(つづき)
まあSHOCKが私にとってちょっと特別に感じるのは、
もう一つには
山村美智子先輩が出ているから?

津田塾大学は長い長い歴史を持っていて
優秀な卒業生はいっぱいいるはずなのに、
ゲーノージン
的な著名人は少なくて
学校紹介みたいな記事があると
戸田奈津子と山村美智子くらいしか紹介されなかった時期があるのよね。

山村美智子と田嶋陽子だけ書かれるとどうにも印象が悪かったし・・・(涙)

お仕事でやらされていたとはいえ、アナウンサー像としては残念過ぎるポジションでした。

でも、アナウンサーやめてからは
こんなちゃんとしたお芝居してたのね。
しかもかっちゃんを助けてくれてありがとう!(役だけど)

今はどうしていらっしゃるやら。

その後、福島敦子さんとか池田裕子さんとか
話題になった先輩方が続いたけど、今はどうしているのかな?

今では有名な卒業生の筆頭に草野満代があげられるようになっていて驚きました。
時代は変わる・・・
まあでも草野さんは消えないでねえ。
草野さんだけはキャンパスでお見かけした人なんで。ハハハ。
草野さんはねえ。
言われなきゃ気づかない感じの人でした。

同じ年にテレ朝のアナウンサーとして採用された人もいて
その彼女はなるほどね、っていう感じの華やかな美人でした。
でも彼女は結局一度もテレビで見たことがありません。

つくづくわかんないなあ。世の中。

そうそう
草野さんの一年あとに、大学は違うけど近所の子がNHKのアナウンサーとして採用されたっけ。
その子は私の人生で出会った美人の中でもトップクラスの美人だったんだけどお・・・
やっぱり中央には出てこなかったっけなあ・・・

SHOCKに戻ってみると、
ケガしたかっちゃんの代役の役のシゲ(中村繁之)がかなり頑張っているんだけど
やっぱり本来の三人に戻った時の華と安定感が際立っていて、
こちらも本当にわかんないなあ、
と思わされます。

だってシゲってかわいかったからねえ。
ジャニーズかどうかなんて知らなかったけど
サンデーズで見るの楽しみだったもの。
こんなにスタイルのいい子はそれまでいなかったし。
実際ピンでデビューしたんだからそれなりにすごいし、
SHOCKの中でもニッキとヒガシとちゃんと一緒に踊ってる。
しかもこの三人の組み合わせの方が身長が揃ってダンスグループとしては一見バランスよさそうな。

それでも違うのねえ。。。

人間の魅力って何なんだろう??

少年隊にはまってからというもの、何故か色々考えさせられている私。

そういえばシゲは2年くらい前にスーパーですれ違いました☆
今でもスタイルキープ。
顔も小さいし、おっさんっぽさが全然ない!!
後で知ったけど、今も音楽活動を続けているらしいですね。
あのキープ度はヒガシにも負けてないんじゃないかな。
まあ、第一線で活躍を続けている分、ヒガシだったらすれ違いざまにもっとオーラを感じるんだろうけれど。

主役以外の話ばっかりになったついでに
このSHOCKでは「のおちん」の多才ぶりも目立ちました。
あの「ジャPAニーズ」のね。
ダンスだけじゃなくて声も芝居もいいのだなあ。でもうどん屋なんだなあ。。。
やっぱり考えさせられる・・・

それに加えてすごいなと思うのは
特別にジャニーズファンではなかったどころか、
年頃の女子としては少数派の、むしろ反対側にいた私が
シゲどころかジャPAニーズまで認識してるってことよね。
ジャニーズすごいな。
それが脈々と続いていて好きだろうと嫌いだろうと、誰にでも、ある時代を思い出させてしまう仕事はすごいと思う。だからせっかくなら数ばっか増やさないで質を上げてもらいたいもんだ。

といっても、この先どんなにビジュアルも実力も兼ね備えた若者が出てきたところでそんなに感情移入はできないんだろうなあ。

少年隊が年相応に素敵でいてくれることの方がきっと嬉しいと思う。
ニッキのビジュアルも安定してきたし。
そろそろ何かやらないかなあ。
いっそトリオ漫才でも!

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中

注)最近は少年隊の話題が出ても大先輩扱いで錦織さん、植草さん、東山さんっていう呼び方をされることが多いので念のため書いておくと
錦織一清=ニッキ。植草克秀=かっちゃん。東山紀之=ヒガシ。
こんな説明が要る時代が来るなんて・・・(汗)
ついでに説明するとプレゾンは1985年から2008年まで続いた少年隊ミュージカル’PLAYZONE(プレイゾーン)’の略。