Kinkoちゃん随筆

書に遊ぶKinkoちゃんの気ままな日常 ・・・現代アートから海外情報、最近なぜか少年隊まで⁈なブログ

2019年01月

頭がよくなりたい!

今年最初の願望がこれ。

トホホ。

実は今突然思い立ったことではなく常々思っていることを痛切に再認識したにすぎません。

相変わらずスペイン語が上達しないことにも
英語すらいまだにモヤモヤしながら使っていることにも
意味がわからない日本語にまだまだ遭遇することにもがっかりしながら生きております。

今年最初のアクティビティは読書。
注文していた美術、現代アートの本がドサッと届き、とにかくザっと頭に入れてしまいたい本が10冊以上目の前に積まれています。
最低限の知識として入れておきたい内容なんですが・・・
いきなり最初の1冊目で手こずっています。

内容が難解すぎるわけではない。
けっこう肌で知っている情報も多い。
新書と違って3000円近くする専門書だから1時間で読めちゃったりしないのはわかっている。
だけど量とイメージしたスピードのギャップが大きすぎるうううう。

論文書いたりするわけじゃなくてザっと入れたいだけなのよ。

なのに進まない。覚えられない。

こんな時。
痛切に思うんです。

こんな本サラ〜っと読んじゃう人っているんだろうなあ。って。

仕方ない。
持って生まれた頭でやるしかない。

休憩(愚痴)おわり!
少しでも進みます。

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中

次の本へ3:しごと編

978-4-908087-09-7_web
「次の本へ3:しごと編」
が発売になりました。

この「しごと編」は神戸新聞連載企画
「次の本へ」の記事をまとめたものです。

さまざまな職業の人たちが、どんな本と出会ってそこから次にどんな本につながったのか語っています。

装丁は「13歳のハローワーク」みたいな印象を与えるかもしれませんが
大人が読んでもおもしろいし、もちろん子供へのプレゼントにも。

私も他の方の記事を読んで興味が湧いた本がたくさんあります。
今まで手に取ったことがない分野の本を読むきっかけになりそう。

私の記事は180ページから。
ピアノ調律師さんと元産婦人科医の美術収集家さんの記事の間です。

新聞と違って私の写真は載っていませんが、おもしろがってくれる人がいたらうれしいです。

詳しくはこちら↓苦楽堂
http://kurakudo.co.jp/
もちろん全国の書店やAmazonでもご購入いただけます。

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中

2019年 🐗

IMG_4122新年あけましておめでとうございます。

環境にも慣れてきた今年は原点に帰って稽古に励み
落ち着いた心で新作に向かえたらと思っております。

叱咤激励のほどよろしくお願い申し上げます。

書家・美術家 金子祥代
Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
Archives