ハリケーンやら橋から落下やら、大きな災害・事故のニュースが続きますね。

さて、宮城の地震の時に電話が通じなくなったお話をしましたが、Kinkoの疑問に応えて(???)火曜日の毎日新聞が伝言ダイヤルの特集記事を一面使ってやってくれました!

回線がパンクしたのではなくて、電話会社の方が制御していたようですね。

で、そんな時に安否を確認する方法をいくつか紹介してありました。

ひとつが伝言ダイヤルで、171をまわすだけなので簡単です。
これは災害時のみ運用されるのですが、毎月1日や防災の日には体験できる、ということで、何故か災害に縁がある我が家。さっそく昨日体験してみました。
NTTのサービスですが、ケータイからもかけられます。

実にお手軽でわーっ!便利!・・・でも、大きな問題が。

いざ の時は、被災地の電話番号でしか伝言できないのです。

我が家の場合、夫はどちらの時も出先で被災しています。
転勤や出張が多い人はそういう可能性が高いし地元の人より万一の時に消息がつかみにくいのです。
携帯のパケットでも同様のサービスがある、との事ですが、ケータイ同士でなくても使えるのかな?こないだはメールもできなくなったみたいだけど。

さらなる対策を期待したいです。
阪神大震災の時は公衆電話が使えなくなってしまって連絡が途絶えましたが、今は、無料で使えるようにする場合もあるのだそうで、対応が早ければそれが一番確実なのかな?やっぱり公衆電話は減らさないでほしいものです。
被災しないのが一番だけど、いざ、の時レーセーに行動できなきゃね。

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中