Kinkoちゃん随筆

書に遊ぶKinkoちゃんの気ままな日常 ・・・現代アートから海外情報、最近なぜか少年隊まで⁈なブログ

2017年03月

今度は水難

先日のwindows問題はどーにかこーにか解決し、
再びDVDが見られるようになりました。
若様〜♥
何っ回でも見られる。

しかし、私の周りにトラブルは尽きず・・・

本日のトラブルは水難。
今日はやる気満々だったの。
早起きもしたし、
材料を買いに行って、それから〜♪
っていう気分だったのに、朝ごはんを食べて、片付けが終わった後、
台所のシンクの下のパイプから水がぴゅーーーーーー。
あれよあれよという間に
キッチンマットが半分ぐっしょり濡れてしまった。

それを夫に言うと
「もう一回あるね」
なんて不吉なことを言いおる。

二度あることは三度ある。
とか言っちゃって。

そう。
こないだ毎年参加しているアートフェアの際に
フランスで泊まったアパートでもあったので。

夜、のんびりダイニングで音楽など聞いていたら上からポタポタと。
いえ、そんな大人しいものではなかったです。
ボタボタ・・・

2階建て風のつくりのアパートで、洗濯機が2階にあったのだけれども
そのドラム式洗濯機のふたのパッキンがおかしくなっていて、
洗濯機の中の水がまるまる出てきちゃって
もちろん洗濯機のあるバスルームは水浸しで、
それを受け止めきれなくなった床から下の階へ・・・

結構激しい雨漏り状態となったのでした。

夫はかなり動揺していたけど、
もはや「濡れた」程度のことで慌てる私ではなーい!

今朝のに関しては、水の元栓を止めないといけなかったので、
水が使えない・・・
という状況がいつまで続くんじゃろかー?
と、さすがに一瞬、考えることも拒否っちゃう状態になったけど、
近所のおじさんが来てくれて午前中で解決はしました。

ただ、せっかくの早起きは台無し。やる気も。

予定を完全に方向転換して熱心に掃除を始めてリセットの日としました。

そして、このリセットに貢献した掃除機はおニュー。
数日前には、半年しか使っていない掃除機が壊れるというトラブルもあったばかりなんだ実は。

だから3度目の水難はいいんじゃないでしょうかね。
神様。


・・・


ここで〆るはずだったんだけどぉ・・・

書いたままアップしないでいた間に
3度目が(涙)

たくさん洗濯して、
大物も洗って外に干して
そろそろ取り込めるかな〜、
と窓を開けたら雨。

いつからだー??
さっきまで外歩いてたのに信じられない!

結構大粒の雨・・・よってすでにびっしょり。

し・か・も

洗い直しをしている間に雨は上がりました。

なんの試練なんだあああああああ!

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートを展開中
「おはなしコンサート」(童音社)復刊にご協力ください。
復刊.comは基本的には書籍の復刊活動だけど少年隊のVHSもなんとかならないかしら?

秘伝とは(3)

相変わらず下書きもせずに書き始めちゃうから
タイトルと関係ありそうな内容に見えない記事になってしまって・・・

まあ、無理に戻らなくてもいいかなあ、とも思ってしまうのですが。

ニッキやかっちゃんの問題に限らず、
身の回りでも、ちょっと考えさせられる出来事があったりして、
ふと、
こういうことか。
と再認識したというか。

「秘伝」
という言葉は誰でも聞いたことがあるけれども、
意味を考えたことがある人はどれだけいるでしょう。

ある年、二人の画家さんとそれぞれ別々にお話しする機会がありました。
偶然に、お二人とも「秘伝」の話をされました。

お一人目の画家さん曰く
「秘伝っていうのは、知ってしまったら誰にでも真似できちゃう簡単な技術だから、
もったいつけて隠していただけなんですよ。」

もう一人の画家さんは
「同じ技法でも、受け取る側の技術や度量が追いついていないと正しく受け取れないから、
秘伝ということにして、伝える時期を待っていたわけです」
とおっしゃいました。

私は後者の意見にまったく同感です。

同じことを見ても、価値のわかる人とわからない人がいる。

「簡単じゃん」とわかったつもりになっている人はきっと一生わかったつもりで終わるんだろうし、時期が来てきちんと受け止めた人はきっと、一生「簡単」とは思わないだろうと思う。

(こんな大事なことを、ネットの悪口なんかと同じ記事の中で書くことが不本意な気もするから、
場を変えて改めてきちんと伝える場を作ろうとは思う・・・)

「秘伝」みたいな姿勢を馬鹿にして、
なんでもかんでも自由だ平等だと声高に、隠すな、俺にも教えろ、みたいなのぞき趣味を同列に語ってしまうのがネットの世界。
本当の価値などわからない人間が本来なら触れることができなかった世界にうっかり触れてしまって、味わうことも、まして消化なんてまったくできないまま
評論家気分で世界をぶった切った気になって批評じゃなく批判する。
それが世界中の目に触れてしまう世界。

玉石混交の発言が混交のままぶちまけられている中、
玉をみつけだせる人は何人いるんだろう。
普通に考えればどんどん減るよね。
俗なものに触れて俗になることの方が簡単だから。
低きに流れていくのが見える。

でも、人間はそこまで馬鹿でもないのかな。
これだけひどい状態を経験してしまえば、よくなる力も生まれるのかな。
いつだかわからないけど。

みんなが学校に行ったりできなかった時代、
新聞や本が簡単に読めなかった時代、
時代劇や落語の世界のように、何も知らない人たちがたくさんいた。
無知や偏見は昔の方があふれていたんだしね。

なんて。
分別ありそうなこと書いても
私は石は見たくない!

よけるのだって手が汚れちゃうもの!!

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートを展開中

注)最近は少年隊の話題が出ても大先輩扱いで錦織さん、植草さん、東山さんっていう呼び方をされることが多いので念のため書いておくと
錦織一清=ニッキ。植草克秀=かっちゃん。東山紀之=ヒガシ。
こんな説明が要る時代が来るなんて・・・(汗)

「おはなしコンサート」(童音社)復刊にご協力ください。
復刊.comは基本的には書籍の復刊活動だけど少年隊のVHSもなんとかならないかしら?

秘伝とは(2)

なんでこんな暗澹としているかというと、

DVDが見られないせいで
ネットサーフィンしたからさ・・・(涙)

まあ、有名人の場合、良くも悪くも話題にされてしまうのは世の常で、
有名税と割り切って、みたいなことも言われますが・・・

困ったことに、
少年隊の場合、最近露出が多くて若いもんの目にも触れるのがヒガシだけで、
舞台中心のニッキやかっちゃんはネット世代の若いもんにはあんまり馴染みがない。。。

違法アップロードもいっぱいされているとはいえ、テレビ時代のものをアップするのは
随分手間がかかるし。そもそもビデオって昔は重ね撮りしまくりだしねえ。
残っていることは奇跡だったりする。
しかも少年隊のファン層は現在人生で最も忙しい世代だろうし。
それでもネットに上げてくる人たちの情熱といったらすごいと思うんだけれど・・・。
すごくても「違法」ということでどんどん削除もされていく。。。

といったわけで、彼らのキラキラした時代は、
同じ時代を生きた人たちの思い出の中にしかない・・・

はずなのに。

悪口は横行しているんだよ。
しかも削除されないの。

動画は違法で悪口は表現の自由ってか。

しかも、出てくる悪口が、本当に悪口のレベルでしかなくて、
事実無根ででっちあげた安〜い記事ばかりで見る価値なしなんだけどさ。

でもさあ〜〜〜
検索すると出てきちゃう。
もう嫌で嫌で仕方がない。
検索の段階でNGワードのフィルターとかできないのか?グーグル??
あるのに、私が知らないだけだったら
どなたか教えてください。

NGワードを設定する作業も嫌な作業だと思うけどね。
自分では一生使わない汚い言葉を選ぶなり、書き込むなりしなくてはいけないわけだから。
考えただけでブルー。

ともかく、
このバランスのままじゃ彼らの有名税が高過ぎます。
私も神経衰弱・・・

一番いいのは、そんな安い記事が下ーーーーーーに行っちゃうくらい
今この時期に活躍してくれることなんだけど★
3人そろったりしたら一発逆転だと思うんだけどなあ。
(つづく)

注)最近は少年隊の話題が出ても大先輩扱いで錦織さん、植草さん、東山さんっていう呼び方をされることが多いので念のため書いておくと
錦織一清=ニッキ。植草克秀=かっちゃん。東山紀之=ヒガシ。
こんな説明が要る時代が来るなんて・・・(汗)

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートを展開中

「おはなしコンサート」(童音社)復刊にご協力ください。
復刊.comは基本的には書籍の復刊活動だけど少年隊のVHSもなんとかならないかしら?

秘伝とは(1)

前回IT時代の鬱憤を書きましたが・・・

PCの不具合に翻弄されるのと同時に、
ネットで精神的に病む
っていう問題もありますよね。

まあたまに私もここで毒を吐いちゃったこともありますが、
どう考えてもネットって悪意のある発言の方が多い気がします。

情報を調べようとしても、「個人の見解」やどっかから拾ってきただけの裏付けのない記事があふれていて、どうにかこうにかヒントをみつけることが出来る場合はあっても、
かなり骨が折れます。
まあ、情報というのは本の時代でも、その前の時代でも
本当のいい情報というのをみつけるのには大変な労力が要るのは同じなのかもしれませんが、
何が困るかというと、
見たくもない記事が目に飛び込んでくることです。

クリックしなきゃいいじゃん。

っていう人もいるかもしれないけれど、
クリックなんてしなくても、
そもそも目を引くためにどぎついタイトルをつけてあることも多いし、
そういうものが校閲されずに垂れ流しになっている中、
単語ひとつとっても
目に入ってしばらく
嫌〜な気分になるような言葉があふれていて
ものすごく神経衰弱にさせられています。

これほど暴力的な場所はネット以外のところにはないですよね。
ないです。少なくとも私の生活圏には。

表現の自由って言ったって、権利は義務と表裏一体のはず。
では、その暴力をふるっている人たちは、その自由を得るために、
どんな義務を負っているのでしょう。
ネットは社会の縮図だという表現も聞いたことがあるけれど、
社会のルールが守られていないではないか。
(つづく)

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートを展開中

「おはなしコンサート」(童音社)復刊にご協力ください。
復刊.comは基本的には書籍の復刊活動だけど少年隊のVHSもなんとかならないかしら?

windows10憎し。。。少年隊を返せ!

本当にITの時代になってから無駄な時間を強制的にとられ、
今までの人間の生活にはありえなかった種類の強いストレスがいっぱい。

まったく改悪だと思うわ。

自分の予期せぬ時間に突然PCが勝手なこと始めて予定が台無し。
やる気も台無し。

日常茶飯事だけれども、
だからといって慣れなくちゃいけないの?

だいたい、このストレスは他の道具の場合と違って、
自分の技術を上げれば防げるわけではない。これが問題なんだ。

ああPCなんてなかった時代に戻りたい。

今月だってそうさ。
windows10の更新がありました。

windows10憎し。
どんだけ使いにくいんだ。
エッジだってコルタナだってGroove だって使ってないっつーんだよ。
私だけじゃないさ。使ってる人に会ったことない!
windows10って単語が出ただけで場が重くなるくらいみんな困っているんだよ。

しかも、更新は勝手に始まって、PCが前触れもなく重くなる。
再起動するにしたってシャットダウンも起動も遅いったら。

この時間、予定していた作業はすべてストップだものね。

世界中でこんなことが許されているなんてどうかしている。

うううううう。
今月の更新の何がひどいって、DVDが見られなくなっちゃったってことだ!!!!!
許せん。
ちょっと検索してみたらKB4013429によって起きている
って書いてあったので、これまた時間かかったけどアンインストールしてみたら、元に戻った。
ただし、それを確認した30分後にはまた勝手にインストールされちゃったけどね。

「私これ要りません」っていう権利がないって、
ありなの?この時代に。

我々はマイクロソフトさんの商品は買いましたが、奴隷じゃないですよ。

PCを買ってからというもの、何か月分人生を無駄にしているんだろう。
何年かもしれない。

ああああ、ひどい。
ひどすぎる。

今、私の生活は少年隊が心のオアシスなのに。
ガチャガチャやってたら、やっとVHSのプレゾンも見られるようになったのに。
若様のダンス見たいよお。
これから毎晩どうやって疲れを癒したらいいんだよ。
眠れないよお。

ネットでは動画再生への影響しか見当たらないけど、
私の場合メディアプレーヤーまでおかしいんですけど。
少年隊の曲でせっかく運動習慣がついたというのに
昨日からさっぱりやる気がでません。

マイクロソフト!
私の肥満の責任とれんのかあっ?!

う〜ん う〜ん
毒を吐いたけど憤懣やるかたなし・・・

明日は仕事をたくさんしたい・・・下準備いっぱいしたんだから。
それには
ネットでこまぎれの動画を見て気をまぎらすか・・・

でもさあ。
気分の問題だけじゃなくてさあ。

最近では動画作品も作っているんですよ私。
本気でアップル考えないとダメかなあ。
ああ、気が重い。

ま、とにかく気を取り直してかっちゃん探そーっと。
若様ぁ〜〜♥

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートを展開中

「おはなしコンサート」(童音社)復刊にご協力ください。
復刊.comは基本的には書籍の復刊活動だけど少年隊のVHSもなんとかならないかしら?

深夜の事件? (2)あわや・・・?後半

で、引き続き少年隊プレゾンChange!

ヒガシとかっちゃんが入れ替わるところが結構好き。

いつの映像でも、ヒガシはかっちゃんと二人になると急に子供っぽい空気になって
ほのぼのした画になるのね。
特にダンス。

天才ニッキとのツーショットは緊張感いっぱいで、
かっちゃん相手だとラクして・・・
っていうことが言いたいのではないわよ!
なぜかこの組み合わせになると甘酸っぱい「少年」の空気が漂うんだ。この二人。

ま、それはさておき

ヒガシの物まねをするかっちゃんがかわいいわあ。
三枚目に徹するシーンはこの人天才。

   ・
   ・
   ・

そうなのよ。
少年隊の分析がしたいんじゃないのよ。

こんなことを思いながら夜中にDVD見てたのよ。

そしてまさにドラマが佳境になって来たとき・・・

なんか臭うんです。
焦げ臭い、ではないんだけど「あれ?」っていう臭い。

台所はとっくに片付けたし何だろう。
窓を開けてみても外は何の変化もなし。

私は今寝室にいて、PCでDVDを見ているだけ。
PCも異常なし。

気のせいかな、と思い込むことにしてDVDに目を戻してしばらくすると・・・

後ろにファサっという音が。

何???

振り向くと、私の後ろ50僂らいのところ
ベッドの上に電気のカサが・・・

なななんと、
プラスチックが溶けて
電球の大きさの穴があいて落ちちゃったんです。
溶けたプラスチックがまだ電球に残っていて臭い。
これかあ・・・

これはもともと大家さんが用意していた電気で、
プラスチックが安っぽくてあんまり気に入らなかったんだけど、
まあとりあえずないよりいいか、と使っていたもの。
またしても私の第六感が嫌がっていたのはデザインではなかったんだ、
と思い当たった。うへえ。
プラスチックの手触りがいかにも普通のプラスチックだったからなんだ。
まさか耐熱じゃないふつうのプラスチックがついていたなんて。

しかも構造的にも問題があるものだったのが外れてみてわかりました。
プラスチックのカサがのっていた部分が金属製で、電球以上に熱くなってる。
今日までも毎日何時間も電気はつけていたわけで、
今日急に溶けるわけはないから毎日少しずつ溶けていて下がってきていたんだろうなあ。
で、とうとう本格的に致命的なところが溶けちゃったんだ。

こわいことです。
まだ部屋のレイアウトを悩む日があって、うまく寝つけない日には逆さまに寝てみようかな、
なんて考えがよぎる日があったのだけれども
そうすると頭がちょうど電気の下に来るのでやめていたんです。

やっぱり万一ってあるんだあ・・・ブルブル。

こんなの考えるとさあ、
もし私が電気をつけっぱなしのまま
うっかり外出していたら・・・なんてことも考えちゃう。
こわいこわい。

で、これ以上電気をつけていると電球に残ったプラスチックが本当に燃えそうで
電球を新しいのに替えようと思ったら、プラスチックで金属の部品とくっついちゃったみたいではずれない。
天井が高い部屋なので、ベッドの上に脚立を載せてどうにか電球まで手が届いたけれども、
長く挑戦できる体勢じゃないし、あんまり力入れて電球が割れたらベッドの上に破片が落ちる。
それは悲惨すぎるのでやめて
別の部屋からフロアランプを運んできた。
ううう。
うしみつ時にする作業かこれが。

とにもかくにも、
またもや落ち着かず、よく眠れないまま夜が明けました・・・

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートを展開中

注)最近は少年隊の話題が出ても大先輩扱いで錦織さん、植草さん、東山さんっていう呼び方をされることが多いので念のため書いておくと
錦織一清=ニッキ。植草克秀=かっちゃん。東山紀之=ヒガシ。
こんな説明が要る時代が来るなんて・・・(汗)

「おはなしコンサート」(童音社)復刊にご協力ください。
復刊.comは基本的には書籍の復刊活動だけど少年隊のVHSもなんとかならないかしら?

深夜の事件?(2)あわや・・・?前半

実は大人買いした少年隊プレゾンは、夫がDVDにダビングしてくれたのに
私のPCでは再生できず見られないままでいます(涙)
ちゃんと見られるのは最初からDVDで発売されてた「新世紀」と「Change」しかない!
ううううう。
大人買いの原動力になった小南くんや若様が見たいよお。

さんざんニッキ礼賛してましたが、私にとって主役はやっぱりかっちゃんで・・・

(DVDが見られない鬱憤を晴らそうと思って
「だからバスフィッシングがやめられない!」まで注文してみたけど、
紀伊国屋さんからしばーーーーーーらくしてから入手困難の連絡が。さらに鬱。
追記:さらに後日どうにか入手しました。http://kinkochan.blog.jp/archives/52678263.html

で、仕方がないので
また夜中に「Change」を見てました。
何回目だ?

ちょっとねえ、後輩の見せ場が多くて物足りないんだけどねえ。
最初こそ、ハセジュンを見て、「あ、ショカツの女10で共演していたあの子ね」
な〜んておもしろがれたけど。

とはいえスリムになったかっちゃんはかっこよくって
女ったらしが素敵よ〜〜〜❤

歌うと急に甘くなっちゃって。
ダンスはせっかく痩せたんだからもっとバンバン踊ってほしかったけどね。
なんか振付師なめてないか?
最後のインタビューで、さんざヒガシとニッキをほめていたのは仕方ないし、3人が違う色を出すっていうコンセプトも受け入れますが、lyrical担当のかっちゃんも、lyricalなりにもっと魅力を引き出してよ。プンプン。

ま、いっか。
とにもかくにもきれいな顔とスラリとした足を眺めてうっとりしましょう。

・・・ということで、タイトルからはずれて少年隊プレゾンについて熱く語りすぎちゃったので、
次回へ続く・・・

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートを展開中

「おはなしコンサート」(童音社)復刊にご協力ください。
復刊.comは基本的には書籍の復刊活動だけど少年隊のVHSもなんとかならないかしら?
Archives