その後もDuolingoから毎日3つとか5つとか
「あなたのご指摘採用しました」の連絡が届いたので、今からやる人にはずいぶん快適になってきたのじゃないかと思いますが
私自身は1年もやったし手も痛くなるしそろそろ辞め時かな、なんていう気分にもなっていました・・・

問題集解いてドリルやって
ハイジ見て
さらにはグリム童話も30話くらいは見て
サイドリーダーもやって
高校3年の夏の英語より頑張ってるかも私!

でも〜〜

どーーーーーーしても動詞の活用が覚えられない。

手が痛くならないでDuolingo(デュオリンゴ)を続ける方法はないものか・・・
音声入力でやればいいじゃん!
というご指摘もあるかもしれませんが、部屋の壁薄いからはずかしいし〜。
スペル覚えたいし〜。

で。
初めてキーボードのキーの位置を変えるっていうことをやってみました!

結論=なんでもっと早くこれができなかったんだろー?

知らなかった!思いつかなかった!

Duolingo(デュオリンゴ)のときだけじゃなくてメールもワードも快適〜♪

Enterキー
back spaceキー
半角・全角キー

この3つがとにかく使いにくかったんです。
Duolingo(デュオリンゴ)に限らず、長文を書く時もそうですが
頻繁に使わないといけないのに遠くて指をミューっと伸ばさないと届かないので。
疲れるだけではなくて、タイピングのリズムも狂っちゃうし。

右手でマウスを使わないといけないときに
Enterを左手でできるのってすごい便利。
前に使っていたPCまでは左にもEnterがあった気がするので困っていない人も多いのかもしれませんけど。

とにかく無駄に手を広げる回数が減って超快適です。

私はKeyswapっていうのでやってみました。
Windows10でもちゃんと使えました。設定もすごく簡単。

私の場合は
無変換キーをEnterに
ALTキーをBackspaceに
かな/カナ/ローマ字を半/全に

たったこれだけで相当ストレスが減りました。

PCで長い文章を書くことが多い人にはおすすめです。

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中

「おはなしコンサート」(童音社)復刊にご協力ください。