Kinkoちゃん随筆

書に遊ぶKinkoちゃんの気ままな日常 ・・・現代アートから海外情報、最近なぜか少年隊まで⁈なブログ

ちょっと一言

有名人と目があった

先月大阪に行ったとき、夏木マリと藤原竜也の美しいチラシを目にして、生で見たい〜と、チケットを取ってお芝居を見てきました。

近代能楽集と題した2本立ての蜷川幸雄演出作品で、原作は三島由紀夫と言うちょっと本格派。

前半の一本を見ただけでかなり疲れました。

休憩で飲み物に並ぶと、後ろに着物デザイナーのきよ彦発見。
別に嬉しくもなかったんだけどぉ〜(失敬)3回くらい目が合ってしまった。
洋服とはいえ、テレビのまんまだったけど、だれもザワザワしてなかった・・・大阪なのに。
一緒にいた女の人も見たことあるなあ。そこらの主婦じゃないよね、絶対。

そして、後半、いよいよ夏木マリと藤原くんです。
ぎりぎりにとったので、一番後ろの席でしたが、こないだミュージカルを見に行ったときに2000円もするオペラグラスを買ったので、しっかりはっきり見えました。
二人ともイメージ通り。美しい。
そして、藤原くんののめり込んだ感じがすごい。
こういう才能のある子だったのか。

千秋楽だったし、大阪だったし、お客さんの反応もよくって、すごくよかった・・・
といいたいところなのですが、前半から咳き込んでる女の人が向こうの方にいて、後半、いよいよ咳がひどくなってきたんです。ぜんぜん止めようっていう意志も感じられない出しっ放しな状態で。しかも、最後まで出て行かなかったの!!

台詞が聞き取れないところはあるし、お芝居に集中できないし、ひどいよぉ。
役者さんだって、せっかくの熱演がかわいそう。
そりゃあ、咳は苦しいかもしれないけど、お金払ったからには見たいかもしれないけど、お芝居をつぶす権利はないでしょう?!

日本はみんなそこそこお金があって、見たいと思えば誰でもこういうところにこられるけど、いくらお金があったって、周りに配慮できない人は来ちゃダメだと思うよぉ。
きよ彦さん。今度テレビでコメントする時、この日の事を訴えてよ。お付き合いで見に来ただけかもしれないけどさ、お願いしますよ、ね。

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中

種: 子供はみんな天才です

先月の青山展がきっかけで、前に働いていた会社のTさんと10年ぶりに言葉を交わしました。

現在はTさんも会社を辞め、ボランティアで地元青少年の「よさこい」のグループを率いて在社中よりも(?)いきいき忙しくされているご様子。とても嬉しくなりました。

「子供たちからは元気をもらうよ」という言葉にはとても共感しました。

私も本当に稽古で子供達を見るのが楽しくて仕方ありません。

子供はみんな天才。
キラキラしています。

すべての子供が限りない可能性を持って、それぞれがとてつもない才能を持っています。子供の質に上下はないし、上手にならない子供なんていません。

ただ、一人ひとりが持つ花が違って、芽吹く時期、花咲く時期が違うだけなのです。

いつ芽吹くのか。
それは本人にも誰にもわかりません。

でも、ある時突然、双葉がパカっと開く時があるのです。

その瞬間には、何度会ってもそれぞれに違った色の新しい感動を与えてくれます。

ただ、残念ながら「うちの子には才能がないから」というお母さんの言葉で辞めてしまう子は後を絶ちません。他の子より下手だから、とか、思った程うまくならないから、と。

子供は「やりたい」だけではお金も自由ももらえません。

必ず大人の許可が要ります。
もちろん、悪いことばかりではなく、いい大人に出会えれば、自分ひとりでは出会うことのなかった世界、新しい可能性を引き出してくれることもあります。

「今どきの子だからショウガナイ」になるのか「今どきの子はすごいな」になるのかは、親も含め、「どんな大人と出会えるか」にかかっていると思うのです。

どの種も美しい花を開く前に枯れることのないよう、なんの種なのか探りながら、のどが渇けば水をやり、肥料をやり、時にはビニールではなく、雨にも風にもあてながら、花が咲くのを楽しみに待ちたいものです。

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中

安全

いやあ〜新しいパソコンは違いますぅ♪

今までWindows Meを使ってたのですが、ウィルスバスターを新しいものにグレードアップしたら、ついていけず、メール一つ受けるのに5分くらいかかったりして、パソコン使うのが便利どころか、生活に支障をきたしてたようなもので・・・犯人がウィルスバスターなのはわかってたのですが、やっぱりウィルス怖いし、安全第一と思ってひたすら我慢しておりました。

安全と言えば、JRの脱線事故について思うことがあり・・・

連日ワイドショーをにぎわしていましたが、ちょっと変じゃないですか?

ミスをした運転士は日勤教育を受けねばならず、いじめのようでプレッシャーがミスをさそったとJR側が責められています。

でも、ちょっと待って。
運転士の仕事はたくさんの人の命をあずかる仕事でしょ?
ミスをすると今回のようなことになるのでしょ?
厳しいのは当たり前じゃないですか?

もちろん、訴訟中の服部さんのように、安全確認で発車が遅れて責められた、とかいうのは論外ですが、基本的にミスには厳しくあたってほしいですよね。

やり方に問題がないとは言わないけど、プレッシャーが事故を招いたと言って結論づけるのは変だよね。
それより、今回の運転士のように短期間に何度もミスをしたような適正のない人に、その仕事をさせていた判断のほうがおかしいのじゃないでしょうか。
人の命をあずかる仕事。何をおいても安全第一。
正しい判断をしてほしいものです。

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
随筆内キーワード検索
Message
Archives