少年隊プレゾンみんな見ちゃったあ〜。
とうとう見ちゃったよお。

(1992-94と2002は買ってないからそれ以外っていうことだけど。2004と2007はもともと発売されなかったそうだし・・・・・追記:発売されたものは結局おいおい全部見ました・・・後日の記事をご覧ください)

はああああ
脱力。

達成感というより虚脱感。
全部見るのを目指す張りがなくなっちった。
このロスを埋めるために感想書いちゃおうっと。

最高傑作の「5nights 」についてはもう言うまでもないですが
次なる「Good bye&Hello」もよかった

双子のニッキとヒガシのお父さんがかっちゃん?

どうなんのかまったく予想がつかなかったけど
ええ話やった〜。

オープニングの「情熱の一夜」は数あるショーの中でも最高傑作のひとつではないでしょうか。
お芝居の関係でかっちゃんは後半貫禄ある登場をしてササっとはけちゃうけど、
その間のスター然とした貫禄と甘い声。そして3人ピタッ!と息のあったダンスとで見せ場十分バランス取れてる感じ。
何度見てもあの「ピタッ!!!」がたまらんです。
ピタッ!見たさにこの曲の動画を見ることもあるくらい。
で、その前後のヒガシとニッキの大人のダンスがとにかくすごい。
そもそも最初のヒガシのソロだけでも「おや?」と今までよりグレードアップした感があるのに、
ダイヤモンドから出てくるニッキのさらに上を行くスター感が圧巻。
そしてそのスター様のダンスといったら!
驚愕!
別次元!!!
一緒に踊っているのにヒガシがバックダンサーに見える。

これはファンじゃなくても見ごたえあるぞお。
日本にこんなすごい人いたんだあ!
くらいの。
このバージョンはyoutubeでは見られないけど、この錦織さんはもっと世に知らしめたいなあ。
もったいないって〜。

ニッキ様のダンスというと劇中、双子がオーディションを受けるシーンでも
かわいそうなくらい力の差を見せつけている。
この作品以降ニッキ&ヒガシのガチのツーショットダンスがなくなった気がするのだが・・・気のせいかな?
つくづくこの天才がいてこそのヒガシの成長なんだわねえ。

どっちがいいかは置いておいてもニッキとヒガシのツーショットは違いばかりが際立ってしまうのに対してかっちゃんが加わるとうまく溶け合う。
その点、かっちゃんはヒガシと二人の時はかわいさ満点のアイドルユニットの空気になって
ニッキと二人で踊る時はしっとり色っぽい大人のユニットになります。
しっかり合わせちゃうのねえ。
ここもこの人の評価ポイントだと思っているんだけど。

ヒガシについてはこのGoodbye & Helloでも見せているニッキのおふざけに素で笑っちゃってる姿が一番好きです。無表情で有名な東山紀之のこの破顔は少年隊の時じゃないと見られないのでねえ。これを広めるためにも3人そろって表に出てきてもらいたいものだ。

で、「Goodbye & Hello」.
お芝居もいい話だし、笑わせてくれるところも嫌味なくいい感じ。
元祖ジャニーズの「若い涙」を歌う昔のシーンになごんだり。

唯一もったいなのは、この撮影の際、ニッキの声がつぶれてるってこと。
ものすごおおく惜しい。

ショータイムも苦しそうな声でした。
せっかくの華やかなショータイムが残念。いい選曲なのになあ。
踊りは最後まですごい。赤い衣装ひらりのニッキには再び驚かされます。

「Good bye & Hello」 これは間違いなくおすすめ作品。
ニッキの声がこんなにガラガラでもやっぱり繰り返し見たくなるんだもの!

おまけ:
この際プレゾンのじゃないけど「情熱の一夜」のパフォーマンスはこちら(追記:ここにリンクしていたんですが削除になっちゃったのでタイミングを変えて探してみてください)
テレビはこの人たちには小さすぎるのね、っていうくらいプレゾン時のオーラは桁違いですが、見比べなければテレビでも十分にすごいです。30代がこんだけ動いて生歌だし。

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中

「おはなしコンサート」(童音社)復刊にご協力ください。
復刊.comは基本書籍の復刊活動だけど少年隊のVHSもなんとかならないかしらん?

注)最近は少年隊の話題が出ても大先輩扱いで錦織さん、植草さん、東山さんっていう呼び方をされることが多いので念のため書いておくと錦織一清=ニッキ。植草克秀=かっちゃん。東山紀之=ヒガシ。こんな説明が要る時代が来るなんて・・・(汗)
ついでに説明するとプレゾンは1985年から2008年まで続いた少年隊ミュージカル’PLAYZONE(プレイゾーン)’の略。