Kinkoちゃん随筆

書に遊ぶKinkoちゃんの気ままな日常 ・・・現代アートから海外情報、最近なぜか少年隊まで⁈なブログ

2017年07月

EMS受け取りin スペイン

世界は狭くなったはずなのに、荷物のやりとりは大変です。

春以降、運び屋の夫の出張が次々キャンセルになったため仕方なく夏服を送ってくれたのですがまだ受け取っていません。

6月26日に発送して28日にはマドリッドに到着していたというのに・・・

本来
A)45€以下の荷物は無税で受け取れます。
B)150€までは関税なしでIVA(消費税みたいなの)だけ取られます。
C)それ以上は査定?の上関税「も」とられます。

というのが建前で、150€までなら止められることなく発送から1週間もすれば手元に届くはず。

昨年末に冬服を送ってもらった時は
それこそ発送から一週間で荷物が届き、
20ユーロ弱のよくわからないお金を取られて完了しました。

明細には
なんちゃらかんちゃらの手数料と送料という内訳があって
公表されている税金の規定には書かれていないお金です。
しかも国際郵便のEMSで送っていて日本ですでに送料を払っているというのに税関から家までの送料をあらためてとられるというわけわかんない仕組み。

ただ、べらぼうな金額ではなかったし、配送のお兄さんに文句を言っても何もできないと思ったのでとりあえず支払って受け取り、遅ればせながら冬のコートに袖を通したのでした。

さて、今回も同じ程度の荷物なので、
せいぜいその20ユーロくらいのなんちゃらはとられるかもしれないけど
新しい服を買い足すよりかは安いしな、
なんて気楽にかまえていたのでしたが・・・

発送から1週間後ポストに封筒が入っており、
これこれこういう手続きをせよとの文書が入っていました。

方法は3つ。

1つは郵便局のサイトから手続き
2つめは税関にこの書類を記入の上返送
3つめはいまいちよくわからないけど、どうやら手続き請負業者に頼むような感じ(明記されていないけど手数料は別途らしい)

で、まずは一番簡単そうな1番で、ホームページでやり始めたのですが、すぐに発覚したのは私のビザだと手続き不能ということ。
大家さんに相談して大家さんが「輸入業者」で私に発送する。という体裁で手続きをすすめることになりました。
でもこれねえ。私のだけじゃなくて大家さんのIDカードのコピーまで送らないといけないんです。
しかも、発送の際にきちんと送り状をつけているにもかかわらず、大家さんも私もそれぞれ別々にinvoiceを発行して中身の説明をしなくてはいけない。
加えて荷物を引き取る私に関しては、この住所にちゃんと住んでいる実態を証明する書類まで添付。めちゃくちゃ面倒です。

書類提出をクリアして待つこと1週間。
やっと来たのは
「金払え」
の通知。
冬服の時と同程度の荷物なのに今回は手数料だけではなくて課税されるらしい。

申告した中身の総額(33ユーロ)プラス送料(77ユーロ)の総額に対して20パーセント弱くらいのIVAがかかって、そこにまた前回同様の手数料とかなんとかで、合計75€。
ほぼ古着で新しくお金を払って買った品物はお茶1000円分くらいのもんなのになんだかな〜。
ただ、
送料に関しては実際はEMSで16000円かかっているので、77€と書かれているのがよくわかんないんだけど、これはあっちが勝手にしたことだからなんとも。

とにかく1週間以内に入金がなければ国に返送。との脅し文句が書かれているので
すぐに入金して、さらにはちゃんと払ったよ、と領収書を送って再び待つ。
すると、今度は
薬品の検査をします。しばらく待ちなさい。
との連絡。
まじか〜。開けんのか〜。

で、さらに1週間待って、今日ようやく発送しましたの連絡が来ました。
マドリッドに着いてからすでに3週間経過・・・。

いつ受け取れるかな。
この様子だと追加料金は発生しないみたいだけど・・・
(注:先日請求された金額はあくまでもこちらの自己申告額を信じての手続きなので、実際に中身を調査した後に変更があれば返金ないし追徴ないしがあるっていうシステムなんです。とりっぱぐれないためにとりあえずとる。みたいな)

去年バルセロナに着いた時の最初のトラブルも荷物が税関で止まる。だったけど、
この手続きをアーティストインレジデンスのディレクターが全部してくれていたわけだ。
今更感謝。

でも、あの時は古着じゃなかったので、中身の購入時の領収書っていうのを提出して、日本語で書いてあるからダメだのなんなの文句がついたらしいながらも翻訳を添付するっていうことに落ち着いて、なんていう違うやりとりがあったっけなあ。
その時の中身は新品の紙。
販売用じゃなくてアーティストが使用するためのものだ。と説明をつけたとはいえ、
新品、しかも今回より金額がはっていたのに
結局は無税だっただけではなくて、そのなんちゃら手数料すら発生せず。

わからん。

なんにせよ、送るっていう作業は極力避けないと。

これってスペインだけの話じゃないし。

う〜ん。頭が痛い。

ま、今回の荷物は受け取るだけになったから一つ肩の荷は下りたけど。
仕組みもようやくわかったし。

やれやれです。

追記:
翌日受け取れました・・・。
でも初めて開封の跡が!
ナイフでグサッと段ボールを開けたようで
ヒエ〜〜〜!って感じ。
はじっこに破れちゃうものがなくてよかった(汗)
中をごちゃごちゃにされることはなかったので
それだけはよかったけれど・・・

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中

「おはなしコンサート」(童音社)復刊にご協力ください。

Duolingo(デュオリンゴ) 3か月=ツリー完成

duolingo

Duolingo
(デュオリンゴ)
スペイン語学習
87日目終了。

重い腰が上がらず復習ばっかりしていたのだけれど
一念発起して前に進みツリーを完成しました。
全面金色〜。

この金のフクロウはご褒美のトロフィーだそうです。

このあいだも書いた通り実際はあと1週間やっているので
ここまで94日くらいで
レベル18
リンゴット341獲得
流暢さ40パーセント
出てきた単語2052

ツリー完成というのはつまり
問題集だったら全問正解するまで解いたよ。
という意味。

スペイン語の難関接続法
=英語でいうなら仮定法まで一応やったということです。

さ〜て問題はここからだ。

解いたって言っても活用表みながら
アップアップ(涙)

いつになったらすらりと口をつくのかしら?

こういう時には厭かずにつきあってくれる
活用練習ロボットみたいなのがほしくなるなあ

Duolingoさん Duolingoさん。
なんかまた新しいゲームみたいな企画増やさないでしょうか。

Duolingoの基本的な考え=人は忘れる。

ごもっともですが、

「人は飽きる」

っていうのも大いに考慮してほしいです(汗)

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中。

「おはなしコンサート」(童音社)復刊にご協力ください。

インド映画がプリキュア???

いや〜すっかりダンス好き!のKinkoです。

少年隊では飽き足らずこんなものまでみつけちゃった。
インド映画onプリキュア

もともとインド映画は好きだけど。

飛行機の中でもインド映画観てると時間が過ぎるのが早い!

こっちに来てから買ったDVDは
Lunch Box (邦題:めぐり逢わせのお弁当)

Traces of Sandalwood/ Rastro de Sandaro
(邦題不明。ムンバイとバルセロナが舞台の映画)

いずれもよかった。
相当いい映画なので是非おすすめ!!!
なんですが。

ダンスがなかったのだ!!

やっぱりインド映画はダンスがないとね〜。

Lunch Boxのような映画にどう放りこむのかはイメージできませんが、
スラムドッグ・ミリオネア(日本では「おくりびと」とアカデミー賞を争ったことで話題になった映画)でさえ突然のダンスシーンで締めくくったんだからインドならやる気になればやっちゃうんでしょう・・・???

ついでにこっちもなぜかダンスと曲がぴったり合ってる。
妖怪ウォッチ編。
本家より好き。(追記:残念!リンクが削除になってしまいました)

どなた様のイタズラか知りませんが、こういうお遊びなら楽しいわね♥

著作権的には問題があるお遊びかもしれないですが・・・
せめて元の映画のタイトルを教えてくれたら探して見られるのに。残念。

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中

おはなしコンサート(童音社)の名曲たちもダンスと合わせた映像とか素敵だと思う。
「おはなしコンサート」(童音社)復刊にご協力ください。

ギャラリーに!の価値(3)

(つづき)

でも、私がいま挑戦しているのは日本の貸ギャラリーじゃなーい!!

そもそも貸ギャラリーというのは日本独特の商売ですから。

本来はプロの画商がプロの作家の作品を扱うわけです。

それが商業ギャラリー。

他の商売と同じで、
仕入れたからと言って売れる保証はありませんが
ギャラリーは場所を提供して、宣伝費をかけて、、、と
投資をしなくてはいけません。
ギャラリスト自体もリスクを負うわけなので、
アーティスト選びも慎重になります。
いいギャラリーはすでに実績のある作家で飽和状態。
新しい作家が入り込む余地なんて滅多にありません。

しかも、
それぞれのギャラリーは専門を持っているので、
いくら力のあるギャラリーをみつけても
私の作品と全然違う方向性のギャラリーであれば最初からご縁はないのです。

コネのない無名のアーティストが
自分に合ったギャラリーに出会って
投資してもらえる確率はものすごく少ないというわけ。

それでも!

今までも、
作品は高評価してくれたギャラリーはいくつもあったんです。
(作品を見てもらえるだけでも実は大変だったりするんだけど)
それが

「日本は遠い」

という現実的な壁に阻まれて取り扱い不可。
涙涙の日々。
実際問題作品の運搬についての費用と手続きは結構な大問題で。。。

と。

ここまでをなるほど〜。
と思ってくださったあなた!
7月6日の記事をもう一回読んで感動を分かち合ってくだされば幸いです。

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中

「おはなしコンサート」(童音社)復刊にご協力ください。

ギャラリーに!の価値(2)

(つづき)

なんでこうなっちゃったんでしょうね?

日本には昔から優れた芸術があって、
芸術家を支援するパトロンもいて、
世界に名だたる芸術を生み出してきた国なのに。

もちろん現在の日本にもプロの画家さんや彫刻家さんたちが存在しているけれど、
純粋に作品で生きている人は何人いるのか?

新聞屋さんが宣伝してバカみたいに人がおしよせる
ピカソ展、みたいな大展覧会は日本各地で開かれているけれど
それって過去のスターの作品じゃないですか。

現代の作家の作品に出会う場所って少ないでしょう?

で、そういう層を飛ばして
あっちこっちでみかける
「○○展」というのは、貸ギャラリーで自主開催しているものがほとんどですよね。
貸ギャラリーというのは、
お金を払って場所を借りるわけなので、
よっぽどひどい内容でない限りは、予算と日程さえあれば借りられるわけです。趣味でも。

借りた間はここでの時間と空間は自由に使える

というメリットはありますが
基本的には自分の知り合いが来るだけのことなので
その先の可能性はあまり期待できません。
行く度にレベルも種類も変わってしまう空間ですから
貸画廊めぐりが好き、という趣味の人もなかなかいないのではないでしょうか。

まあそれが日本の現状なので、

「今度個展やるんだ!」
とか
「ギャラリーが作品を置いてくれたんだ!」
と言っても、
この貸ギャラリーを想像されてしまうことが多い。。。残念すぎる(涙)

「へえ。いくら払ったの?」
みたいな。

ひどい人になると
「お金払ってまで見てもらいたいの?物好きだね」
くらいのことまで言っている人もいます。

(つづく)

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中

「おはなしコンサート」(童音社)復刊にご協力ください。

ギャラリーに!の価値(1)

月面着陸並みの一歩。

前回のできごとをそう喩えました。

でも。

残念ながらこのブログを読んでくれる人は99.999パーセント日本人なので
まったく伝わってないんだろうなあ(涙)

なぜなら
日本でいうアートやアーティスト、そしてギャラリーという言葉は、日本の外での定義と相当違っているからです。

日本で職業を聞かれて
「アーティスト」
なんて答えようものなら

「真面目に答えろ」
とか
「真面目に働け」

返されます。
(口にしなくても思ってますよね)

ミュージシャンを指す言葉として使われる以外では、
本来の意味での芸術家、美術家を指す言葉として使われないし、
芸術家、美術家と名乗るにしても
自分でそれ言うかよ、みたいにバカにされかねないのでなかなか使えません。

日本の外では、私の職業はartistと一言いえば通じます。
しかも、
artistと名乗っただけで
(つまり作品を見ていなくてすら存在に対して)

「おめでとう!」
(artistになれたあなたの幸運に)

「あなたに会えてよかった!」
(artistに会えたことが幸運です)

「あなたがうらやましい!」
(できることなら私もartistに生まれたかった)

といった反応があります。
こういうセリフはそんなに特別なことではないし、セリフにまでしなくても
パッと表情が明るくなって
懐を開いてくれる空気があります。

それなのに、
日本人に名乗ると
逆に「?」っと間があいてしまって
「こいつどう扱ったらええんやろ?」
みたいな変な空気になってしまう。
これは残念ながら海外在住何十年、という日本人ですら9割がたそうなっちゃってます。

本当に日本人で芸術を志すっていうのは大変なことなんです。
心が折れることばっかり!

日本では何故かアスリートだけは「努力の人」として礼賛されるのに、
他のプロ、
とくにartistに対しては「努力」の対極にいる人のような扱いですからね。

(つづく)

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中

「おはなしコンサート」(童音社)復刊にご協力ください。

貴重な一歩!ギャラリーに入った!!

IMG_B&B galleryb

なななんと。

ギャラリーが作品を置いてくれることになりました(感涙)

いきなり個展ということではないけど、
いつでも見られるところにかけていただいてます。

キターーーーっ!!

まさかこんなに早く実現すると思わなかった・・・

ヨーロッパのギャラリーに自分の作品。
夢が叶った。
まだ販売には至っていないけど、
月面着陸並みに貴重な一歩です。私にとっては。

超うれしい出来事なのに、
はたまた超嬉しい出来事だから?
興奮し過ぎたのかな?
昨日は昼過ぎから寝込んでしまった・・・。

しっかりリセットして
次なる波に備えて制作だ!!

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートを展開中

おはなしコンサートにもいいこと起きないかな?
「おはなしコンサート」(童音社)復刊にご協力ください。
Archives