Kinkoちゃん随筆

書に遊ぶKinkoちゃんの気ままな日常 ・・・現代アートから海外情報、最近なぜか少年隊まで⁈なブログ

2018年06月

MUACで「どうしようもない」

MUACというのはMuseo Universitario Arte Contemporaneo (UNAM)の略で、メキシコでも有数の現代アートの国立美術館です。
建物自体がおしゃれな建築で、展示内容もおもしろい。
一般的な観光ルートからははずれているかもしれませんが、実は駅も近くてアクセスしやすいのでアートがお好きな方にはおすすめの一つです。

5月18日はInternational museum dayとされていて、毎年決まる同一テーマにそって、いろんな国で入場が無料になったり催しものがあったりします。日本では「国際博物館の日」と訳されていて2002年から参加しています。まだあんまり知られていない気もしますが美術館博物館だけでなく動物園や水族館なども含まれるのでその日にお休みがとれたらチェックする価値あるかも。

MUACでは今年このInternational museum day(国際博物館の日)に合わせて18日(金)と19日(土)の二日に渡って特別企画がいくつか用意されていました。
私のパフォーマンスもそこに入れてくださって
どうせなら土曜日のほうがいいんじゃない?
ということで19日の昼下がり、中庭でのパフォーマンスが実現しました。

Anish Kapoor作の鏡とコラボっていう画面もなかなかできないよ!

とギャラリーのボスも大張り切り。

2.4m四方のアマテ紙を3枚並べて音は墨と筆と紙から生まれる音だけでパフォーマンス。

パフォーマンスの時はいつもそうするように
奇をてらったものではなくて書そのものを書きました。
でも現代の書はこんなにバリエーションが楽しめるんだよ。という試みで3種。
動画はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=Arvd2CyKo1M

中庭だから問題ないかと思っていたら開始と同時に強風が吹き始め、
下敷きごとぶわーーーっと舞い上がって大騒ぎ!
と、いうわけで
なぜかいつもメキシコの屋外パフォーマンスの動画では紙の上にコップや石がいっぱい乗っかっているという不思議な光景になってしまうんですが、今回もその辺はご愛敬で。
今回学芸員さんたちまで乗っかっています。。。

二番目に書いた作品は荒々しいので読める人は少ないと思いますが
「どうしようもない」
と書いています。

こういうネガティブな言葉は日本で書として書くっていう機会はなかろうと思って敢えて書いてみました。
裏話をすれば、何を書くか考えているときに
ヒガシの「どうしようもない」が頭の中をぐるぐるし始めたのがきっかけなんだけど・・・
これも天啓。
このネガティブな言葉を激しい表現にすることで、逆境にも立ち向かう強い姿勢を表現する。
というテーマの作品に昇華いたしました。
実は一番反響の大きかった作品です。

若かった頃のヒガシの「どうしようもない」はちょっとひ弱で曲に負けちゃってる印象があったんですが大人になるにつれてどんどんよくなっていきました。
見ている時は夢中になるってことがないのに時々無意識に口をつく不思議な曲です。
本当に芸術っていうのはどんな形で人に作用するかわかんないよねっていう例の一つ。
「どうしようもない」はこんな曲。ヒガシがほそ〜い!

ああ早い。
あのパフォーマンスから1か月が過ぎました。
片づけて車に乗った瞬間に雨が ダーーーーー!!!と降り出したんだった。
わずか半日のできごとでも準備時間の灼熱地獄からの突風騒ぎ。
そしてどしゃぶりの中の帰路とめまぐるしい時間だったっけ。
そして熱心であたたかい観客。
いい日だったな。忘れないようにしよう。
忘れないか。

あの日はこんなかわいい助手もあらわれました。
IMG_3746b
彼女の心にもどんな形でもいいから何か残っていてくれたら嬉しい。
アートの力を信じよう。






追記:この日揮毫した作品のMUAC収蔵が決まりました

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中

毎度の補足ですがヒガシは少年隊の東山紀之です。

「おはなしコンサート」(童音社)復刊にご協力ください。
復刊.comは基本書籍の復刊活動だけど少年隊のVHSもなんとかならないかしらん?

少年隊ニッキ!5時に夢中

や!
久々に動いてる「現在の」ニッキ拝見。
めっちゃいいじゃ〜ん!

スマスマに出たときより若返ってるし。
なんか妙にかわいい♡
色白のおはだもつるつる  お目目ぱっちりでいいぞお。
顎もすっきりして華奢さが目立ってる。

ヒガシだけが若さをキープして他の二人は老けた
みたいに言ってる人多いですけど私は違った意見。
たしかに30歳前に生え際問題を発症してしまったニッキには正直
「やめて〜〜〜〜〜!!」
って感じでしたよ。
こーゆーお仕事なんだから気にして!隠して!
って。
もともとおませさんだからいつでも二人よりずっと年が離れて見えるのに
もはや別の世界の人みたいだよ。
どーしてくれんの?
みたいな。

単なる同世代でもそんな気持ちになったものよ。

もはや見る側のこちらも年を重ねて
30歳なんぞはまだまだ若造に見えてしまう今では当時の映像を以前のようには拒絶感を持たずに見られますが(それ以降の作品のよさも知ってしまったし)
はたしてそれからさらに20年たった今、
なんということでしょう!
今度はむしろきれいな50代になっているよ。

「若さ」をキープにこだわり続けたヒガシはちょっとした劣化の兆しが見えると逆に目立ってしまう気が・・・。

そういう意味でかっちゃんとニッキが年相応に変化してきた結果の今の顔は
とても素敵で、若さ追及一辺倒の我々の意識に一石を投じてくれているなと感じています。
そりゃあ「少年」の姿から離れた時期はみんなの想像より早く来たのかもしれないけど、それも見ている側の記憶や期待が若すぎるだけかもしれず。。。大変な立場なのが今ならお察しできます。
現実を見渡せば実際の同い年たちはもっと変化しちゃってんだからね。
でも、こういうタイプって
早く大人の顔に見慣れさせてくれた分この先老けないのだ。
期待が膨らみます。
この人たちけっこう早い時期から「ヒガシみたいになりたくない」って言ってましたっけね。
見た目だけじゃなくて踊り方も大人のスタイルに進化していました。
賢い。
我々より早くからずっと先を見ていたんだなあ。

ヒガシのためにも早く3人の場が訪れた方がいいんだよ きっと。
一人で色々背負って疲れてる感じも受けるから
肩の力抜いてキャッキャやらしてあげたい。
ヒガシが一番生き生きしているのって3人そろった時だものねえ。
そしたらいい皺が刻まれて一人ではできない「いい顔」になるんじゃないかしら。
な〜んてね。
ヒガシが無理して若さを維持っていうのも勝手な見方で、この人もともと童顔だからなんでなくても若く見えてきたってところもあるし。老けたっつってもみんながつい忘れそうになるだけで51歳っていうのが現実なんだしね。この人については容貌のことよりもキャッキャしているところが見たいっていう気持ちの方が強いかも。それ言い出したらかっちゃんもしぶい役者の姿以上にハハハハハハハって思いっきり笑っている顔が見たいって話になるけど。


さてさて見た目ばっかりにコメントしてしまいましたが
そらあニッキ様
トークはばっちりぴったりでしたよ。

板についてる。

毒舌も下ネタもさら〜りいい感じ。

もう前からこの番組やってるみたいな溶け込み具合。
早くレギュラーになっちゃえばいいのに!

植草、ヒガシの名前もポンポン飛び出して楽しかったし。
マンション「ハピネス○○」事件の真相も語っていらっしゃいました。
次があったらまた違うこと言いそうだけど。
そのテキトー加減もこの番組に合ってんじゃない?

少年隊プレゾン’MASK’でのミエさんとのシーンもけっこう映りましたねえ。
今の番組の中に放り込まれるとまた若きニッキのかわゆさが際立ったりして
久しぶりにMASK見よっかなーって気分に。

残念だったのは
せっかくミッツさんが少年隊3人としてコンサートとか活動とかは?
ってふってくれたのにはぐらかされちゃったこと。

何が問題なのかなー。

みんな元気なうちに集まんないかなあ。

秀樹の訃報に「元気なうち」を意識してしまう今日この頃・・・

さてさてMXテレビはアップロード狩りをしていないみたいなんで
見られなかった方は「こちら」をどうぞ。
ニッキが出演したのは2018年6月8日(金)です。

(追記:なななんと削除されたみたいなんで別の動画にリンク差し替えました・・・。
おそるべしジャニーズ。。。ジャニーズが損することなんてないだろうに・・・
こちらのリンクもいつまで見られるやら←さらに削除されたのであきらめました)

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中

「おはなしコンサート」(童音社)復刊にご協力ください。
復刊.comは基本書籍の復刊活動だけど少年隊のVHSもなんとかならないかしらん?

少年隊かっちゃん2018!未解決の女5

う〜〜〜〜〜
今回の時差ボケはきつい〜〜〜

目の前に緊急の用事がないから疲れにまかせてダラダラしてしまう・・・

結局今晩も日付が変わる前に寝る支度はすべて済ませつつも
今こうして書いているのは午前5時。
メキシコの夜10時です。

で、こんな時間まで何をしていたかと言えば・・・

ドラマ鑑賞です。
久々に過去の映像じゃなくてほぼリアルタイム。

かっちゃんが5月17日(木)放送だった「未解決の女」第5話に出演していたのを知ってしまい、
んでもって見ることができてしまった・・・

2018年現在、51歳のかっちゃんだ!

単なる医者じゃなくてとうとう大病院の院長役。

白い巨塔みたいな登場です。

妙に風格あって似合ってる。

といってもこの風格。
すごい年上に見えて驚きました。
役づくりの成果?
だったらすごいわね。

このドラマ、かっちゃんだけじゃなくて鈴木京香にしても沢村一樹にしてもやたら老けてる。
宮迫さんもそのほかの人たちも他の番組で見るより劣化が強調されてて気になりました。「博多っ子純情」の人とかも・・・(どうしても名前が覚えられない)

ドラマはしょせんファンタジーなのだからテレ朝さん。ライトとか映像とかでもちっとよく映してもいいんでないでしょうかねえ。話に集中させてほしい。
変なリアリティいらないから。
話はドラマ的ご都合だらけなのに
リアリティで止まってくれればまだしもってくらいな映像だし。
だって若手のお肌ですら「おっと」って思うところがあったわよお・・・

そういう意味でかっちゃんは「劣化」に見えなかったからいいのかもしれない。
やっぱ美形なんだよね、っていう印象のほうが強かったもん。
マスクした目元が素敵♪
眼鏡がお似合いです。
美しい手も健在で、しかも今回手のアップがいっぱい!
「いい声」も健在。いっぱい聞けてよかったわ♡
やさしいセリフはこの声にぴったり。いい人の役でよかった。

折々ずんぐり見えちゃって残念なんだけど
これからの年齢だとそこは気にしなくていいのかしらね。
風格あったほうが役の可能性が広がるわけ?
いや。まだまだあきらめないでほしい!
この顔だもの。痩せたら相当かっこいいはずだ!

前から書いてますが、とっても「いい顔」になってきているので
今後こそますます活躍の場がありそう!
警察署長とか病院長とかばっかりじゃなくて
下町のおやっさんみたいな元気な役も見てみたいものです。

次はいつ見られるかな〜?

今週は少年隊ウイークだ。
水曜日は毎月恒例の「おもしろい大人」。
金曜日はなんと「五時に夢中」に出ちゃうんだね〜ニッキ!
これまた久々のお顔拝見です。楽しみ〜。

補足:もちろんかっちゃんは少年隊の植草克秀で、ニッキは少年隊の錦織一清です!

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中

「おはなしコンサート」(童音社)復刊にご協力ください。
復刊.comは基本書籍の復刊活動だけど少年隊のVHSもなんとかならないかしらん?
Archives