で、そんな会話も思い出しつつ
少年隊の動画を探し続けたの。

そしたらいろいろ思い出してきた + 新発見いろいろ。

いや〜おもしろい。

そうなんだよ。
今でこそジャニーズNo.1とか言われているヒガシだけど、
最初は下手だったよね〜。
上体グラングラン。
音もよくはずすし声は悪いし。
顔つきも素人っぽさがいつまでも抜けなかった。

そーだそーだセミヌードで話題になってから火がついたんじゃなかったっけ。お姉さまたちにアピールの走りっていうか(よっちゃんもよく脱いでたけど)。
それからはお醤油顔っていうジャンルを作ってしまうほど人気が出てトントン拍子で今に至るわけですが・・・
(同時代にメンズノンノが生まれて濃い〜〜〜阿部ちゃん(阿部寛)が空前のブームだったっていう運も無視できないけど。そ〜よ〜ソース顔元祖は阿部ちゃんよ〜。ここは「カワサキキッド」の中でヒガシも記憶があやういのよね。あれはジャニーズから生まれたワードじゃないだわさ。そらまあ後付けで少年隊を分類したらニッキがソースでかっちゃんがケチャップなわけだけど)

アイドルとしての知名度も仕上がりも最初はニッキとかっちゃんの方があったんだよねえ。
なんたって「レッツゴーヤング」はとにかくみんなが見ていた番組だったし、
サンデーズは上手じゃないと入れないっていうのもみんな知ってた、そこに抜擢。
それまでと違って無名新人ばかりの時期だったとはいえ、かっちゃんは飛びぬけてた。
ニッキは合格しつつも辞退。ジャニーズ初の大河「峠の群像」出演のためですものね。

そんな思い出にひたりつつ動画を見ていると
当時以上にニッキのダンスのすごさがわかって驚いている。

ニッキがうまいのは当時から言われていたけど
基本的に当時は歌にしか興味がなかったので意識していなかった。

でも、その後の長い人生で、いろんなバレエやミュージカルに足を運んで
関心も広がって目も肥えた今、
少年隊のパフォーマンス全体に目が行くようになった。

そしたらさ。
すごいじゃん。
なんかうれしくなっちゃった。
今さらだけど。

プレイゾーンについては話題としては知っていたけど、実際を見たことがなくて
どのくらいすごいのか知らなかった。
でも
いくつかアップされている動画を見て
あー、見たかったなあ、と思ってます。
DVD大人買いしちゃおうかなあ、と思っているくらい。

その中で、ヒガシが着々と力をつけているのはわかる。
今のヒガシがすごいのも認める。

でもね。
それでもなおニッキがすごいんだ。
もうバレリーナです。プリンシパルです。

3人で同じ動きをしていても、ひときわしなやかで
ものすごい安定感と、
なによりの余裕。
ひとつひとつの動きがものすごく大きくて美しい。

こういうのを天才っていうんだろうな。
もちろん努力もしているだろうけど、努力だけでは得られない感覚を感じてしまう。
身体能力もすごいんだと思うけれども、
この感性は天性なんだろうなあ。

顔もきれいだったねえ。昔。
こんなにすべてのパーツがきれいな人だと思ってなかったなあ。

当初はトシちゃんに似すぎててすごく損してたね。
顔も体も骨格そっくり。
これは結構指摘してる人いたなあ。そういえば。

(つづく)

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートを展開中

注)最近は少年隊の話題が出ても大先輩扱いで錦織さん、植草さん、東山さんっていう呼び方をされることが多いので念のため書いておくと錦織一清=ニッキ。植草克秀=かっちゃん。東山紀之=ヒガシ。こんな説明が要る時代が来るなんて・・・(汗)

「おはなしコンサート」(童音社)復刊にご協力ください。
復刊.comは基本的には書籍の復刊活動だけど少年隊のVHSもなんとかならないかしら?