同人誌「人生八聲」 16年春季号(第6号)より 文:高尾義彦

スペイン・バルセロナからメールが届いた。今年一月末のことで、発信人は書道家の金子祥代さん。神戸在住の彼女は、国内だけでなく、世界各地で作品展を開いたり、背丈ほどもある太い筆を使って大きな文字を書くパフォーマンスを披露するなど活動的な若手書道家だ。

 「バルセロナに来ています。地元の紙を求めて紙の専門店に行ったら、なんとアワガミファクトリーのラックが!! 藤森さんにお送りしたら喜ばれるのでは?と写真を撮らせていただきました。ラックの印刷用紙の他にも、和紙がいくつかの棚にありました。凄腕社長ですね〜」

 アワガミファクトリーは、故郷・徳島県山川町にある和紙製造の協同組合組織で、代表の藤森洋一さんは、私の出身校である県立川島高校の後輩に当たる。わが故郷は、古くから和紙の里として知られ、一時は二〇〇戸を超える住民が紙漉きを業としていたが、いまでは廃れて、アワガミファクトリーだけが伝統を守る。しかも、守るだけでなく、さまざまな和紙を創作してフランスなど海外にも普及を図っている。同時に海外からも版画家を始めとして芸術家たちを招き、アワガミを用いた作品展を開いたり、紙漉き体験や原料となる楮、三椏の収穫を経験できる場を設けている。

 金子さんがバルセロナで出遭った店も、こうした海外展開の一環で、藤森さんにメールで伝えると「心にかけていただき、嬉しい限り」と謙虚な返信が来た。金子さんには以前、アワガミファクトリーを紹介したことがあり、徳島の片田舎とバルセロナの街が、想定外の偶然の縁でつながった。

 実は、我が家の祖先は永らく、紙漉きを業としていた。それを証明するものとして「眸家古文書」が存在する。自分の読解力では読み解けない代物だが、伯父で郷里の町の教育長などを務めた鹿児島進七氏(故人)が解読して残してくれた文書がある。
 その冒頭を引用すると――
柳楮紙の濫觴を尋ぬれば、忌部の遠祖神代天日鷲命、当粟国に降臨し玉ひ、麻穀の二種を作り始め荒妙和布を織って衣服となし、又楮を以て紙を漉始め玉ひしは、即ち此麻植郡川田村(往古楮畑村)部分川田山内楮植、紙漉、艸打(略)にこそ有りける。忌部日鷲命鎮座ます高越山は木綿麻山又衣笠山とも云い、清浄潔斎の地にして、三宝鳥居り、萬年草を生じ、阿波国第一の霊峰たり。是に於て往昔、聖徳太子の命を受け、記和という人紙漉業を掌りしも、尚忌部日鷲命の流れを慕ひ、今の阿波国へ下り、此楮畑村忌部の頭官衣笠宇内の家に止り、紙漉業を研究し、数種の紙を漉出し夫より、追々繁昌して他国にも名ある紙を漉く事とはなりぬ。筍も吾家の義は忌部の頭官衣笠宇内の末裔にして世々紙漉業を司り、其道に鍛錬し、中古国君小笠原氏を始め、細川氏、三好氏に至る楮の用紙漉職長の名を得しものは、吾中興の祖先、天文年中尾崎次郎翁迄の履歴に候也。

 古文書によれば、先祖は「忌部族」の一員とされ、「阿波冨士」の名を持つ高越山(こうつざん、一一二二・六叩砲了穫式貘咾傍錣鮃修┐討い拭この古文書に記載されている「荒妙和布」は「あらたえ」と呼ばれ(麁服とも書く)、歴代の天皇の即位にあたって必ず麻を織った布を朝廷に献上してきた歴史がある。私が一九四五年に生まれた町は、十年ほど前に、吉野川市として統合されたが、それ以前には、古文書にも記された「麻植(おえ)郡」という歴史的な由来を持つ地域とされてきた。

 「あわ」の表記としては、「粟」と「阿波」の二つが登場する。かつては貴重な食物だった「粟」はこの地域から広がって、例えば千葉県などの粟の産地も、蒔き方、育て方などをこの地域から伝えていったという歴史があり、こうした表記になったようだ。

 私の生まれ故郷では、古来、特産の麻布と並んで、和紙の製造が盛んで、我が家は「楮の用紙漉職長」の名を得ていた、と記述されている。ちなみに当時の我が家の姓は「尾崎」で、後に「眸」に改めたことも古文書で確認できる。すなわち「高越山の高の字と吾が本姓尾崎の尾を取り合わせて姓を高尾と改む」という。

 江戸時代には、越前の国に「尺長紙」の漉き方を習得に出かけたり、阿波藩から、藩内に通用する「銀札」に用いる和紙の製造を委ねられたことなどが、古い証文などを引用して記されている。明治に入って内国第一回博覧会(明治一〇年)などに五色雁皮紙を出品した実績もあり、古文書はその頃の当主だった高三郎の手でまとめられたもののようだ。

 まだ幼かった頃の冬の日、自宅近くの小さな川に、楮の皮などが流れに泳ぐように晒されている光景を見た記憶がある。我が家は、もうその頃は紙漉きの仕事には携わっていなかったが、「和紙の里」というイメージは、故郷を語る時、常に脳裏をよぎる。

 東京で定年を迎えた父は、故郷にあった家を処分して、一九七〇年代に埼玉県小川町に終の棲家を構えた。なぜ彼の地を選んだかといえば、小川もまた和紙の里だったから、と聞かされた。父は六年前に九四歳で他界するまで約四〇年間を和紙の里で暮らし、自費出版の短歌集なども残した。

 ユネスコ(国連教育科学文化機関)は二〇一四年一一月、小川町の「細川紙」、岐阜県美濃市の「本美濃紙」、島根県浜田市の「石州半紙」に代表される日本の手漉和紙技術を無形文化遺産に登録した。父の血脈の中に流れる和紙への憧憬とこだわりが、自分の中にも受け継がれ、それが客観的な評価を受けたように思えて、嬉しかった。

 翻って、自分と和紙との直接的な関わりは、といえば、十数年前から書道をたしなむようになって、和紙へのこだわりが生まれてきた。毎日新聞書道クラブで月三回のペースで筆を持ち、下手ながらに、定期的に作品展に出品させてもらってきた。練習用に用いる和紙は、日本橋三越前にある島根県のアンテナショップで「石州半紙」を買い求めた。アワガミファクトリーの藤森さんからいただいた和紙を色紙代わりに使って、下手な俳句を認めたりしている。

 書道クラブの友野浅峰先生が主宰する湖心社書展は三年に一回、銀座画廊(名鉄メルサ八階)で開かれるが、〇五年に初めて出品した作品は、半紙に「崇山峻嶺」の四文字。王羲之の「蘭亭序」にある言葉で、当時は日々、二八行三二四文字ある蘭亭序と取り組んでいた。
 その後の出品作は、弁護士の故中坊公平さんの言葉から「現場に神宿る」(〇八年)、「竹」一文字と拙句「初蝉や 松山城の 一の門」(一一年)、「花有清香 月有陰」(一四年)。前回は自費出版したツィッター俳句集「無償の愛をつぶやく」の題字も、おまけで展示してもらった。次回の一七年にはどんな作品をものすることが出来るか。これまでは使用する和紙の質を選ぶこともなかったが、多少は和紙の個性をも気にするような作品作りが出来るかどうか。

 冒頭に登場してもらった金子さんとは、この湖心社書展がきっかけで知り合った。〇八年に出版された彼女の著書「インクの魔法」(幻冬舎ルネッサンス刊)と、その年に目黒美術館で開かれた個展を、新聞紙上で紹介した。書を通じた人の縁の広がりも楽しみのひとつだ。

 パソコンやスマートフォンなどの発達で、若い人を中心に筆で和紙に文字を書く機会が減っている。自分では、季節の挨拶やいただきもののお礼など出来るだけ自筆(ただし万年筆)で、と心がけている。鳩居堂など和紙の便箋に、水茎の跡も麗しい毛筆の便りをいただくのも嬉しい。
和紙が果たしてきた役割や伝統をもっと大切にしなければ、とそのたびに実感している。

寒の水 楮晒して 和紙の里 河彦



書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中

「おはなしコンサート」(童音社)復刊にご協力ください。