Kinkoちゃん随筆

書に遊ぶKinkoちゃんの気ままな日常 ・・・現代アートから海外情報、最近なぜか少年隊まで⁈なブログ

アート・芸術

アートフェア東京から2年か〜

3月19日から予定されていた今年のアートフェア東京はとうとう自粛のため中止になってしまいましたね。
参加予定だったみなさんの心痛は察するに余りあり。
コロナの影響の大きさを実感するとともに、またも運命を感じてしまいます。

私の周辺のコロナ事情については、日本の一部の方が危惧されているような「差別」めいたことは見聞きしていませんのでご安心くださいね。
少なくともマドリッドでは私が店に入ったからといってChino(中国人)!とかコロナ!とか罵声を浴びせる人や、そそくさと席を立つ人はいません。
むしろ反応のなさにもうちょっと警戒しないと危なくないかい?とこちらが心配してしまうほどです。
そんな無警戒だからかスペイン国内でもここにきて感染者が日に日に増えてきました・・・。

昨年ご報告した通り、我がギャラリーは方針転換のため参加をやめていましたので、影響はありませんでした。

そんな折、私を?私の作品を?紹介してくださっているブログ記事の存在を教えて下さる方がありました。
ありがとうございます!!!
2年もたっていますけれど、せっかくなのでご紹介します。
lux magazine

他の作家さんも紹介されていますので興味のある方はこちらをどうぞ。
https://ameblo.jp/usagitorio/entry-12362241167.html

このところ腕の故障や転居の連続で創作ができずにいる私。
ちょっと元気が出ました。
あの時見た岡田くん(V6)の目力の記憶もよみがえってきたわ〜。
その時のKinkoちゃん随筆はこちら

早く作品作りたいよお!
いっぱいいっぱい作りたい。
まだ我慢の日が続くけれど・・・がんばる!!!

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
インスタはこちら☆https://www.instagram.com/sachiyo.kaneko/

やった〜!!今度はプエルトリコ

私のフィルムダンス 「天のはごろも〜涙」がプエルトリコの国際フィルムダンスフェスティバルに選ばれました。

プエルトリコ・・・

私はまだ行ったことがないけれど、作品がプエルトリコのみなさんに見ていただけることがうれしいです。

墨の芸術の魅力がこうしてちょっとずつ世界に広がっていきますように。
がんばるぞお。
lawrel - BAYAMON  INTERNATIONAL FILM FESTIVAL - 2020BAYAMON INTERNATIONAL FILM FESTIVAL - 2020
2020年1月29日〜2月2日
85 Calle de Barbosa, Bayamon
00961, Puerto Rico
Casa de la Cultura Benjamin Puebla.
Sede Principal

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
インスタはこちら☆https://www.instagram.com/sachiyo.kaneko/

本当のりっぱな芸術家になりたかったら

2020年。
新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

ミヒャエル・エンデの「魔法のカクテル」(川西芙沙訳)の中で
主人公の一人、歌手になることを夢見る牡猫のモーリッツにミアばあちゃんが言ったことば
『いつかほんとうにりっぱな芸術家になりたかったら、人生の山も谷も経験しなくちゃだめだよ。それを知っているものだけが、みんなの心をなごませられるんだよ。』

芸術ってなんだろう。
最近流行りの現代アートは刺激の強さや型破りならぬタブー破りばかりがもてはやされている。
シニカルな態度や批判精神こそが芸術家のとるべき態度のように語られることも多い。

でも。
私たちはジャーナリストじゃない。

斜に構えることより「みんなの心をなごます」ことの方がずっと難しい。

ただの芸術家でなく「りっぱな芸術家」は「みんなの心をなごませられる」

何年もモヤモヤしていた気持ちにエンデが光をくれました。

私は何を作りたいのか。

今年も、いえ、今年はさらに
答えの輪郭をはっきりさせていけたらと思います。

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
インスタはこちら☆https://www.instagram.com/sachiyo.kaneko/

運命ってあるんだなあ

4年前の今頃は初めてのスペイン行き、初めてのアーティストインレジデンス参加を前に、わくわくどきどきしながらビザや作品の準備に追われていたのでした。

その、初めての経験を与えてくれたレジデンスから残念な報せが届きました。
世界中からの350人ものアーティストにチャンスを与えてきたレジデンスが、活動を停止するというのです。

バルセロナは今、混乱しています。

私が滞在していた時は「スペインから独立したい」という声を聞くことはあっても具体的なことは何も起きていませんでした。

私がバルセロナを離れて数か月後、独立とは違う理由でしたが、観光のメッカ、ランブラス通りでテロがあったあたりから妙な流れが始まりました。
その後住民投票で独立の決議があり
最近では毎週、多いときは週に何度も日本大使館からバルセロナの毎日のデモの場所と日程が流れてくるほどです。

観光で成り立っている街だというのに、訪問客が減っているとの発表もありました。

そりゃあそうでしょう。
お行儀のいいデモばかりではないし、便乗した暴動も起きるわけだから。

4年前にこんな状況だったら私だって、いくら滞在アーティストに選ばれたって参加に二の足を踏んでいました。

そんな状況の中、存続が困難になってしまったレジデンス。
本当に悲しいことですが、
同時に「運命」っていうことを思ってしまいました。

だって本当にあと半年後だったら私が参加していたかどうか。

あの時参加していなければ出会えなかった人たちも多いし、何より現在この国にいません。
この国に住んでみて得たものを数えたら、あの時たまたま募集があって、運よくその募集に気が付いて応募して選んでくれて、さらに運よく私の都合もついてここにやって来られたことの奇跡を思わずにいられません。

だってスペインなんて興味を持ったことすらなかったのだからそれまで。

これからもそんな運命の声が聞こえる自分でいたいと思う。
「その時」は自分でもわかっていないのだけれど。

最後に、レジデンスの関係者にもう一度心から感謝を。

そして活動停止のお報せの中、過去の活動を振り返ったアーカイブの中で、Sachiyo KanekoのDiamant広場でのパフォーマンスを代表的な活動の一つとして紹介してくれたことをうれしく、また誇りに思います。

これからも、運命にいただいた種を大事に育てていこうと思います。

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
インスタはこちら☆https://www.instagram.com/sachiyo.kaneko/

千年の謎・・・久々にヒガシ

バレンシアで国際フィルムダンスミーティングに出席した際、デンマークで活動中のブラジル人監督Juliaさんとおしゃべりしていた時のこと。

私の書とパフォーマンスにとても興味をもってくれた彼女。
墨からの連想で「Pillow book」という映画の話になりました。

肌に墨をのせるシーンが印象的でとても官能的なのだそうです。

逆にそれを聞いちゃったが故にどうも抵抗があってまだ見ていないのですが、メキシコのサンマルコス祭に出演した時の主催者スタッフにもバルセロナで共演したバイオリニストのPavel夫妻にもものすごく勧められていた映画です。

この映画、実は清少納言の「枕草子」がもとになっています。

そんな関係で紫式部と「源氏物語」の話になりました。

世界最古の恋愛小説が日本の、しかも女性に書かれたということですごく興味を持ってくれたJuliaさん。
映画になってない?
というので探してみました。英語の字幕つき。

そしたら生田斗真くん主演の「千年の謎」の英語字幕つきをみつけたので私も初めて鑑賞してみました。

もちろんヒガシ関連で若きヒガシが主演したドラマ「源氏物語」も映画「千年の謎」も存在は知っていましたよ。若きヒガシの光源氏姿はまさしく光源氏そのもの
ただ恋のお相手の女優さんたちがちょいと薹が立っていてちょっと見ただけで見るのをやめちゃってた。
「千年の謎」もちらっと見た時に、今時な風貌の女優さんばかりで口調や所作も今どきの早口で世界観がぶちこわしだったのでやっぱりやめちゃってたのです。
なんと言っても私、大学の時に源氏物語の授業をとっていて与謝野晶子訳も田辺聖子訳も読み比べ、「あさきゆめみし」も所有しておるのです。加えて時代劇好きですからね。

それでも今回は英訳を見ながらだったのもあって前に気になってたことをあんまり感じずに鑑賞できました。

そしたら思ってた以上にヒガシが登場。
(というかこっちが主役じゃない?斗真くんの方が劇中劇みたい)
しかもなかなかにいいではないか。
角川の「千年の謎」は吉永小百合が紫式部役だった東映映画「千年の恋」と同じく源氏物語そのものの実写ではなく、源氏物語誕生の背景と重ねて作られているので、ヒガシの役は藤原道長。紫式部が仕えた中宮彰子のお父さんです。

この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば

この有名な歌を詠んじゃうところまで昇りつめたしたたか者ですが、そのしたたかぶりを、熟したヒガシが実によく演じています。

すごみまで感じる。

最近ヒガシのキーワードって「すごみ」なのかなあと思っていたのですが、まさにこのお芝居でまた裏付けられた感じ。

少年隊を見ていると、器用なかっちゃんとニッキに比べて不器用さが目立つヒガシ。
ダンスや歌でも全身でリズムを感じて乗っている二人に対して頭で覚えて懸命に形にしようとしているように見えます。

そんなことを思って見ているといつも思い出すのがある時の合宿での話。
(書家ってどこの書道会でもいっぱい合宿するんですよお。色んな先生方が集まって書いている姿を拝見できる貴重な勉強の場なのです)

長年育ててもらった創玄書道会で、現代のスターに石飛博光先生がいます。
(ちなみに「千年の謎」の題字はその創玄書道会の若手ホープまみちゃん作。
うらやましい!!!
あ、過去形で書いちゃいましたが私まだ創玄書道会の審査会員です)
石飛先生の作品はだれもがほっとする明るいやさしさを持った書で大変に人気があります。
しかもどんなお題でもさらさらさらっとあっという間に石飛流に仕上げてしまう天才。
その石飛先生が
「僕は器用なんだよ。それに比べて鷗亭先生はすごい不器用だった。弟子の僕から見ても『先生なんでこんなのできないんだろう』って思うくらい不器用なの。でも、その先生がくじけずにじっくり取り組んで仕上げた作品はものすごいんだなあ。とてもとても真似できないすごい作品なんだ。器用な人にはあれはできない。」
とおっしゃったことがありました。

これは鷗亭先生の作品を知っている私にはすごく合点がいったし、自分が不器用なので「がんばろう!」と思わせてくれた有難いエピソードでありました。

で、ご本人も自覚している通り、ヒガシは本当に不器用。ヒップホップだとかジャズとかに軽〜く乗る、みたいなのは見ていて気の毒なくらい苦手。ミュージカル的な動きでもニッキのようなパーフェクトな形にはなりません。
それでもというかだからこそというか、ヒガシ独自の世界を作り上げ、それが多くの人に「ダンスのヒガシ」と思わせている。
そこまでの努力がすごみとなって惹きつけているのかな
と感じ始めたこの頃です。

熟したヒガシのお芝居としては、NHKドラマ「七つの会議」のヒガシもよかった!
上司から「売りは顔だけ」みたいに言われる役どころですが、二枚目の物語でなく、苦悩している等身大な感じのサラリーマンの姿がすごくよかった。
職業をテーマにしたドラマや映画は実際その業界につとめている人からは違和感を感じられることが多いですが、このドラマはわが夫=サラリーマンもぐいぐい惹きこまれて「眠い〜」と言いながら一気見してしまうほどでした。
少年隊ファンじゃなくてもおすすめのドラマです。

ちょっとだけ話を「千年の謎」にもどしますと、書の関係者、書のファンにとっては藤原行成の扱いに不満が残るかもしれません。ヒガシ扮する道長に書の才をほめられてはいますが、やっぱり若きハンサムにクールな役どころで演じてもらいたかったです・・・。レッドクリフの金城武みたいな感じが理想だなあ。
この映画の製作には毎日書道会が関係しているのだから公認なのか?
・・・いやあ。筆跡と役者さんのイメージ違うなあ私的には・・・。この役者さん自体は嫌いじゃないんですけどね、ブルーハーツ甲本ヒロトの弟さんです。

それにしてもこの「千年の謎」を予備知識なしに外国人が見たら光源氏は単なる好色の乱暴者に見えてしまわないかちょっと不安です。

注)ヒガシは少年隊の東山紀之。かっちゃんは植草克秀ニッキは錦織一清です。

追記)Juliaさんはデンマーク人のご主人とともに「千年の謎」を楽しく鑑賞してくれたそうです。すごく気に入ってくれました〜♪ 美しい!おもしろい!いい作品を紹介してくれた。と連絡が来ました。
特に六条御息所の霊的なアクションに興味を持ったところから、黒澤明の「羅生門」の話にまでおしゃべりが広がったのはさすが映画監督。

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
インスタはこちら☆https://www.instagram.com/sachiyo.kaneko/

正統派の美・・・バレンシアより

かれこれ1か月たってしまいますがエクアドルでのやりとり。

共演した新進ダンサーNORIHIKOくんには現地に入る前の打ち合わせの段階から、なんだかんだで少年隊の話をいっぱいしたんです。

演出のアイディアを説明するのにプレゾン見せて
こんな風なダイナミックさを出したいのよ〜。
みたいに説明したりだとか。

最初は、山P世代の彼には「古っ!」って言われて終わっちゃうかもしれんなあ、なんて少しは懸念しつつ、そうは言ってもいいものは時代なんて関係なくいいはずさ。と見せてみたの。
そしたら真面目に見てくれて、実際装置の面で時代を感じるにしても今でも通じる良さがあるといってちゃんと向き合ってくれました。
が、彼は反骨精神もあるし何かと好みが個性的なのでジャニーズみたいな王道キラキラ路線には基本的にアンチ。
それでもかまわず合間合間にイケメンを礼賛する私。
なので最初は半分あきれつつつきあってくれていたのですが
コミュニケーションがたくさん取れてお互いがわかってきた頃

Kinkoさんって正統派の美が好きなんですね。

って。

そーだよお。
私はまっすぐ美しい物が好きなんだよお。

もちろん前衛的な活動は大賛成だし過去の踏襲でなく新しいものを作ろうと思っています。

でも、新しい物を作るとか、オリジナルを作るとかするためには、基本がわかってないとできないわけです。

はずしっていうのは王道を知っているからできるわけ。

と、いうわけで反骨NORIHIKO氏にも
少年隊は正統派の美の一例として認識されたのでした。
ふっふっふ。
いろんな番組でいろんな芸能人に囲まれているシチュエーションでもやっぱり3人はきれいだな、って何度思ったかしれないものね。

それでもやっぱりかっちゃんが秀逸に見えてしまう私。
まあ好みの問題だから仕方ないわねえ。だからこそ3タイプ分の人を惹きつけることができるわけだものねえ。

週刊セブンティーンで初めて少年隊を見た時も第一印象はまず「全員きれい」
でした。
「おっ!ジャニーズも本物の美形をやっと出してきたか」
って思った中でも特別に見えたのはかっちゃんだったなあ。

夫も「顔はかっちゃんでしょ」
って申しております。
・・・この夫は「昔っからかっちゃんだけ踊りが違って見えんだよなあ。素人目にはやっぱヒガシがよく見えちゃうんだよ」
と言っちゃってたふとどきもの(かっちゃんファン側からの発言)ですが、それでも「顔はかっちゃん」と。
あとお芝居も。
夫「かっちゃんは表情があるからね」

マイケルも好きな夫はトシちゃんデビューの時には「踊るかっこいいお兄さん」が出てきたと思ったといい、マイケルを解説しながら実演するヒガシを見ては「すげー!」を連発するのですが、啓蒙の結果今ではニッキのすごさを知り、プレゾンファイナルでかっちゃんの優雅な仕上がりを堪能しております。

ジャニーズのイケメンランキングみたいのにかっちゃんの名前が出ないのがおかしい!!!
まあ、ああいうのは少年隊など知らない(さらには大人の魅力もわかんない)若いもんが作っているので仕方ないけど、動画のおかげでニッキ再評価の波を実感する今、過去の写真を見て若きかっちゃんの美しさが世代を超えて再評価される日を楽しみにしています。アラフォーかっちゃんの男っぷりも尋常じゃないけどねえ。

で、またかっちゃんかっちゃん言ってますが、基本は箱推し。
違うタイプの美が3人そろったことこそが何より美しいと思う。
そして3人の「今」がとても好き。
そろっての「今の」パフォーマンスがつくづく見たい・・・

今週はビデオダンスフェスティバルで毎日ダンス鑑賞および、制作者やダンサーと会っているわけですが、ビデオダンスはステージダンスよりも内容が多様でいろいろな可能性を感じます。見ていて本当に楽しい。
楽しいだけじゃなくていろいろ考えさせられています。
若くてキレキレなだけがダンスじゃないということが本当によくわかる。

日本では「美」とか「ダンス」といったものがステレオタイプで語られがちだけれど、
それを覆すことがこれからの少年隊にならできるのではないかしら?なんて期待してしまう。
基礎があって演出家もいるなんて!

わざわざバレンシアまで来た目的は少年隊の再評価ではないですが、なんというか少年隊を見たり考えたりしていると人生や芸術全般の考えまで深まるというか、とっても有難い存在になっています。

と、同時に、今回のバレンシアで私の作品(ビデオダンス)を見てくれたいろんな国からのアーティストたちが
見る前はダンサーでもない映像関係者でもない私に
「じゃあ、あなたは何者?」
と疑問符でいっぱいになるのに、見終わった後
「なんで書家がダンス?」
と、日本でなら必ず聞かれるあるいは揶揄される疑問は抱かないこの環境がありがたい!本当に幸せな1週間でした。
これからも新しい表現を探してがんばるぞ!

・・・行ったり来たりの独り言になっちゃったので(いつものことか)バレンシアで出会ったイケメンの写真をご紹介します。。。???(笑)

IMG_20191016_203005a

←イケメンぶりよりジャケットのほうが気になっちゃいますね。。。
日本人でこれが似合うのは錦織一清さましか浮かばない・・・最近はすっかりニッキのおとぼけ顔にはまってしまっている私

公園ですれ違いざまあまりのかわいらしさに撮ってしまった坊や↓

IMG_20191015_145315a

中性的な魅力のロシア娘たちもご紹介しましょう。食事中 一服しに行っただけなのにカメラを向けたら一瞬でアート!左は舞踏ダンサーで右が映画監督。IMG_20191017_221205a






注)かっちゃんは少年隊の植草克秀ニッキは錦織一清ヒガシは東山紀之。

書家・美術家 
金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中

問題のビデオできました

ドロドロ劇に巻き込まれ・・・

すっかりKinkoの底意地の悪さも露呈しちゃったかのような先日のブログでございました。
失礼いたしました。

何があろうとブチギレた私にも非があるわけで・・・
とにもかくにもいろんな意味で力をつけたいと思います。
これに懲りずにみなさま。
今後ともKinkoを応援してくださいますように。

さてさてその問題のステージのビデオの編集が完成しました。
お忙しいとは存じますが見てやってください。コチラ

なんだ大騒ぎしたわりには
前半=ひたすら立ってる
後半=ひたすら座ってる
ってお怒りになる諸兄もいらっしゃるかもしれませんがそこはひとつ。。。

Kinkoのシーンが多いのは断じて私のわがままじゃありません!!!
カメラマンの判断。元映像の偏り。もうこれは今からどうしようもありません。。。

大変にご迷惑をかけてしまった在エクアドル日本大使館からは、とてもあたたかいメッセージが届きました。
主催者のみなさんも今ではドタバタの実際を完全に理解して滞在終了まであたたかい対応をしてくれました。
お手伝いしてくれた仲間、そして現地のスタッフさんたちには本当に感謝。
なんだかんだで
最後は来てよかったエクアドル。
この一言。
次はキトだけじゃなくガラパゴスにだって行っちゃうぞ。

・・・足りない私がここで毒を吐いた報いでしょうか。
エクアドル出国時、まだ大筆の入った箱を検査されるはめになり、別室に連れていかれて箱をグサッと開けられ、使っている写真まで見せて説明して検査官はみんな納得して笑っているのに警察が「持ってけ」と指示を出したので、まだ乾いていない大筆をどっかに持ってかれて検査されるという憂き目にあいました・・・・・・・。梱包大変だったのに・・・・・。検査後は雑にテープを巻かれてはい終了。一緒に入れてあったお土産のチョコレートの箱もグシャッとつぶれてしまいました(涙)

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中

疑惑ー罠−策略・・・結局ニッキに感謝

キトでのステージ終わりました。

いやあこれで2時間ドラマ作れるよ
しかもフジテレビじゃなくて往年のテレ朝土曜ワイド劇場なみのドロドロね
みたいな怒涛の1週間でした。

え?そーなの?
え?そーいうことだったの?
え?まじここ?

これは外国でのお約束。
楽ではないけどずいぶんと免疫がついてきました。
けれども悪い人間につかまった時っていうのは・・・
基本的にKinkoちゃんの周りにはいい人が集まるのでね♡

私なんぞはゲーノージンじゃなくっても、たまにこんなステージなんかをやる機会をいただくもんですからたまに漫画に出てくるようなドロドロに遭遇することがあって・・・

ある日。
出演間近というのに共演者があまりにぶったるんでいるので
自分のパートくらい仕上げてから呼びに来やがれ!
とブチギレて部屋にこもってやりました。

・・・と、これだけ書くと私がただわがまま言ってるみたいなんですが、それまで毎日相当に戦ったあとの話です。私は自分の仕事はキトに入る前に完成して現場では合わせるだけの状況にしてありました。日仏合同チームのためキトに入るまで合同練習ができなかったので、現地でのリハーサルは大変に貴重な時間。
全員そろっての時間をけずるわけにいかないので私のパートに参加する墨係(日本人)には昼食時間を調整して自主練してもらいました。もちろん私も一緒。

それなのに緊張感ゼロの共演者が一名。
例えば「お昼食べ過ぎちゃったから踊れなーい。」
おいおい、あんたダンサーだろ?
共演の我々アジア人。主催者の南米人に対しての優越感だけむき出し。
これも現地に入るまで気づきませんでした・・・痛恨。
まさに一番悪い時に本性あらわる。

出てやれば文句ないでしょ?
こんなへんぴな国の国際大会と名がつく大会で「芸術大国」が参加してやるんだからありがたいでしょ。日本が言ったところでどうだか知らないけど私がたのめば聞かないわけにいかないのよ。
と、私の面前でこのセリフを吐くほど傲慢になり・・・。

ここに来るまですっかりだまされてしまった私たち。
私だけではなく関係者全員がすっかりだまされてしまいました。

フェスティバルが始まって毎日他国代表の真剣なステージを見るにつけ
焦りをつのらす我々日本人。
だって何より申し訳ないじゃない!彼らの汗に対して。
それでも気づかない彼女。
遅ればかりが目立っていく。
そればかりか舞い上がってどんどん一人よがりになって毎日会うたびに
演出を変えたいんだけど
と勝手な話を始めて混乱させて・・・

とまあ、こんな状況だったので
まずは自分の仕事しろ!
となったわけです。

で、いっそのことKinkoなんかいなくても3人で出てやるわよ!
くらいの根性を見せてくれれば私も追い出されたところでかまわないくらいの覚悟だったんですが、何から何まで感覚が違う人間がいるのだということを思い知らされました・・・・・

時間が空いたし疲れているので部屋でふて寝をしていると
(な〜んて言うのは表向き。いつでも出られるよう何かしら準備してるんですが)
何やら知らない電話番号からしきりに電話がかかってくる。
怪しい電話なので出ないでいると今度は
ホテルの部屋のドアが乱暴にたたかれ始め、気持ち悪いからじっとしていたらなんと鍵が開けられて誰かが入ってきた!
寝室は入り口からさらに入ったところだったのでじっとしていると出ていった様子。
でも本当に出ていったかわからないからそのまま寝室にこもっていると・・・

1時間くらいしてまたドアが乱暴にたたかれ始めた。
なにごと?
と思っていたらまた鍵が開けられて今度は5人くらいの足音が。
そしてとうとう寝室のドアが開けられた。

すると後から主催者の一人が現れて「薬飲んだの?」と聞く。

なんだ唐突に?と思ったけど確かにここ2,3日周りに風邪の人が多かったから念のため風邪薬を飲んだので「飲んだ」と回答。

すると「みんな心配しているのよ。何やってるのステージ前なのに。私にできることはない?」とかなんとか

わけがわからない。でも主催者にたのむことなんて何もないから
「何もないですよ」
と回答。
この問答がしばらく続いてようやく全員部屋を出る。

でまた1時間かそこらたったらドアが叩かれ、今度は外から
「お願い出てきて」と問題の彼女の声・・・。その後ろから大勢の声がガヤガヤ。

わけがわからない・・・

そして夜になってようやくわかりました。
その彼女が主催者に
「Kinkoが部屋から出てこない。どうも薬をやっているようだ。昏睡しているかもしれない」
と吹き込んだのだと。

練習しろよーーー私がドラッグやってることにしてなんの得があるんだよーーー

と思いましたが彼女にはあったのです。
私を心配している姿を周りに見せ、出演が間に合わないからどうぞ一日のばしてください。と我々の出演を千秋楽に変えさせたのです。しかも出演直前に。

理由は・・・自分の準備が間に合わないから。

おかげで主催者のスケジュール担当には出演当日ひどい態度を取られるわ
その他にもとんでもない目に会いました。

それにだいたい出演日勝手に変えるなんてどうしてくれんだよ。
在エクアドル日本大使館までが宣伝してくれたんだよお。
赤道連れてってくれたおばちゃまだって友達連れて見に来てくれてたんだよ!!!
ほかにも私を見に来てた人たちがいたのに!!!!!!!

しかーし。
Kinkoの心には火がついてしまいました。
けじめはステージで見せてやる!
主役が誰だか教えてあげるわよ!!!

気分は乙部のりえVS姫川あゆみ(笑)

いや〜私がこういう気持ちになることってないんですけどねえ。
今までは共演者に感謝しかなかったもの。
本当のプロって企画の段階から稽古の時から本番までいつも「さすが」って思わせてくれて一緒にやれることが幸せ。って思ってましたから。

とにかくいい仕事をするしかない。
とにかく魂込めました。

結果。

ステージ終了後Kinkoちゃんの周りには人だかり。
記念撮影の順番待ち。
順番がまわってこないからお客さんが声をかけたのは墨係もやってくれた日本人ダンサーNORIHIKOくん。
チームジャパン。勝ちました!
キトのみなさんありがとー!お客さんには伝わるのね。

お客さんが落ち着いてきたら今度は主催者トップが駆け寄ってきてツーショット。
そこからカメラマン、会場係・・・
こんな光景は1週間のフェスティバル中我々だけでした。
しかもまだこの日のステージは続いていたのに。

で、ようやくようやく落ち着いたのでふてくされてる彼女にも
記念にみんなで撮りましょうって声をかけたら渾身の笑顔でうつっていました・・・。

で。
またまた「タイトル間違ってねーか疑惑」が湧いてそうなんですが・・・

間違ってないんですよ。
ニッキに支えられたんですよ。
毎日体力の限界やってて聞けなかったんだけどようやく出演直前に聞けたわけ。
先々週のニッキのラジオ。
聞けたわけっていうか敢えて聞いたと言ったほうが正しい。
リンクは教えていただいていたのに聞けなかったのだけど、あまりの混乱に敢えて日常(=少年隊)に触れて平常心に帰ろうと思ったの。

そしたらさ。
「結婚?おれか?」
「いやいやゴーストですから」
ってほんまもんのプロのサービス精神を見せられて、
でもって3種聞き比べて同じ材料をこうも違って料理するかと感心したりしてねえ。
もちろん聞き手としては浜村淳圧勝です。
ベテランなのに一番準備してる。知識から何からもひっくるめてニッキとニッキの作品の価値を高めるトークでしたね。プロ!!!

武田和歌子のほうも同年代からのアプローチでそれなりによかったですけどね。

ニッキ自身も、いつものおちゃらけに磨きがかかっているだけでなく、演出家としての発言がさらにしっかりいいものになっていて聞きごたえがありました。

そういうプロたちのエスプリを吸収したおかげで正攻法を貫けた。

本物には力がある。だから感謝なのです。

ニッキありがとー!!!
おまけにまた「ぼくら3人は」って言ってくれてありがとー。

この度のニッキのたて続けのラジオ出演は錦織一清演出舞台「蘭〜緒方洪庵 浪華の事件帳〜」の大阪公演の宣伝のため。楽しいお芝居みたいですね〜。
私が祈らなくても成功すると思いますが祈ってます。

で、話をもどすと、今回の出演者の中ではやはり私の大好きなメキシコからの代表2チームとスペインからの男女ペアが圧倒的に実力、演出ともによかったです。これは好きだからよく見えたのではなくて、よいから好き。なのだと信じています。

IMG_20190916_151007b
サンマルコス祭(メキシコ)出演の時のビデオを見てくれてるメキシコチームの若者たち。このさわやかなかわゆい子たちがいじめをテーマにした壮絶な作品を見せてくれました。実力も含めてすごかった。
さすがメキシコ。

さてさて今回の我々の作品はどんなビデオに仕上がりますやら。
(追記:わけあってすぐ完成しましたコチラ

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中

アルザスでのパフォーマンスビデオ公開

5月の記事「フランス人にもほめられちゃったよ少年隊」の時に予告?していたビデオを公開することになりました。

東洋の古典芸術=書をどう現代あるいは未来の芸術にしていくか。
ユニバーサルに受け入れられるには???

そんなことを模索している私の今年の試みです。
ダンサーとミュージシャンとのコラボという組み合わせはメキシコでも行いましたが
フランス人とのコラボでまったく違う世界ができました。
タイトルは「Un abrazo de 'legerete' 軽さを抱く」
動画はこちら

日本からもう一人男性ダンサーを加えて、いよいよ来月エクアドルはキトで開催される国際ダンスフェスティバルに臨みます。
50分の大舞台。
フランスでの初共演の経験をふまえ、改良してグレードアップする予定。
興奮するうううう。

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中

フィルムダンス選ばれました!

やったーーーーー!
去年メキシコで撮影したフィルムダンスがまたバレンシアの International Meeting on Video- dance and Video- performance に選ばれました。
うれしい!!

なんたっておととしドキドキで参加したこの研究会。
予想以上に立派な会場で上映してくれただけでなく、選出された「ほかの」作品がすごくって見ているだけでも興奮したんです。
だってCM撮影している人とか映画撮ってる専門家とかが一緒に参加しているんだもの。
内容、映像ともにすごくて「よくもまあ私がここに」って思いました。

プレゼンだけは私のが一番簡潔で盛り上がったけど。

前回は撮影も自分でしたので機材がプロ仕様じゃなくて映像がもったいなかったっていう意見をいただいたのですが
今回はちゃんとプロのカメラマンと作れたのでその点では進化。
そのあたりも審査員の先生気づいてくれたかな?

一応説明しますとビデオダンスあるいはフィルムダンスっていうのはステージで発表されたダンスの舞台記録ではなく、映像ならではの表現としてのダンスです。
というわけで今回の作品もいわゆるダンサーが登場するのではなく、私が文字を書く書家としての動き=身体表現を映像、音楽自体のリズムと融合させて「ダンス」としている作品。そんな私の作品も選ばれる分野なのでフェスティバルなどでいろいろ並べて見ると本当に多彩でおもしろいのです。

なにはともあれうれしい。
早くバレンシア行きたいよお。
早くパエリア食べたいな・・・・・・?

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
随筆内キーワード検索
Message
Archives