3月。
Kinkoはたっくさんの出会いがあるのだそうな。
いやはや私もすっかり「占い」を信じてしまっていますが、
いや、しまって、っていうのは語弊がありますが、「うそでしょ〜?!」って声が聞こえてきそうだから。
いや、私も信じてなかったです。ショージキ。。
でも、この家に引っ越してきたときの顛末で信じざるを得ない占いが出たし、すごい助けられたから。
で、ちょいと前に「魔が差して」じゃなくて、ふら〜っと久々に行ってみたりしたばかりだった。

で、今日。
ちょっとしたパーティ会場で、周りでは名刺交換が盛んに行われている中、ちょっと違う空気の私はどーしたもんかなー。っとぼんやりジュースを飲んでいたんですが、目の前で何やら盛り上がっている。ちょっと独特の衣装(?)の人が二人輪の中心にいて、楽しそうな空気。で、なんとな〜く気がついたら一歩前に出てしまった。自然に輪に入れていただいたら、なんとその方たちは占い師さんとお弟子さんでした。で、お話していたら、なんと太っ腹。その場でチャチャチャと占いが始まり、私なる人物とここ3ヶ月くらいのお話をしてくださっちゃったのです。そしたらやっぱり3月には素晴しい出会いがある可能性があるって言うのです。これは、↑のセンセにも言われたところなの。両方言うならあたりだよね。確かに2日から始まってる森岡書店での個展会場で、おととい4日、直木賞作家の堀江敏幸さんと大竹昭子さんにお会いして作品を見ていただくという機会に恵まれました。すごーい。
それにそれに、この太っ腹な占い師さんのいる「天使のうさぎ」は昨日見たばっかだった。名前がなんか見たことあるな〜、と思っていたら場所を聞いて納得。昨日元町商店街に急に行くことになって、歩いていたときに妙に気になっていて映像に残っていたお店(館かな?)の名前だった。出合う運命だったのかなあ。

先日読んだ本の中にこんなことが書いてありました。
ミリオネアは持っていなくてビリオネアが持っているもの。
それは占い師だ。
って。

まずは信じて3月を大事に生きよう。
んでもって、今日これを読んでちょっと占いに興味を持った方。
「天使のうさぎ」に行ってみては?