暑中お見舞い申し上げます。

先月は病院病院また病院。
耳鼻科、皮膚科、眼科に形成外科。
もー行きたくない。

食事の前後には薬を数えて目薬さして・・・
学生時代祖父母と暮らしていた頃を思い出しました・・・

久しぶりだった扁桃腺の腫れも、腫れも腫れたり3週間姿を消さずに悩まされましたが、
もっと悩まされたのが生まれて初めての帯状疱疹。
しかも目のまわりに赤い疱疹がぶつぶつと・・・
目も充血しちゃって夏の怪談みたいだった・・・
ほんとに鏡を見るのがつらかったわ・・・

帯状疱疹っていうのは普通はお年寄りに出るものなんですってね・・・
もう気分がものすごく年取っちゃった。
顔や頭に出るのは麻痺がでたり、ひどければ残ったり危険なことも多いらしく心配されましたが、
まあ順調にもどってきたのは若いおかげ。
喜ぶことはできないけど不幸中の幸いというやつです。

7月は
「さー、今年の夏はがんばるそー!!」
と気合を入れていろいろ始めた矢先だっただけに

「はああああああああ
私は何もない上に頑張ることすら許されてないんだああああああ」
と人生に絶望的な気分になりました。

でも!
つくづく私の人生人間万事塞翁が馬。
そんなどん底な気分の私にイタリアからオファーが!
結膜炎でPC見てはいけない状況だったにも関わらず、
随分見る羽目になってめちゃくちゃ疲れましたが、
その価値はあるお話。
色々やり取りしているうちになぜかスェーデンデビューになりそうな流れになっていますが、
いずれにしても9月、
私の作品がヨーロッパに並びます♪

9月は師匠門下の書道展も3年ぶりに銀座であって屏風作品を出品します。
もうひとつの短冊の作品は小さいながら新しい試みをした記念の作品です。
昨日額装が仕上がって、なかなか高級感のあるいい作品になったなあ、とほっとしています。

まだちょっと目の周りに帯状疱疹の跡が残っているけど
8月は心身を整えてがんばりたい!

気分を新たにスタートです。

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中