先日も書いた通り現在のステイタスでは国外に出る日数が限られているため
またもや弾丸帰国からの帰国。

帰国からの帰国って・・・

どっちがどっち!
(クッキーなのグロッキーなの???・・・何人わかるかな?)

ひっさしぶりに新幹線に乗りましたが、社内アナウンスの英語が変わってた〜。

前の不思議な、でも一応ちゃんとした?英語は確かクロード・チアリのお嬢さんだったんですよね。

現在は車掌さんのライブです。
しかもこってこてのジャパニーズな英語。

つまり、下手です。

「え?なに今の?」って夫の顔を見てしまったほどです。

すると夫
「そーなんだよ。最近JR開き直っちゃってさあ、変にうまくしゃべろうっての放棄しちゃったんだよ」

ここまでの私たちのやりとりをこうしてお見せすると
まるで
へたくそを悪く言っているように見えるかもしれませんが

逆です!

私たち、この方針に大賛成なんです。

だってさあ。
日本なんだし。
なまったアメリカ人のねちゃねちゃ英語だとか
フランス人の英語やインド人の英語なんかよりはるかに聞きやすい。

何言ってんだかわかれば用は済むんだからいいじゃない。
外国人観光客だってこの方がうれしいと思うの。
せっかく日本に来ているんだもの。

少なくとも私は国際線や外国の長距離列車なんかで聞く土地土地の訛りたっぷりの英語アナウンスにはほっこりさせられています。

日本人が話せば日本訛りになる。

当たり前じゃん。

それにライブなのがいいです。

昔の社内アナウンス好きだったなあ
車掌さんの個性があって。
鉄道少年がみんなマネしちゃってましたよねえ、中川家みたいに。

だんぜん今の新幹線のアナウンスのほうが好き。

一時期みたいに新幹線に頻繁に乗ることはできないけど、次が楽しみになりました。

あれを聞いて
「まったく日本人はいつまでたっても英語がうまくならなくて」
なんていう野暮な人がまだいるのかな。
いるかもしれないけど
負けずに貫いてくださいJRのみなさん!

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
インスタはこちら☆https://www.instagram.com/sachiyo.kaneko/