芦屋においしい「土耳古料理」の店があります。

実はこれ、トルコって読むんです。

ドイツ人のイチローが一緒だったせいもあって、ドイツやらワールドカップの話やらトルコ人のマスターも加わって話がはずみました。

ドイツとトルコって全然関係ないのかと思ったら、ドイツの人口のなんと5パーセントがトルコ人なんですね。
ドイツには色んな国の移民を受け入れてきたそうですが、トルコ人が多いのだそうです。

そんなことから、マスターが
「この先、日本が強くなるには混血を増やさなければダメだよ」

マスターも日本に来て20年くらいになるそうですが、「日本の若者の目は死んでいる。」と。

で、また、混血論の根拠というのがすごくって・・・

マスターはもともと羊飼いをしていて、その後宝石商になって、絨毯も扱うようになって・・・という小説に出てきそうな経歴の持ち主なんですが、その羊の群れが、外の羊と交わることなく、その中でだけ暮らしていると、生まれる羊がどんどんひ弱になるのだそうです。
で、いい羊を作るためにオスはみんな処分して、他の群れからオスを入れると、とても元気な群れになるのだとか。

なるほど〜。

で、日本で結婚したマスターの子供たちは混血。ありがとー!
で、イチローも実はお母さんが日本人で混血。
君たち☆未来の日本を頼んだよ〜。

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中