Kinkoちゃん随筆

書に遊ぶKinkoちゃんの気ままな日常 ・・・現代アートから海外情報、最近なぜか少年隊まで⁈なブログ

2008年09月

tokyo

おかげ様で、湖心社展が盛会のうちに終了しました。
ご来場のみなさまありがとうございました。
ど真ん中の仮名を書いたのを、こういう場に発表したのは初めてなので、色々な先生方が、私の作品の前で、「こーきたかー」と驚いてくれました。「現代的なのを期待して探してたんだけどあなたのがないから、どこかな、と思ってたんだけど」って。
どんな場面でもサプライズは大事ッス。うふふ。

サプライズと言えば、ひっさびさに東京に5日も滞在して、昔と違うピカピカの地下鉄で六本木と銀座を往復して、もー完全にやられました。
今年は1月にNYにも行ってきたけど、もう今の銀座も見ずにNYまで行ってた私って何ナノ?みたいな。
毎月上京してんのにさ、何にも見てなかったぁ、私。
次からは寄り道するぞぉ、遊ぶぞぉ!!
残高を見たらすぐ折れそうな決意だけど・・・。
いやあ、いつの間に私は神戸っこになったんやろ?
完全にアウェーだ。
でも、早くまた行きたいなあ。

湖心社展

9月15日〜21日
名鉄メルサ8階 銀座画廊にて
3年に一度の湖心社展開催中です。
なななんと!Kinkoの仮名が見られます。
しかも百人一首だなんて・・・
お見逃しなく。

精神の呼吸展終了

前に紹介した塩田千春の国立国際美術館での個展が終わりました。
展示作業をやったから、愛着があるかな、と思ったら意外と普通に見ちゃった。
というのも、私が一日しか参加していないということもあるけど、大勢の手が入っていて、自分の色なんて感じられないから、っていうことかな。
あれだけ大規模な展示は、それだけで圧倒される。
でも、一人で作ったなら、その根性に感動するけど、何十人ものボランティアが何日もかけて作業した結果で、それなのに、どこにもボランティアの名前もなく、作家一人の名のもとに発表されることには疑問を感じてしまう。

今回はそれより、自分の靴が展示の一部になってることのほうが興味がありました。2000足の中の6足を探しに出向いた感じ。
それだけのことなんだけど、なんだか楽しかった。
私のは、なんと言ってもシャルルジョルダンのブルーはひときわきれいで、両足分がすぐみつけられました。どれも片足に靴の思い出を書いた紙がくくりつけられているので、紙がついてる方が外側で、ついてないほうが中のほうにまとまっていたのですが、どっちもわかりました。で、その紙がついているほうは、中央の一番前にあったから、なんともわかりやすかったのですが、なんと、その隣にもう一足。数十センチ右にもう一足があって、あっという間に私の3足はみつかりました。2足については、反対側はわからなかったけど。随分頑張ってみたのに、夫の3足はまったく、片足すらみつからなかった。オペラグラス持ってくればよかった、って思ったくらい。展示作業の日には、私のくつも、こんな正面一列目になんかまとまってなかったから、レイアウトが決まってから作家さんが入れ替えをしたらしい。
で、色々他のも見ながら考えてみたら、どうも、私のは「くつの思い出」をしっかり書いたので、それが評価されたんじゃないか、という結論になりました。本の出版に向けて、ちょーーーーーっとだけ自信がついたよ。でも、書いたときは、作家さんが展示前に読むだけで、展示されるとは思ってなかったから、私がいる間にも何人もが私の「思い出」を読んでいたのが照れくさかったです。
それと、夫のがみつからなくてじっくりいろんな靴を見たけど、つくづく履きこんでいるのが多くて驚きました。イマドキこんなきったないの履いてる人をみかけないんですけど、みたいなのも多くて。大阪だからかな〜?そんな靴がもう一回展示に使用されたのだから、すごい幸せな靴だよね。

リニューアル完成!

ややややや。やっと「Kinkoちゃんのらくがき館」のリニューアルが完成しました。
ようやく手作りから卒業です。
とうとう名前も顔もカミングアウト〜!!
武者震いブルブル。
にしても、今まで見てくださった方は、あまりの変わりように同じサイトとは思えないかもしれませんが、今後ともよろしくお願いします。
アットマークの皆さん、ここまでしてくださってありがとうございました。
本当に、数あるホームページ制作会社の中から、よく出会えたものだとKinkoの運のよさにはカンドーです。
今後ともKinkoの応援をよろしくお願いします。
Archives
  • ライブドアブログ