Kinkoちゃん随筆

書に遊ぶKinkoちゃんの気ままな日常 ・・・現代アートから海外情報、最近なぜか少年隊まで⁈なブログ

2016年08月

甲低幅狭の靴 final? 靴選びって大事だなの巻

このところ靴の話ばっかりで
一体Kinkoは何しに行ってんだー?!
とお思いの方も多いかと。。。

まったく。

私もそう思います。。。

実はこのところ手のお肌がボロボロ(普通の手荒れのレベルとかじゃなくて)
とか道具がなかなか到着しない、とか
制作に集中できない理由もあれやこれやあるのですが・・・

生きる上で靴って大事よ。
やっぱり!

お金がない学生時代は合皮でいっぱい痛い思いしました。
おしゃれは我慢、とデザイン重視。

革が買えるようになってからも、
革が足になじむまでの我慢、っていう靴屋さんの言葉を信じてました。

ハイヒールが履きたくて、つま先が痛くなっても
ハイヒールは疲れるものだから、という偏見を信じてました。

でもね。

自分の足のこともいろいろわかって本気で自分に合う靴を探し始めて
少ないながらもみつかり始めて
自分に合う靴を履いて歩く日々を重ねて
本当にわかりました。

私が靴に合わせようとするのは間違っているということ。

きちんと合った靴を履けば、ハイヒールで1万歩歩いても足の痛みのために休憩なんて必要ないし、
逆にぺったんこだって合わない靴なら足が疲れます。

履きはじめだって、変な当たり方をしないから、
バンドエイドを貼っても痛い、なんていうこともありません。

足裏マッサージはみんな知っているように、
足には大事なつぼがいっぱいあるのに、
変な靴を履いて変な刺激を与えたら、反射区が悪くなるっていうのは当たり前なのじゃないかな?

実際、私は幅がゆるい靴を履いていたころ、爪先の方に足がのめってしまうので、足の裏ではなくて
指で体の重みを全部支える感じになっていました。
そうすると、足だけではなくて頭が痛くなってきます。

だってそうですよね。
頭のつぼって足の親指。人差し指や中指も、目や耳のつぼです。
本当は足裏全体で体を支えてたくさん歩けば
体全体にいい刺激を与えられるはずなのに。

靴が合わないと腰痛。
というのは多くの人が連想することだと思いますが、
他にもたくさん影響を及ぼしていると思うのです。

だいたい、歩く、っていう基本動作が苦痛になったら
生きていることが苦痛になっちゃうよお。

キレる人が多かったり、ストレス溜め込む人が多かったり、
何かと問題が多い現代人ですが、
足元を整えたら解決することが実は多いのではないか、と思うこの頃です。

現代人だけとは限らないけど。

話が大きくなりましたが、
ここマドリッドでは、たくさん西洋人の木型の靴を試す機会がたくさんあって
いくつも合う靴がみつかって、これからの人生に希望の光を見ている毎日なのです。
だって、靴屋さんめぐりをするにしたって、
前ならこんなスタミナなかった・・・。
スタミナだけの問題ではなくて足の問題も大きかったんだなあ、と実感。
体力がついたというよりは、
たくさん歩いてもただ疲れるだけになったのです。
それも、足じゃなくて脚の疲れに。
前は脚が疲れる前に足に痛みが訪れて機嫌が悪くなっていたと思う。

とにかく日本では合う靴をみつけるのが至難の業の私。

今文字通り別天地なのだ。

同じ甲低幅狭でお悩みの方が、ネット通販で西洋人の木型のものを購入しているブログなども見ますが、
やっぱり履いてみないとだめだなあ、と思います。前にも書いたけど。

前回のClarksはさっそく1万歩オーバーを数日続けていますが、7.5cmヒールとは思えない快適さです。
それで、今日もポールマッカートニーの親戚が作っているというイギリスのブランドを見てみましたが、そこはみるからに幅広で、履いてみたらかなりの幅広。
イギリス=幅狭ではないようです。
これはどこかのサイトで私も読みました。今日は体感。
(追記:ステラ・マッカートニーはすでに日本でも大人気でお店もいっぱいあるらしいですね。知りませんでした・・汗)

イタリアのASHはよかったです。
が。
デザインごとにサイズが違うそうなので、通販はおすすめできません。
実際、37ならジャストサイズのものや、38必要なもの、
いずれにしてもカパカパなものなど、見事に違いました。
ここの場合、パッと見ではどれが細身でどれが幅広かわかりにくいです。
ただ、細身のものがかなりの確率であるので
覚えておいて損はないかな。日本にもお店があるから試せるし。
問題は日本にどれだけ細身のデザインを入れているかですが・・・
あと、今こちらでは50%60%引き、なんていうセール中なので気軽ですが、
定価だとデザインによってはちょっとお高めです。

いくつかブランドを紹介してきましたが、
まだまだ探せばみつかりそうな気がしてきました。

あれ?私もおんなじ!
というみなさん。
あきらめずに探しましょう!

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中

注)幅狭甲低/甲低幅狭=足のサイズのタイプ。足がつらい理由は靴が自分の足に合っていない。ということ。ゆるくて足が靴の中で泳いでいるせいで疲れているのかもしれないし、ハイヒールも、反りが合っていないから爪先が痛いっていうことも大変多いと思います。実際は幅狭甲低の足だから起きている問題も多いはずが、なかなか認知されていませんよね。私も気づくのに時間がかかりました。でも!いまは甲低幅狭の足を自覚して快適な毎日。歩くのも靴を選ぶのも楽しくなりました!!
私の靴探しのレポートはカテゴリー「甲低幅狭靴」にまとめています。

「おはなしコンサート」(童音社)復刊にご協力ください。

スペイン映画 ダンスダンスレボルーション

la_maquina_de_bailar

マドリッドは基本的に英語が通じないので
そろそろスペイン語のおさらいを始めようかと思っています。
でも全然学生気分になれない・・・

とりあえずテレビを毎日必ず見ることにして
少しずつ単語をひろうしかないなあ。という感じ。

せっかく1月から7月までテレビなし生活でのびのびやっていたんだけど、
今月からはテレビつけてます。
おかげで、内村の金も錦織銅も獲得の瞬間をリアルタイムで見られたので
今月っていうのはいいタイミングだった。

ニュースとかドキュメンタリーは無理なので、
映画かドラマ、子供番組がいいなあ、と思うのだけれども、
そうなるとアメリカものばかりで見る気がしなくて困っています。
下品。つまんない。

で、今のところ必ず見ているのはドラえもん(笑)
ほっとするわ・・・
やっと時間とチャンネルを把握しました。
ジャイアンがヒガンテ、出木杉くんがデキグス、とか
そもそもドラえもんがドライモンになってる。ほ〜ら、ちゃんとスペイン語で見てるよ。

今日はたまたまスペインの映画をやっていたので見てみました。
’La Maquina de bailar’
直訳は「踊りの機械」
ダンスダンスレボルーションの話でした。

スーパーで働くぱっとしない青年が、
毎日ゲーセンでダンスダンスレボルーションするのだけを楽しみに生きている。
ひょんなことから大会に出ることになり・・・

その後の展開はご想像の通りの単純な内容でしたが、
時々ダンスダンスレボルーションで流れる曲が日本語だったり、
ダンスダンスレボルーション自体がなつかしかったりして
最後まで見ちゃいました。

KONAMIの社員があんまりいい感じに描かれていませんが、
KONAMIの名前が何度も出てきて宣伝みたい。オタクさんたちの間では知られているんだろうか。

スペインで優勝した後に
「では東洋のチャンピオン、ヤス ハシモトと戦ってもらいまーす。」
と紹介されて出てきた俳優が見るからに韓国人な上に、日本語もめちゃくちゃ。
応援団には少林寺の僧が着いてくる、っていうはちゃめちゃな設定。
ということはKONAMIは全然制作にからんでないのかな。

テレビドラマを見ていても、
よく日本といいながらアジアがごちゃごちゃになっている設定をみかけます。
21世紀でもまだこんな感じなんだなあ。

私はどこの国に行ってもほぼ100パーセント日本人と最初からわかって大事にされるのに慣れてきたけれどスペインだけは違います。
スーパーでもデパートでも中国人と呼ばれる。タクシーでもそうだった。
う〜ん。
なんでかな。
(間違われるだけならいいけど、
中国人と間違えられると無愛想にされることが多いっていうのが困る)
美容院ではタイ?って聞かれちゃった。初めてだー。

そのくらい日本人が少ないってことなんだなあ。
どこに行っても100均がわりの中国人の店はたくさんあるし、
中華料理店もたくさん。
中国人観光客もけっこうみかける。
次は韓国人の団体と個人旅行者。
たしかに日本人が少ない。

だからってなんで私が日本人に見られないのか、、、は別の課題として、
日本に何かしらの憧れみたいなものは持ってくれている割に情報がないんだなあ、
というのが実感しているところ。

ここマドリッドでゼロから開拓してどこまでコミュニケーションとっていけるか。
少しでも「日本」を伝えられたらいいけど。

う〜ん。
今はまったくイメージわかなーい。
結局メキシコにいた時のスペイン語まですら思い出す自信がない。。。ふー。

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中

「おはなしコンサート」(童音社)復刊にご協力ください。

甲低幅狭の靴 その4 Clarks

意外〜。
なんだか男の人の靴のイメージしかなかった。

・・・休んだら再び、とか言いながらやっぱり買い物に出てしまったの。

で、Clarksのサンダル。
バーゲンの中でいっぱい転がってたので、
ちょっと興味が湧いて手に取ってみました。

今頃残っているのはほとんど40以上=26.5儖幣紂
サイズや価格のシールもはがれちゃってるのが多くてちょっと大変でしたが、
人が多くて店員さんの目を気にせず色々試せるこの機会を有効活用だ。

とにかく小さいのを探して足を入れるのみ。

おや?

おやおや?

なんだかいい感じ?
ちょっと違和感あるかなあ。
疲れてるから気のせいか?
いやいや、長距離歩いたらもっと気になるぞ。
でも安くなってんだし、他に小さいのが見当たらないんだから・・・

考えながら、グルグル歩き回り、途中でちょっと小さめのを目にすると履いてみては、
やっぱこっちの方が合ってるぞ、ともう一回履いて歩くを繰り返していました。

でも。
聞いてみよう。
「もっと小さいのありますか?」

どうせ「店頭にないってことはないんだよ」と言われるんだろうけど・・・

あれ?

あった?
clarks sandals

なんとこれがここでは69ユーロで買えてしまった・・・今だと8500円くらい。うっしっし。

日本の定価18360円かあ。
こんな高いもんだと思わなかった。
30ユーロくらいの靴と一緒に転がってんだもん。
在庫にたまたま残っていたおかげで無傷のが買えちゃったしラッキー!
1万歩以上歩いてみないと
本当の実力、というかフィット感は評価できませんが、今のところ期待大です。

小さいの小さいのと書いていましたが、私は24.5cmなので日本では小さくありません。ちっとも。
スペインでは一番の売れ筋なんだとか。
Clarksはイギリスの会社なのでイギリスサイズ。
換算表では24.5cmは5.5とあります。
私が買ったのは4.5。
これのベルトの一番きつい穴に通してやっとぴったりです。
換算表だと23.5cm対応。
でもかかとが出たりしません。長さぴったり。
換算表を作る際に、長さでなく幅が入るサイズを書いているのだと思います。
Clarksジャパンのサイトだと、幅Dと書かれていますから。
イギリス人の標準はDじゃないんじゃないかな。

長々とサイズのことを書きましたが、
とにかく靴は履いてみないとわからない。
面倒くさがらずに頑張ろうっと。

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中

注)幅狭甲低/甲低幅狭=足のサイズのタイプ。足がつらい理由は靴が自分の足に合っていない。ということ。ゆるくて足が靴の中で泳いでいるせいで疲れているのかもしれないし、ハイヒールも、反りが合っていないから爪先が痛いっていうことも大変多いと思います。実際は幅狭甲低の足だから起きている問題も多いはずが、なかなか認知されていませんよね。私も気づくのに時間がかかりました。でも!いまは甲低幅狭の足を自覚して快適な毎日。歩くのも靴を選ぶのも楽しくなりました!!
私の靴探しはカテゴリー「甲低幅狭靴」にまとめています。

「おはなしコンサート」(童音社)復刊にご協力ください。

甲低幅狭靴 その3 Vialis

マドリードは暑い。
ということでテレビでも帰省ラッシュならぬ
バカンスシーズン到来のニュースで混んでいる駅の映像とか流れています。

暑いと言っても、本当にエアコンが要るのは午後だけの
健全な夏です。
夜は扇風機も要りません。

街は夏物バーゲンの最終ステージ。
秋物も出始めましたが、一緒に
50−70%引き
なんていう夏物コーナーがあっちこっち。

バルセロナよりもマドリードの方がちょっとおしゃれ度も高いので
道を覚える、という口実のもと、お店を探索しています。
同じブランドでも品揃えが違ったりするし。

せっかくスペインにいるんだし〜

もう一度カンペールとピコリノスも何店舗も見てみました。
結論。
ダメ。
幅が広すぎてサンダルだと、足が前にとびでちゃう。
さすがに日本に出店できるだけあります。幅広です。
あ〜あ〜と思っている間に、日本人観光客が購入していきました。

Vialisというバルセロナ発の手作り靴。
これは細身です。

今回はバーゲンシーズンで
欲しいデザインのは私のサイズが売り切れていたのでサイズを確かめるだけで終わってしまったけど、
今後チェックの価値あり。
普段38ですが、この店では37がちょうどよかったです。

前回紹介したZendraのサンダル。
毎日履きまくってますが、さすがに安いだけあって、革が素足に気持ちい〜い!って感じじゃないので、
Vialisとかの革がいいやつがやっぱほしい。
底も厚めの方がやっぱり楽なんだな。

ここのところ歩きまわってちょっと疲れちゃったので、
少し休んだらまた探しに行ってみようと思います。

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中

注)幅狭甲低/甲低幅狭=足のサイズのタイプ。足がつらい理由は靴が自分の足に合っていない。ということ。ゆるくて足が靴の中で泳いでいるせいで疲れているのかもしれないし、ハイヒールも、反りが合っていないから爪先が痛いっていうことも大変多いと思います。実際は幅狭甲低の足だから起きている問題も多いはずが、なかなか認知されていませんよね。私も気づくのに時間がかかりました。でも!いまは甲低幅狭の足を自覚して快適な毎日。歩くのも靴を選ぶのも楽しくなりました!!
私の靴探しのレポートはカテゴリー「甲低幅狭靴」にまとめています。

「おはなしコンサート」(童音社)復刊にご協力ください。

Miso

201608053
この写真はなんの料理かと言えば、
味噌
の使用例なんです。

ちょっとびっくりですよね。

イギリスの会社が販売しているお味噌です。

免疫ダウンしているので、
食事もできる限り和食を増やそうとしています。
6月までの分は、
レジデンス生活でも時間をかけずにとれるよう、
お湯を注ぐだけのを日数分用意していたんだけれども、
滞在が伸びたので、
いよいよ出汁から作り始めました。
一人暮らしだから思う存分台所を占拠できるわけだし。

201608054
バルセロナみたいになんでもそろっているメルカド(市場)がみつからないので、鰹節なんてとんでもない。昆布オンリーで我慢。
でもこのお味噌が思ったよりいい味なので、けっこうおいしいお味噌汁をいただいております。

バルセロナでは何回か鰹節をみつけてちゃんとした出汁をとってみました。
すごく高かったのに全然風味がでませんでした。需要の問題でそんなにいいのは入ってこないっていうことなのかな。

最近ようやく日本からとりよせることを思いつき(遅い?)粉末出汁をゲット。
以前は罪悪感を持ちながらたま〜に使ったことしかありませんでしたが、すごい進化を感じて驚き。
もうこれからは堂々とたよっちゃおうと思います。

しばらく日本の味を楽しんだら見本写真見たいな洋風味噌汁も挑戦してみようかなあ。
シチューだよね、これ。

でも一人になってストレスがないせいか太ってきちゃったよお。
もっともっと和食にしなくっちゃ。

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中

「おはなしコンサート」(童音社)復刊にご協力ください。

小豆を煮ています

201608052

移動移動の連続からようやく解放されて、
やっと腰を落ち着けられそうになってきました。
さらに少しばかり台所の収納が増えたので、米、みそ、米酢さらには昆布と
日本の食材をどさっと買ってきました。
そして久々に小豆も。
黒ゴマとか小豆はどこにでもあるわけではありませんが、
健康管理に気をつける方々のお店には売っています。
腎臓強化、つまりはスタミナをつけるために毎日食べるようにしていたのが、
カディス(アンダルシアの小さい町)滞在中の3か月は町が小さいだけに
そういう特殊な商品を扱う店がなく、切らしていました。

やっと都会にもどって、店を発見。
黒砂糖とともに買ってきました。砂糖もできればてんさい糖にしたいところだけど
さすがにそこまでは仕方ない。毎日暑いしよしとしよう。

さて、ただいまさっそくゆでていますが・・・

写真にある通り、名前はスペインでも「あずき」です。
ちゃんと複数になってsがついていますが、あずきです。

下には、アレルギーの人用に、日本でいうところの
「ごま、大豆、グルテン、ドライフルーツと同じ工場で作っています」みたいな表記があって、
それから
野菜に添えたり、シリアルと合わせて召し上がれます。
との説明。
う〜ん。
まあ、ありっちゃありか。

さて調理法。
そこには
小豆を洗い、昆布ひとかけらと6−8時間ひたしておきます。
小豆1に対して2の水で45分から60分ゆっくりゆでます。

うそ〜〜〜っ?!

こんなの硬くて臭くて食べらんないじゃん。

マジか。

健康志向のスペイン人はわざわざ高い小豆を買って
こんなまずさを我慢してんのか。

私の小豆、まだまだゆだりません。
こっちの小豆は日本のより皮が硬くて灰汁も強いので
私の場合3回は水を替えてゆでます。
日本でここまでしたら色も風味もなくなっちゃいますが、
1−2回は多めにしとかないととてもとても。

そしてやわらかくなったらたーっぷり砂糖を入れて(もちろん隠し味の塩もね。)
毎日スイーツを我慢せずに健康維持ができる魔法の食材にしあげるのだ!
って、おなじみのあんこですけど。

こちらに来ていろんな国の方々にあんこをふるまいましたが、
この甘い豆、
みんな大好きです。

ちゃんとした作り方、食べ方教えてあげたいよ。

この会社の人、最初に誰に使い方を聞いちゃったんでしょうね?

いや?もしかして私の知らない世界?
砂糖を入れなければ硬くならないから味を気にしなければ食べられるとかいう話?
でも絶対まずいよね。それは間違いないな。実験・・・・やめとこ。もったいないもったいない。

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中

おはなしコンサートの復刊を目指しましょう!
いっそ各国版で世界に発信したいくらい。
「おはなしコンサート」(童音社)復刊にご協力ください。
Archives