海外旅行といえば日本人がねらわれるのが「ぼったくり」

そんなのわかってるけど・・・
私の海外旅行でついに3回目のぼったくりに遭ってしまった・・・

せっかく最近パリのイメージがよくなっていたのに、なんだかなあ・・・

もも1個に1000円もとられたよ・・・

スイスに行ったとき日本一の●●賞受章とかいう立派なりんごが1個1000円で売ってたことがあったけど、きのう買ったのはそんな立派なんじゃないし、まあおいしかったからそこだけはよかったけど朝起きてから改めて考えてみてもおかしい。
レジの娘が値段打つときにオーナーらしき女性に「1個だけどどうします?」みたいに聞いていて、
そんときのオーナーの態度が「いいよいいよ」って感じだったんだよね・・・
その空気は感じたんだけどきっちり値段を確認する作業を怠ってしまった。
私としたことが。
おいしそうなデリのお店だったから今日は心おきなく美味しいもの食べて気分を切り替えよう!
と思って入った店だったんだけど、心おきなく=レストランよりお安く、のつもりが
お惣菜3種と桃1個で51ユーロもとられて目をむいてしまった。な、な、ななせんえん・・・
請求された時に「高っ!」っていう顔をしたらレジの娘が
「サーモンがあるからね〜」
って言うからしゃあないかなあ、なんてとりあえず払っちゃったけど、
そんな甘い額じゃないよなあ。

でもとにかく私、疲れてたんだ。

とにかく早くホテルに戻って食事して休みたかった。

で、食べてみたらサーモンもマリネも野菜も、そして桃もみんなおいしかったからカフェでランチを2回食べるのと同じ値段さ。ってほとんど納得しかかった。量は2回分あるから翌朝の分にもなるしって。
確かにレストランで魚料理をたのんだら結構な金額だし。

でも。やっぱり気になるのでようやく内訳を気にしてみた。
レシートにはトータルしか載ってなかったからあきらめかけたけど、お惣菜のそれぞれのタッパにkgあたりの価格と実際の量と価格が書いてある。
それで発覚。
桃に8ユーロもとられてた。
お惣菜はデパ地下と同じくらいなもんだ。
桃が絶対1個なのに1kgの値段つけられたんだ。
今日マーケットに行ったらさらに半額だったけどね。1kgの値段が。

くやしいけど、めっちゃ腹立つ〜!!!ってほどのパワーがないのも実際のところ。
あ〜あ。だめだ私〜ってぼんやり思うだけ。
結局疲れてる時ってつけいられるんだなあって思う。

なんか真央ちゃんがトリプルアクセルに失敗してこけちゃったのまで私のこの悪いムードのせいみたいに感じる。

ふああああああ。
早く元気出ないかな。
がんばれ私。

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中

「おはなしコンサート」(童音社)復刊にご協力ください。