今年は1月2日に和室の床の間の前で墨をすり、絵に描いたような書初めをしてみました。実は初めて(!)
それがよかったのか先週末はかわい〜い☆一年生が3人も見学に来て、一人の子の3年生のお姉ちゃんまで来てくれて、新しい仲間が増えました。
なにしろかわいいの。
本当に我が書道くらぶは冗談で「オーディションがあるんだよ(ビジュアルの)」と言っても信じちゃうくらい美少女とイケメンぞろいなのです。
その中でも、ひときわ背が高く美しい小3のことはちゃん。
きっと将来はモデルとしてブレークするぞ〜。早く人気が出て「お習字が大好きです」って宣伝しちゃって〜。
子供たちはすぐ大きくなってしまうので、Kinkoは時々なんでもない時にも、ふと子供たちの写真を撮っています。で、この間の撮影(?)の日は、そのことはちゃんがまた普段より一層かっこよく、「先生とツーショットして〜」となったのでした。
そして、現像もでき、我が家でもなぜか自慢するKinko。
「この子かっこいいでしょ?!モデルになるわよ〜」
すると相方も「うん。この手の顔は男好きするな。売れるかもねえ」
で、次のお稽古の日。
「ことはちゃん。うちのダーリンがさ。こういう顔は人気でるってさ」
と報告。かっこよくてもまだ小3のことはちゃんは素直にニコニコ。
・・・が、これを聞いていた中学生たちが急に
あやや:「先生の事はさ、きっと中身が好きになったんだよ」
みぽりん:「うん、うん。先生、中身は大事だよ〜」
と声を大にして言い始めたのです。
えっ?
そう。中学生にとっては、奥さん以外の女の人をだんなさんが褒めるのは奥さんへの裏切りなのね。必死にフォローしてくれているのでした。いい娘たち・・・
でもさぁ。
うれしくなぁ〜い!!
そりゃ先生はオーディション受けてないけどさぁ
「大丈夫だよ。先生だってかわいいよ」
これこれ。これよ〜。ウソでもいいからこっちのフォローのほーがい〜い〜っ!!
あやや。みぽりん。
次はたのむぞ。女は気分からなのよ・・・よろしくね(?)