先日ドバっと単元が増えてやる気をなくしたDuolingo(デュオリンゴ)。
やる気はなくなったけどとにもかくにも何かはやらねば力がつかないので
うんざりしながら続けています。

今回の改訂(改悪!)で何がうんざりするかといえば
初歩のレベルの単元がものすごく増えたので今さらな問題を延々とやらされることが一つ。
一応スキップするテストはあるけれども、単元ごとスキップできる制度はなく、
レベル0からレベル5まであるうちの
レベル0からレベル1にあがるテスト、
レベル1からレベル2に上がるテスト・・・
と、ひとつずつクリアしないといけないので
それぞれ20問あるとすると100問正解しないとレベル5にならない。
これってスキップのレベルじゃないでしょ?
しかもレベルが区切られてはいるけど、出てくる問題のレベルもバリエーションもほぼ一緒なんだから。。。飽きる。

しかも
初歩のレッスンアプリだというのに
設問の答えがぶれまくっている。

今までも正解と認められる解答には癖がありました。
あんまりいい例文じゃないな、いい解答例じゃないな、と思いながらもとりあえずはDuolingo(デュオリンゴ)の癖に合わせて進んできたのだけれど、
今回の改悪では癖どころか対応不能なレベル。

自然な訳を心掛けたと言い訳されそうなスペイン語と英語の対訳のズレではあるけれども
時制や語順がめちゃくちゃでどう回答していいかわからない。

そこに法則があればなんとかなります。
ところが問題によって同じ単語の訳が違っている。
特に動詞は時制もからむからもう大変。
たとえば sing だとすると
問題によって「歌います」だったり「歌っています」だったり「歌うでしょう」だったり。

スペイン語から英語にするとき × だった文章が
英語からスペイン語にするときの問題文になっていたりする。

だからわかりきったレベルの単元でも間違いが続き(本当は間違っていないのに)
どよ〜んとした時間が流れる。

加えて南米でしか使われない単語が増えまくってすごい基礎単語のレベルのはずが全然わからなかったり。ものによっては辞書にないものまで。

あ〜あ〜
これが例えば学校で指定されたドリルだったりしたら
次の日通学路や休み時間に
「あれないよね〜」
「やんなっちゃうね〜」
なんてみんなでブーブー言って救われたりするんだろうけど。
(そもそもそんな教材を提供する先生がいたら問題ですけどね)

今の私のストレスはどこへぶつけたらいいんでしょう?

一応はここの解答はこうでは?って送るとしば〜らくしてから
その答え、採用しました。
って連絡がくるDuolingoですが、
すべてに対応されるわけでもないし、
今回はおかしい問題が多すぎていつ反映されるかわからない・・・

ストレスだーーーーーーー。

というわけで、このブログを読んでいるひとのほとんどの人がわけわからないであろう愚痴を吐き出してみました・・・

Duolingo(デュオリンゴ)体験記、独学で使ったテキスト、読み物、動画など随時追加しています。よろしければカテゴリー「スペイン語」をご覧ください

【Kinkoちゃん随筆】 書家・美術家 金子祥代 https://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
インスタはこちら☆https://www.instagram.com/sachiyo.kaneko/