Kinkoはただ今とっても幸せです。

誕生日もあったし、これからクリスマスも楽しむけど、そんなイベントもかすむくらい幸せです。

雪の日の澄んだ空気に差し込んでいる陽の光が、そんな気分にぴったり、というか、私が染まっているのかな。

とても幸せな静けさの中にいます。

今月は色々なことがありました。
まず、12月10日、Kinkoの作品が出版されました!!
たくさんの作品の中の、ちっちゃ〜い写真ではありますが、素敵な椅子との組み合わせで作品が掲載されました。筆文字デザイン、というレベルではなく、「作品」を取り上げてもらったのは初めてで、小さな一枚ではありますが、大きな第一歩となりました。

12月18日には、2年がかりで取り組んできたプロジェクトが大成功をおさめました。

Kinkoは東京のとある小さな女子大を卒業したのですが、そこで、なんと(!)合唱団に所属していました。今年が50回目の定期演奏会という長い歴史と、500人を超えるOGのいる由緒正しき団です。が、長い歴史の中には色々なことが起こるもの。今でも存在はするものの、風前の灯火となっており、50年を前に元気をなくしていたのです。そこで、現役の応援とOGの結束を固めること、そして、バラバラだった現役とOGの橋渡しをすること、を目標に、50回記念演奏会を成功させるプロジェクトを立ち上げていたのです。企画、準備にも多くの人が関わり、もちろん途中意見の食い違いや、中にはとても辛い出来事もありましたが、当日はたった7名の現役のほかに100人のOGが参加して、演奏も上出来、打ち上げも盛大に楽しく終わりました。
楽しくて楽しくて仕方がない一日でした。
それに、現役が元気で、明るい兆しを感じたことも嬉しく思いました。

「やるからには成功する」

というのがKinkoの姿勢です。

だから投げ出すことは考えたことがないし、できる限りの準備はしたいと思っています。

今回も、とても大きなプロジェクトでしたが、成功に必要なステップを考えて実行すれば成功するはずだと思っていたので、ハラハラすることはありませんでした。

そして、結果は予想以上。
「やるべきことをやれば成功する」という確信がさらに強くなりました。

とは言っても楽しかったのがやっぱり一番だったよ〜。
やってみなくちゃこの楽しさはないもの。
うじうじ「イマドキの現役」をなじるより、実際接してやってみてよかったー!!

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中