スペインで外出禁止が始まったのが3月14日。

私が最後に靴を履いたのが3月24日。

それからかれこれ40日間一切外出てませーん!

前にも書いた通り現在ワンルームのアパートホテルに仮住まい中。
建物どころかそのわずか12畳ほどの部屋のドアから一切出ていない。

もうこの際きわめてしまえー!と、買い物を全部夫にまかせて籠りきってみました。
何せ一緒には買い物も許されないから。

狭い上に最上階の屋根裏で、室内も三角屋根のかたちそのままの天井。
ここからネバーエンディングストーリーが始まりそうな広さというか狭さです。

窓も壁にはなく、その斜めった天井のこっち側とあっち側に一つずつ1枚扉の窓がついているだけ。

逆にその窓からは一切他の建物は見えず、空しか見えないので、ある意味「非日常」を感じて喜んでいます。

時々アンネの日記のアンネの窓を思い出したりしながら。

アンネが眺めていたマロニエはこの天井にはもちろんありません。でも仮住まいながらいくつかの鉢植えがあることはすごく慰めになっています。

慰めっていうのは違うなあ。
なんて言ったらいいんだろう。
ともかく普通に暮らしている感覚があるっていうのかな。

そりゃさあ、アンネと違って音楽は聴けるしケーキも食べてるんだから普通にやってるんだけどお。
宿題のない夏休みを謳歌しているくらいのだらけぶりなのだし。
腕の故障が治らないから一切仕事も稽古もしていないという人生まれにみる「非日常」も重なっちゃってるから。

スペインでは感染のピークは確実に過ぎました。
でも念のためって感じで非常事態は5月24日までさらに延長になるようです。
心身の健康上の理由から、子供たちの外出だけは4月の末から条件付きで許可が出ていました。
(サッカーですら他の子との距離を確保できないからという理由で禁止)

そしてようやく5月2日より、大人にも条件つきで外出許可が出たのです。

いやほんと。私の変なこだわりだけじゃないのよ。
基本的にみんな外に出られないの。
公園のベンチに並んで座っていた母娘が逮捕されたりしてるんです。

「家族の代表一人が用事を済ますために最低限の距離外出してよい」

という条件を破っているという理由で。
その母娘の場合はいきなりの逮捕ではなく、それまでにも何度か罰金を科せられていたらしいですが。

とにかく日本とは感染者の数も桁違いならば外出禁止の禁止度も桁違いなのだ。

それがやっと!

- 昼間の一番いい時間は子供たち。
- 次にいい時間は補助のいる人たち。
- 午前6時から10時と午後8時から11時が健康な14歳以上の人。
 
という3部制で
家から1キロ以内ならお散歩やジョギングを「外で」していいことになりました。

グループはダメ。
カップルでも相手と2メートル以上間隔をあけなきゃダメ。

それでも40日ぶりに建物の外に出ましたー!

靴を履いて道を歩いたー!

午後8時はまだ夕方。
紫外線と無縁だった肌に5月の日差しがきつい。

スペインはこんな感じです。

イギリスのニュースによると、世界ですでに100万人以上の人が新型コロナウイルスから回復しているとか。
スペインだけでも日本国内の累積感染者数の10倍もの人が回復しています。

日本のみなさん。
変な情報に惑わされず、免疫力つけて明るく元気にお過ごしくださいね!!!

コロナ怖いと思ったらこちらの動画→ウイルスの次にやってくるもの
とってもわかりやすい動画→10分でみる 感染症の歴史
現場の医師が日本の状況を冷静に伝えている記事→ワイドショーあおりすぎ


【Kinkoちゃん随筆】 書家・美術家 金子祥代 https://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
インスタはこちら☆https://www.instagram.com/sachiyo.kaneko/