東京オリンピックの延期が決まったんですね。
残念ですが、1年「程度」の延期ということならば、一番暑い時期をはずして調整するなんていうこともできたらいいですね。
オリンピックの「延期」というのは始まって以来初めてということですが、アジア初の開催が決まっていた1940年の東京オリンピックが戦争のため幻になっていたとは知りませんでした。同年は札幌での冬季オリンピックも予定されていたのにやはり戦争のため中止。
そんなことを知ると1964年の東京オリンピック実現の値打ちが違って感じられます。
そして今回のオリンピック。やっと私がいる時代の東京オリンピック。
中止じゃなくてよかった!

さて、オリンピック延期の元凶コロナウイルス。

アメリカがいつの間にか世界3位に躍り出てまた4位にもどったスペインの現在の累積感染者数は3万9千人。
治っている人もいるので累積の数字に過剰反応しても仕方がありませんが、まだ上昇カーブの角度がゆるやかにならないのが困ったところ。外出禁止が2週間のびました。
国内の幹線道路の封鎖も始まり、国内移動もかなり制限される模様です。

今朝は近所のスーパーにないものがあったので主人がエルコルテイングレスまで買い物に行きました。
エルコルテイングレスというのはスペインにある唯一のデパートチェーンです。
服飾や高級食材売り場は閉まっていますが、スーパーのようなコーナーの売り場は開いていて食材や日用品を買うことができます。

そこに行った夫がなかなかもどって来ない。
近所のスーパーより少し足をのばしたとは行ってもさすがに遅い。
何かあったのでは?
なんて心配を始めた頃、たくさんの食材とともにご機嫌で帰ってきました。

野菜も新鮮。
買いたかったものは全部買えたのですが・・・

入店するまで15分、レジで30分もかかったそうです。

というのも、店内の人数制限のため、外に行列ができているのですが、前の人との距離を5メートルもあけるよう指示されたのだとか。
5メートルです!
だから店舗の角を曲がってずーっと先まで人が並んでいるのだそう。

そうなると、それが列であることに気づかない人も多く、うっかり間に入ってしまう人があちらこちらに。

ただ、この国のいいところは順番抜かしがいないこと。
うっかりした人には誰かが声をかけ、気づいた人は最後尾に向かいます。
こういった場面でギスギスすることはまずありません。

最近は暖かい日が続いているし、今日などは天気がよかったので問題はないのでしょうが、歩行器で歩いているおばあちゃんが買い物に来て「最後尾はあっちだよ」と言われていたりすると気の毒だったと言っていました。

それにしても5メートル。
しかも外なのに。
不思議だ〜と思いましたが、考えてみればこの国の人が行列するとそこかしこでおしゃべりが始まっちゃうからねえ。すごく増えたとはいってもまだ全員マスクしているわけでもないし。
自分たちをわかっての措置なのね。

さて先日からちょいちょい登場しているわが夫。
たまたまこちらに来ていたらとうとう帰る便がなくなり久々に1か月を超える同居となりました。
何年ぶりだろう。
やることもないので将来に向けてお料理のあれこれを伝授しています。

【Kinkoちゃん随筆】 書家・美術家 金子祥代 https://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
インスタはこちら☆https://www.instagram.com/sachiyo.kaneko/