Kinkoちゃん随筆

書に遊ぶKinkoちゃんの気ままな日常 ・・・現代アートから海外情報、最近なぜか少年隊まで⁈なブログ

2008年06月

精神の呼吸展at国立国際美術館

内腿が痛い。
久々の筋肉痛。
最近鍛えた方がいいよなあ、と思っている部位ではありますが、どの動きがきいたのか自覚がありません。
これは、おととい、大阪中ノ島にある、国立国際美術館へ、一日ですが、展示ボランティアに行っての成果(?)なのです。
塩田千春というドイツを拠点に活動している現代アートの作家が、大阪で個展をするということで、2年前から、履き古した靴を募集していて、ちょうど、たくさん捨てる靴があったので、夫と一緒に6足だったかな、を寄付してたのです。
で、最近になって、展示ボランティアも募集してるのを知ったので、一度、アーチストの仕事ってやつを見てみよう!と思って参加してみたのです。ま、「現代アーチストと作業」と言っても、やったことは、文化祭やら、去年のKinkoの教室展の作業となんら変わらないってのが結論でしたが、書の世界しか知らないので、美大の世界・・・系・・・(なんつったらいいか)・・・は触れる機会がなかったもので、一度行ってみてよかった、かな。
展示作業は19日から10日ほど続きます。
Kinkoは初日に参加。午前中は、天井に張るネットの柄になる部分の毛糸を編みこむ作業。ただ、ポンと毛糸玉をわたされて、目的もよくわからぬまま、ひたすら歩いては時々床に置いたネットに毛糸を通す。と繰り返し。向こうでやってる靴班は、集まった2000足、つまり4000のくつに、ファブリーズする作業で、ファブリーズだけだったらよかったけど、半分は、いわゆる除菌スプレーで、その臭いたるや、体を壊しそうな量。あっちの班じゃなくてよかった〜。と思いながら、ひたすら、歩く。通す。歩く。単調で、つまんないかな、と思ったら、意外に無心になれて、いいかも。なぁんて思ったのも束の間、やっぱさ、自分がやった形を残したいよね〜。とウズウズして、柄を作り始めました。展示見に行ったら、どこやったかわかるように。
なるべく、雰囲気を壊さないようにやったつもりだったんだけど・・・
塩田さんには見られてたんだきっと・・・
午後は、サンダル履いてるってのを口実に移動を命じられました。
自己主張なんてしちゃいけなかったのね。
で、午後はひたすら、4000の靴に巻きつける毛糸を切る係をしました。2000はKinkoペアが切ったよ。腕を1mくらいに広げて一巻き分巻いては切る。をひたすら繰り返し。二の腕が痛くないのが不思議。一緒に組んだ大学生と南画の話で盛り上がり、キツイながらも楽しいひととき(つったって2時間ひたすらね)。それから、その糸を靴にくくる作業にくわわり、また無心のひととき。
そして最後はベッド。
これは一瞬、背中寒くなった。
ドイツから来たらしき、使い古しのベッド・・・。
それをきれいに水拭きさせられて(ここだけはチットね、そんな気分。でも、作品を運んできたクロネコヤマトの人たちも、使われちゃってて、お気の毒でした)それから、このベッドたちの鉄部分を毛糸で編みながら覆っていく作業をしました。
で、ほとんど編み終わりそう、私の作品だー!というタイミングで終業。
くーっ!!完成させたかった(涙)
でも、どうしてもKinkoの作家魂(?)が、なんとか足跡を残したくって、だれよりも足の部分にこだわってみたので、会場でみつけられる・・・と思う。次の日続きをやった人たちが、マネしてたら無理だけど。
久々に勤労の快感を味わって、駅までの途中で、寄ったお店でオレンジジュースを一気飲み。こんなに一日中動いてるっていうのは、めったにナイけど、昨日も今日も案外ゲンキ。今日もこれから何か作るずら〜。でも、これからは自分の作品!
Kinkoもいつか、30人ものボランティアを10日も集められる人になるぞぉー!!って、どんだけ、でっかいもの作る気だ?ま、思うくらいいいじゃん。
って、でっかい話をしながら、今日の創作は、印を彫って〆ると思う。
ちっちゃー!!
で、国立国際美術館の展示は7月1日からです。
モディリアニも来てるよ〜。

これこれ

コラボの苦労ばっか並べている今月ですが・・・
久々にヒット!!
注文してあったドレスが完成したの♪
着物リフォームなんだけど、あるものを使ったのではなくて、作りたいものに合わせて探してきた着物を渡して、一からデザインを相談して作ってもらいました。
完全オーダーメードなドレスって初めてで。
もちろん、デザイナーさんとも今回初めて知り合っての注文。
デザイン画から立体が想像できず、やきもきな日々も・・・
でもでも。
想像を超えてくれちゃいました。
カンドーです。
こんな裏切りならドンドンされたぁい!!
これよ、これよ。
これを待ってたのよ。
Kinkoのセンスにバッチリマッチで、さらに上を行っちゃってる。
本のデザインも、こう行くといいんだけどなああ。
まずは、ドレスを着る場面を想像してシアワセにひたろう。

まいったまいった2

今年は盛りだくさんに、色んなこと考えてますが、中でも去年からずーっと練っているのは
「本」
そう。
本を出版しちゃおう!
なんて大胆な企画が進行中なんです。
自費出版ではありますが、秋には全国の本屋さんに並んじゃうのです。
自費出版というと、某社がつぶれちゃったりとか、色々ダークなイメージも取りざたされてますが、ひとつの魅力は、自分色が出し放題。という点。
これは、まさにKinkoに合ってる!
と思うのですけど・・・
なにせ、初体験は大変だ。
今、世の中はコラボばやりだけど、コラボって、一人でやるよりずっと大変なんですよね〜。なんだか、最近Kinkoもコラボっちゃう機会を続けてもらっているけど、相変わらず大変って思う。
もちろん、うまくいけば、一人で作れるものよりずっとすごいものが作れるわけで、それが魅力なんだけど、一つを二人で作るから、作業が半分ずつでラクチンと言うわけではないのだなあ。イメージを共有するまでが、一番の大仕事です。
で、先週。
3月に顔合わせをした本のデザイナーさんからやーーーーっとデザイン案が来た。
それが・・・
トホホな内容で・・・
おしゃれな人だったし、話は盛り上がったから、信頼しておまかせして、じーーーーーーーーっと待ってたんですが・・・見かけじゃわかんないのね・・・
結局本作りもコラボなわけで、せっかくプロのデザイナーさんと組めるのだから素人のKinkoの想像を超えたデザインに!との夢が完全に壊れた瞬間でした。
で、先ほど編集長から電話があり、デザイナー変更決定。
編集長も、次こそはイメージに合ったデザイナーさんを選んでくれたよねえ。ダイジョーブかなあ。なんか何もかも怪しく感じちゃうよお。
デザイナー変更が決まるまでは、この人に私のイメージをこれ以上伝える自信も気力もわかず凹んだ〜。白紙になって、ちょっと救われたけど、もう一度プレゼンだ。
はぁ〜。
エネルギー充填しなくっちゃ。
最初のテンションをとりもどさなくっちゃ。
今年は体力いるな〜。
でも、夢の実現のためだぁ。
頑張るぞ〜。



まいったまいった

気がつけば4月がとんじゃった。
ってか、5月も終わっちゃった。
いくらボンヤリしているKinkoでも、こんなに更新しないの初めてだ〜。
2005年に墨とガラスのリズム展をしてからというもの、栄養補給の必然を感じて、稽古する人になってました。
やっぱりKinkoは不器用なんだな〜。
稽古モードに入ってるときの作品は、全然おもしろくない。
というのも、稽古脳になっていて、創作が、義務感でやってるから、自分も楽しくやってないし、な〜んにも湧いてこない・・・
きっと、世の作家さんたちに比べて、すごいスローペースなんだろうなあ。
でも、「今のまんまじゃ足りないものね」と、割り切って稽古中心の生活を2年ばかり過ごしました。
さすがに、「次はいつ??」っていう嬉しい質問も減ってきたこの頃・・・
多分、稽古モード全開のときよりは手が動いてないので、すっかり休んで見えますが、動きだしましたよ〜。
3月のダンスイベントでの大作写真も、まだ載ってないの?と言われちゃってますが、載せますよ〜。
でも、まだ。
実は、今年はHPも変身したいな、と思ってまして。
そのときのお楽しみ。
で、夏には、前からやってみたかった、新たなる世界との遭遇も本決まりになりました。
アップするものいっぱい待機中。
でもね〜。
ホームページも発注すると高いのね〜。
他の人の手が入るとなると、思った通りのイメージに近づける作業も大変だし。
さらに忙しくなるなあ。
Archives