのかわゆさが際立ったりして
久しぶりにMASK見よっかなーって気分に。

残念だったのは
せっかくミッツさんが少年隊3人としてコンサートとか活動とかは?
ってふってくれたのにはぐらかされちゃったこと。

何が問題なのかなー。

みんな元気なうちに集まんないかなあ。

秀樹の訃報に「元気なうち」を意識してしまう今日この頃・・・

さてさてMXテレビはアップロード狩りをしていないみたいなんで
見られなかった方はこちらをどうぞ。
https://www.youtube.com/watch?v=-IkKFGDD_oQ
ニッキが出演したのは2018年6月8日(金)です。

(追記:本日14日。
なななんと削除されたみたいなんで別の動画にリンク差し替えました・・・。
おそるべしジャニーズ。。。ジャニーズが損することなんてないだろうに・・・
こちらのリンクもいつまで見られるやら)

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中

少年隊かっちゃん2018!未解決の女5

う〜〜〜〜〜
今回の時差ボケはきつい〜〜〜

目の前に緊急の用事がないから疲れにまかせてダラダラしてしまう・・・

結局今晩も日付が変わる前に寝る支度はすべて済ませつつも
今こうして書いているのは午前5時。
メキシコの夜10時です。

で、こんな時間まで何をしていたかと言えば・・・

ドラマ鑑賞です。
久々に過去の映像じゃなくてほぼリアルタイム。

かっちゃんが5月17日(木)放送だった「未解決の女」第5話に出演していたのを知ってしまい、
んでもって見ることができてしまった・・・

2018年現在、51歳のかっちゃんだ!

単なる医者じゃなくてとうとう大病院の院長役。

白い巨塔みたいな登場です。

妙に風格あって似合ってる。

といってもこの風格。
すごい年上に見えて驚きました。
役づくりの成果?
だったらすごいわね。

このドラマ、かっちゃんだけじゃなくて鈴木京香にしても沢村一樹にしてもやたら老けてる。
宮迫さんもそのほかの人たちも他の番組で見るより劣化が強調されてて気になりました。「博多っ子純情」の人とかも・・・(どうしても名前が覚えられない)

ドラマはしょせんファンタジーなのだからテレ朝さん。ライトとか映像とかでもちっとよく映してもいいんでないでしょうかねえ。話に集中させてほしい。
変なリアリティいらないから。
話はドラマ的ご都合だらけなのに
リアリティで止まってくれればまだしもってくらいな映像だし。
だって若手のお肌ですら「おっと」って思うところがあったわよお・・・

そういう意味でかっちゃんは「劣化」に見えなかったからいいのかもしれない。
やっぱ美形なんだよね、っていう印象のほうが強かったもん。
マスクした目元が素敵♪
眼鏡がお似合いです。
美しい手も健在で、しかも今回手のアップがいっぱい!
「いい声」も健在。いっぱい聞けてよかったわ♡
やさしいセリフはこの声にぴったり。いい人の役でよかった。

折々ずんぐり見えちゃって残念なんだけど
これからの年齢だとそこは気にしなくていいのかしらね。
風格あったほうが役の可能性が広がるわけ?
いや。まだまだあきらめないでほしい!
この顔だもの。痩せたら相当かっこいいはずだ!

前から書いてますが、とっても「いい顔」になってきているので
今後こそますます活躍の場がありそう!
警察署長とか病院長とかばっかりじゃなくて
下町のおやっさんみたいな元気な役も見てみたいものです。

次はいつ見られるかな〜?

今週は少年隊ウイークだ。
水曜日は毎月恒例の「おもしろい大人」。
金曜日はなんと「五時に夢中」に出ちゃうんだね〜ニッキ!
これまた久々のお顔拝見です。楽しみ〜。

補足:もちろんかっちゃんは少年隊の植草克秀で、ニッキは少年隊の錦織一清です!

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中

これまた少年隊に感謝?in メキシコ

歌った
踊った
太鼓たたいた
そして書いた

なにかと言えば前の記事でも書いたメキシコシティでのステージ’Mar Eterno'の中で私がやったことです全部。

踊ったっていうのはこれか??
M1410047
いえ。違います。
確かに私が体を張って書いている姿を外国の観客はダンスといいます。

でもですね。
今回ホントに踊れって言われたのよ。
しかも本番1時間前。
テキトーに踊り入れてくださいって。

そりゃね。
歌えって言われたのは1週間前だよ。
太鼓たたけって言われたのもやっぱり振り付けと同じ1時間前。

どっちもマジかー?って思ったけどさ。
一応はどっちも経験がなきにしもあらずなわけよ。
そりゃ太鼓に関しては6年生の時の運動会の小太鼓だったにせよ。

踊り??
えーっ!!!!
どーしよどーしよ。
わかんない。
うかばない。
こればっかりは引き出しない!

焦りまくっている私に夫が一言。

「毎日少年隊見てるじゃない」

・・・・・・・・・・・ん???

いや、踊ってんの少年隊だから。

え〜ん!

M1410014
そんでもすごいわね〜。
できる気になっちゃったわよ。
んでもってやっちゃたわ!
墨を持ったままで激しいことはできないからどーしたもんかと思ったけど
少年隊プレゾン2000’Theme Park’のかっちゃんのアラブの踊りを思い出してみました。

本当は歌も少年隊プレゾン1998'5 nights'で若様ことかっちゃんが歌っているALWAYSが歌いたかったんだけど・・・
プレイスパニック(メキシコの伝統音楽)と三味線の世界観には合わず断念・・・

ステージからちょうど1週間。
やっとビデオでステージ全体を見ることができました。
ミュージシャンとダンサーたちの素晴らしいパフォーマンスにはさまれて
自分のいたらなさに冷や汗をかきつつも
全体としてはいいステージだったんじゃないかな。
と満足しています。

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中

書家冥利のステージ in メキシコ

見てください! この飛び散り。
M1410049
メキシコのおかげです。
書家冥利につきます。

そらあパフォーマンスする書家も増えました。
大筆使う人もそこそこいます。

でも!!!

ここまで気持ちよく墨まきちらして書ける人、見たことありません!!!

だって床汚れるし、お客さんの服汚すし。

あああああああメキシコありがとう。

ホンっとメキシコ最高です。

こんなに墨をはねてもだ〜れも怒りません。
それどころかあったかーい♡

今回はシャチショーさながらにお客さんには墨よけビニール用意しましたが、
床は・・・

書家の性で早く拭かなくちゃ片付けなくっちゃ!
と焦りまくっていた私ですが、なななんと

そのまま放置!

貧富の差のあるメキシコではお掃除係がどこにでもいて
ここでもお掃除娘のガビちゃんに墨の拭き方指南をするだけで帰らせてもらいました。
この娘たちの職をうばってはいけなーい。
のだ。

もちろん気の小さい日本人の私はマドリッドで買ってきた10ユーロものチョコをあげちゃったけどね。
私の大好きなオレンジピール。

そういえばお昼にここの会場の喫茶の娘が差し入れてくれたタコスとサンドイッチおいしかったなー。ハムとチーズのとってもシンプルなタコスだったけど今まで食べたタコスで一番おいしかった。
サンドイッチもトマトとモッツアレラのみ。でもどっちもあったかくて作り立てでめっちゃ癒されました〜。
本番前の疲れと緊張でテンパッていた我々夫婦の楽屋の空気が一変してしまった。
実はすでに持参したおにぎりとお味噌汁で昼食を済ませていたにもかかわらず
あまりのおいしさにしっかりがっついてしまった私たち。
やっぱおにぎりおいしいね〜
お味噌汁でホッとした〜
と言っていたのは誰だったのか・・・

M1410061
しっかりずっしり食べたおかげで、こんなにしっかりふんばれました。

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中

メキシコでの食卓

IMG_20180524_172025b
わたくし疲れてます。
6年ぶりのメキシコ、
超超チョーーーーハードです。
こちらのブログの記事もちょうど1か月ぶり。
いやああああああ、それどころじゃなかった。
Duolingoの連続記録も終わった。
とにかくとにかく過酷な毎日。ハードスケジュールと体調管理の綱渡り・・・

・・・というか実際しっかりダウンしました。1度ならず・・・

スケジュールがなかなかはっきりしなかったり
突然変更になったり
自分でコントロールできないっていうのは本当につらい。

でも!

それでも報われるのがメキシコなのねん♪

予想をはるかに超えた体験がいっぱいできました。
詳しくは落ち着いたら書きたいと思います。

さてさて滞在中のアパートはとっても優雅な空間なのですが
今日の今日まで仕事して寝るだけで・・・トホホ。なんて残念。

やっとのんびりできるぞー!

ということで、本日のランチはこれだ!
IMG_20180526_115444


グルテンフリーは続けてます。
でも!
こんな疲れた時には
体に悪そーなものがとっても食べたくなってしまうのよん〜。

いいのさいいのさ
過酷すぎてまたもやズボンぶかぶかだもんねー。

アボカドとノパル(サボテン)でバランスとります。栄養満点だい!

結局ただ疲れたとしか書いてない本日のブログでした・・・

ちなみに写真のサッポロ一番もカップヌードルもマルちゃんも
み〜んなメキシコの定番商品です。

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中


たい焼き??

IMG_20180425_181359
こんな看板みつけました。

インパクトある〜!


たい焼きですよね。こんなに口を開けたたい焼きは見たことありませんが。

あんこもみんな好きだから普通のたい焼きも売ったら人気がでそうだけど
このアイスも普通のアイスのコーンよりおいしそう。

みんなちゃんと皮まで食べてくれてるかしら??

我が家の近所ではたこ焼き屋さんが大人気。
こちらは日本人が経営している奇をてらわないほんまもんです。
平均月収が日本の半分以下のスペインだというのに
8個で5ユーロ。日本の倍以上のお値段。
にもかかわらず、ちょうど去年の今頃オープンしてから連日満員で通りかかる度びっくりしています。


海外にいてあんまり日本食屋さんが増えても興ざめするなと思っていたけど
考えてみればイタリアンだ中華だと
外国料理屋さんが一番たくさんあるのってだんとつに日本ですね💦

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中

Duolingo(デュオリンゴ)でスペイン語 1年

やっと連続記録365日達成しました。

全部解き終わってトロフィーをもらったのが3か月目でした。

Duolingoスタート時点では目次みたいなページにダーッとうすいマークが並んでいて
最初のところだけが原色になっています。
クリアするとそこがゴールドになって、少し先の項目が原色で現れ、
という形の繰り返しで進んでいきます。
そして全部達成すると全体がゴールドの落ち着いた画面になりました。

そのあとは好きなところを復習します。
手薄なところがでてくると、そこが原色にもどって
補強したら?
っていう提案をされます。
時間がないときはそこだけやって全体のゴールドを維持。

そんな感じでこの9か月を過ごしてきました。

それが。

今月になってある日突然画面全体に赤青黄色緑の原色が並んでいてびっくり!
目がチカチカする。

何が起きたかさっぱりわかりませんでした。

どうも、今までの練習量ではとても言葉を使いこなすところまではいかないので練習量を増やさせようという変化らしいです。予告くらいしてほしかった。
今までの成果を全く無視してゼロからではないですが、
ほとんどの項目が5段階中の2の扱いになっています。よくて3。

よくわからないながらも一番最初のBasic1に手をつけてみました。
いまさら
こんにちは
こんばんは
もなかろうと思いながらも一応やってみると、
何問かやったらレベル3になって、10何問やったらレベル4になって、さらに20問くらいやったらレベル5になり
色がゴールドにもどりました。
ここでようやくタイムトライアル(限られた時間で解き、点数が割り増しになるシステム)が復活しました。

色が落ち着いて、何が求められているのかちょっとわかったところで
少しやる気がもどってきて
今は10項目目のFOODまで来ています。

全部で61項目だから先はどれだけかかるのかため息ものですが、
まあ確かにこんなやさしい項目に戻ったはずなのに時々うっかりミスをしでかしたり
えーっと、
と思う瞬間があるわけだから
まだまだやらなきゃいけないのはわかるんですけどね。
それでもモチベーションとしては
この新システム、先が長すぎてやる気なくす人の方が多いんでないかい?
という印象です。

例文がよくなったわけでもないし、なんだか英訳のまちがいを指摘する回数も増えてるんだけど。

それにしても
現在取り組んでいるFOODの項目は初めてやった時から嫌で嫌で仕方なかった項目なんだよなー。
sandwichって何回書かせるんだ!!!
私はサンドイッチ食べないの。要らない単語なの。
なのに
スペル長いんだよ。
複数形になるともっと長いの。
タイムトライアルだと苦痛で仕方ない。
しかもサンドイッチのスペイン語訳のemparedadoっつーのがまたあんまり役に立たないし。
スペインではパンで何かを挟むスタイルはポピュラーでも
イギリスパンじゃなくてフランスパンタイプっていうかコッペパン型のbocadilloが一般的なんだよ。
(食パンタイプは上になんかのっけるピザ形式が主流です)
お店の看板で目に付くのは圧倒的にbocadilloなの。
意味知らないときから看板でやたら目にするから覚えちゃったくらい見かける単語なの!
なのにDuolingoは認めてくれません。
ああああどんだけアメリカ人はサンドイッチ好きなんだよおおおおおおお。
一流ホテルのレストランでまでサンドイッチたのんでたアメリカ人たちの姿を見てぞっとしたのを思い出す。。。
とにかくこの項目は大っ嫌い。
そりゃとばせばいいのもわかっているけどここだけいつまでも赤くて目についているのも嫌なので
どうにかこうにかゴールドにまでは戻しました。

他にも例文の中におかしなのがあって

 男の子ですか?女の子ですか?

って。
FOODの項目だからね。

頭の中でホラー映画になってしまいましたよ。

落ち着いて良心的に考えてようやく
ああ、お誕生日ケーキの注文とかね?

なんて答えが出たけれど・・・

単に例文を入れる場所間違えただけに違いないけど相変わらずいろんなところで
カオスなDuolingoです。

やりすぎるとタイピングで手が痛くなるし
PC画面を見ない日を作れないという弊害付きでもありますが、
今のところどの問題集よりも気楽に続けられるので
いらなくなるまでやってみたいと思います。

しかし、いつになったら「私スペイン語話せます」
って言えるんだろう・・・

日本語にもまだまだわからない言葉がたくさんあるのにねえ。

でも、もう少しつっこんだことを言えるようになりたいのでがんばりまーす。
いつかスペイン語しか通じないところを旅してみせる!

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中

おもしろい大人 錦織一清

本当に2年ぶりの日本滞在は忙しかった。
出国直前にひいた風邪がまだ治りません。

風邪だけじゃなくて、
「体疲れてますよ〜」
のサインが次から次へと出てくる。

うへえええええ。
いつになったら本調子になるんだろう。

そんな感じなのでアートフェア東京中にも久しぶりに会った友人たちに熱く推薦していたにもかかわらず少年隊の動画やビデオなどは見ずに過ごしています。
ちょっとテンション上がりすぎちゃうから体力要るのよね。トホホ(涙)

でも4月4日放送だった「たまむすび」の「おもしろい大人」は聞きましたよん♪

ほぼリアルタイムの少年隊に触れる唯一の放送です。
(あ、ごめんなさい。ヒガシのニュースは見られないもので)

若いころからおしゃべり上手のニッキですが
私は今のニッキのおしゃべりが一番好き かな。
声も落ち着いているしおふざけの塩梅もほどよくて。
(実は若いころのぐいぐいくるトークは時々苦手でした・・・。きっと彼も年月を経て相当学んだんだなあ、と今の声を聞くたび感じています。ん?いや、最近はむしろまじめすぎるよぉ〜って思うこともあるくらい?私のほうが変わったのかなあ)

「たまむすび」では毎回なつかしソングをエピソードを交えて紹介しています。

世代が合うだけに選曲とコメントにいちいち共感。
アナウンサーの赤江さんも朝のニュースや芸能人格付けチェックでずっと好きだったのでいい感じ。

その赤江さんの産休中は代打のアナウンサーさんと大吉さんで同じ進行をしていたのだけれど、
この二人だとどうにも世代が合わなくてめちゃくちゃ残念だった。
だって、ニッキがせっかくいい話をしても
「はあ〜、そうなんですか〜。わかんないですう〜」
ってやられちゃうんですもの。
若いアピールするより予習して来い!
と何度思ったかしれないわ!

ほんと赤江さん おかえりなさい。
待ってました〜♡

今回はどーでもいい悪口だけど、オープニングに何度も「植草」ってコメントしてて
やっぱりニッキ単独じゃなくて、あくまでもニッキは少年隊のニッキなんだっていうスタンスが垣間見えたのはうれしいんだけど、こんな内容で喜ばなきゃいけないとは、私もファンの皆さんのご苦労にちょっと触れた気分。
もっとファンサービスしなさいよ!
今後に期待です。

そんでもってかっちゃんの擁護をすると、中学生になっても私も友達も近所のおねえさんとはタメ口で話してたわい!
そりゃあ学校で他の先輩が見ている前では「ですます」に切り替えたりしたけど
お教室では上の子も下の子も「〜なの?」「〜でしょ?」っておんなじ調子で話してたって。私もそうだったし私の生徒たちもそう。
これまたニッキも承知の上で言ってんのかもしれませんけどね。
そんな涙ぐましい悪口だったわけ・・・??


今回は前歯の話してたなあ。

ニッキの若い頃って前歯がけっこう大きくて
それこそ同世代的な例えだとトッポジージョみたいな
ちょっとコケティッシュなところがあったよね。

そらまあ歌って踊っているシーンでは気にならなかったけど
おしゃべりのシーンだとなんだか妙におしゃべりキャラが板についた感
延いてはなぜかニッキだけ二枚目に見えない感というか庶民的な感を引き起こしていた。

でもある時期から確かにこのおちゃめな感じがなくなった。
うっすら感じてはいたんだけど
実際に削って小さくしていたとは思わなかった!

ゲーノージンのキャラ作りの大変さにチラッと触れたカミングアウトでした。
役のために歯まで削るなんてねえ。
そらまあヒガシの前歯だってかっちゃんの八重歯だって矯正されてるけどさ。
削るってのはまたちょっと覚悟がいるのよ。

私も歯を削ったからわかるわ。
私の場合は見た目のためではなくて、歯ぎしりで眠れなかったので解消のためにやったのだけれど
後日他の歯医者さんからはめちゃくちゃ非難されました。
肌や髪の毛みたいに自然に元にもどることはないからリスクの方が高い!って。
睡眠の質が上がったのでやっぱり後悔はしていませんが。

でもニッキの場合前歯でしょ?
こんなとこ虫歯になったりしたら大変よね?
気を付けてくださいね〜。
(そう考えるとキムタクも若いころは前の2本が目立ってたよね?
今は目立たない・・・?)

さてさてこのTBSラジオ「たまむすび」の「おもしろい大人」。
ニッキさん=錦織一清は月一レギュラーで毎月第一水曜日放送です。
が。
聞き逃しても一週間ほどはこちらで合法的に聞けますよ!
https://radiocloud.jp/archive/tama954/
というわけで私も毎月こちらで聞いています。

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中

赤鬼 ふたたび in Mexico city

29790517_423846104743838_8418049288047054631_n2月18日の記事でもご紹介した「赤鬼」ですが、
明日再び
今度はメキシコシティで公演です。

私が揮毫したロゴもこうして一緒に連れていってもらえてうれしいです!!

ロゴだけじゃなくって私もパフォーマンスとかいろいろなことで
「こっちでもやって!」
って言われるように精進したいと
思います。


書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中

おはなしコンサート復刊も地道に応援しています。。。

NHK お元気ですか日本列島から10年

自由な発想で書に親しむ
をyoutubeにアップしました。是非ご覧ください(青い文字をクリック!)

10年か〜。
実感ないです。早すぎます。
この取材に来たのがちょうど「インクの魔法」出版の直後だったっけ。

さすがに10年前だとあごのラインがこんなにすっきりしていたのね(汗)
時間って残酷。

あ、いやそんな話じゃなくて。

今でもあんまり破天荒な先生ってそんなにいないみたいなので、教える側でも学ぶ側でも、あるいは教育と関係ない方でも
見ていただいて何か感じていただければ幸いです。

これもそんなに破天荒ってことでもありませんけれど。
ただ、子供たちに伝えたい思いは持っていたし、子供たちも感じてくれていたとは信じています。

私自身は教授活動はやめて創作に専念している現在ですが
形は変わっても
作品を通じて子供たちに伝えられることはあると思っています。

むしろ、教室ではできない大きなことも含めて伝えていきたい。
そう思っています。

この特集はもともとNHK神戸放送局が取材に来て、夕方と夜の兵庫県のニュースで放送されました。
その後、近畿、四国で再放送され
好評のためさらに「お元気ですか日本列島」で全国放送されたものです。
今後もたくさんの方が見てくださったらうれしいです。

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中

ART FAIR TOKYO2018

20180309_1
長い長い1か月が終わりました。
4か月くらいいたかのような濃い毎日。
めまぐるしくてブログもストップしていましたが
メインは11日に終わったアートフェア東京です。
ご来場くださった皆様ありがとうございました。
またここで新たな出会いがありました。
ずっと応援してくれている旧友たちに新しい展開を見せることもできました。
いろいろな意味で多くの実りをくれたアートフェア東京でした。

搬入から搬出まで含め、普段なかなか会えないギャラリストの働く姿を間近で見られたこともとても意義あるものでした。

ここで再び声を大にして言いたい。
メキシコ人はまじめに働くのだ!

日本のみなさん。
ラテンを誤解しすぎです。

搬入も搬出も休憩一切なし。
会期中も食事もおぼつかないほど熱心に仕事をしてくれました。

そんなギャラリーのみんなのためにも今後もっともっと多くの人に作品を見てほしいと思います。
私の作品も仲間の作品も。

私もますます頑張ろう!と決意を新たにすることができました。

でもまだまだ日本人とアートの間には溝がある・・・これも現実。

日本のみなさん!
アートを遠巻きに眺めてあーだこーだ批判するんじゃなくて
宝探しの気分でお気に入りを探してみませんか??

気に入らないものの悪口をいくらいったって誰にもいいことなんてありません。

でもたった一つでいいから好きなものに出会えたら
世界の色が変わることだってあるんです。

そもそも好きなものを探すっていう作業が楽しいじゃないですか。

日本人の顔がもっともっと明るくなったらいいなあ!

IMG_3516a
私はこんな感じで明るい顔に(笑)
久々にお会いしたコロッケさん。じっくり作品をご覧くださいました。

おいしいものを食べ、好きな人たちに会い、ゆったりしたお風呂で足をのばして
このままダラーっとしてしまいそうではありますが
気をひきしめてがんばるぞ。
そのための勇気と活力もみんなにもらった日本滞在でした。

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中

スペインの車窓から

スペインからメールが届きました。

スペイン北部で大雪が降り一面銀世界。

そこまではそんなにめずらしいことではないですが、
添付写真にびっくり。

ひょっこりこんなお友達が。
IMG-20180301-WA0003
サファリパーク?

いえいえ

スペインの公道です。

マジか?

・・・本気にしてしまった私。やっぱり疲れてる?

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中

時差ぼけ解消 「愛と沈黙」

いよいよ3月9日から11日までのアートフェア東京が近づいてきたので帰国です。
2年ぶりの日本。
なのになつかしいっていう感覚がまったくない!

電車の車両内の広告とテレビがすごーくうるさい。

街の中にも広告が多い。

そんなあたりに一番日本にいるんだな、と思わされています。

不思議だったのは道を歩いている時に
後ろから英語で外人と話しながらくる人が近づくと

「わ、英語しゃべってる」

なんて反応してしまう自分。
日本語なんてめったに聞かない環境にいながら日本に着くやいなやこれ。
この順応性はどんだけだ?

時差ボケにはかなり長く悩まされる方なので、
飛行機で寝るタイミングを計算したりいろいろ工夫しています。
東に向かう時はさらに深刻。
慎重に過ごさねば!

なのに今回はうっかり眠りに落ちてしまった。
ひたすら眠って到着。
夜到着の便だったので布団に入っても寝られないパターン。
どーしよー。

でも布団に入るなりすんなり眠れてしっかり眠った。
わーい。

念のため翌日は朝から外出して歩き回り、さらにはカラオケに行って
しっかり疲れて夜寝たくなるように頑張りました。

2年ぶりのカラオケだ。

いや、それどころか
お腹から声を出すこと自体2年以上やってない。

でもねえ。これまたブランク感じないのねー。

夫と二人で6時間、うち5時間は私が歌ってしまった・・・

さすがに家に帰ったら喉が嗄れてしゃべれなくなったけど。
これは初めて。
すごく屈辱的だ。なんか発声悪いぞっていう罰みたいな気分。
そんなときでも歌の声は出るんだけど。(だからどうしても喋りたいときはミュージカルみたいにすると可能っていう結構楽しい光景にはなる。ハハハ)

今回はいつも以上に懐メロに走ったなあ。

その昔はカラオケ屋に入っている少年隊の曲といったら
「仮面舞踏会」と「君だけに」だったりしたんだけど
知らない間にずいぶん増えましたなあ。
プレゾンの曲まで入ってた。
ファンの方々がんばりましたねー。

プレゾンはそれぞれ一回しか見ていない夫までも
プーリマ、ベ、ラ!
とか
グググググッバイハロー♪ グググググッバイハロー♪
なんて
一緒にくちづさんじゃったりなんかして
プレゾンの曲ってすご〜い!

それともう一つすご〜い!と思ったのは少年隊の歌唱力。
今回は「愛と沈黙」を初めて歌ってみた。
採点してみたら

低音から高音までよく出てますね。

ってほめられたよ🎶

つまりは低音から高音まである難しい曲ってこった。
ジャニーズの歌は誰にでも出せる音階だけでできているっていう噂をくつがえす事実。

IMG_20180225_125523 - コピー
私の結果はこの通り。
いい曲だから歌ってて気持ちよかった〜。
ビブラートマスターの称号もゲット。

だってこの曲の一番好きなところはかっちゃんのビブラートだも〜ん!
Archives
  • ライブドアブログ