Kinkoちゃん随筆

書に遊ぶKinkoちゃんの気ままな日常 ・・・現代アートから海外情報、最近なぜか少年隊まで⁈なブログ

アーティストインレジデンス

コロナから「新しい日常」へ 新作はいつになるかな?

朝起きてから「今日は何しよう」って考える。
こんな日はいつからなかったろう。

スローライフしようとしなくても世界中がスローライフ。
コロナのおかげでいろんなものを手に入れた気がしている。
フェイスブックでいろんな国からシェアされてきたジョークを見てはピンチを笑いに変えるみなさんやそれを楽しむみなさんのマインドにも触れることができた。

「モモ」を読んで忙しさに心を忘れることについて書いたのが昨年末。
私なにか予感していたのかしら?

映画は何本見たかな?
時代的には片岡千恵蔵の「大菩薩峠」までさかのぼり、国もジャンルも取り混ぜて、とにかくいろいろ見ています。

印象に残っているのは・・・
邦画では 「WOOD JOB!」 「ジャッジ!」 「パパはわるものチャンピオン」
海外のだとイランの 「運動靴と赤い金魚」 とかインドの 「ダンガル!」
ハリウッドの 「ドリーム」 もよかった。

ちょっと並べただけでも統一感ないでしょう?ふふふ〜。

ジャニーズがらみだと関ジャニ丸山くんの「泥棒役者」がおもしろかったです。
どれもこれもこの機会がなかったら知らずに終わったかもしれません。

音楽も日によって洋楽の日。とかクラシックの日。とかいろいろやってみました。
シーナ・イーストンが世界のお籠りファンのために公式にライブ映像をYoutubeにアップしてくれた日はシーナの日。
ほかにも子供の頃にはいまいち魅力がわかってなかった稲垣潤一を聞きまくってみたり、もっと古いのとかいろいろ鑑賞。

お散歩の条件つき解禁まで部屋にこもっていた日々は
外の景色が見えない分だけ想像力を助けてくれて
すばらしいインプットの時間になってくれたと思う。

スペインでは「新しい日常」に向けて種々の規制緩和が始まりました。

まずは運動。

時間制で外出を楽しむ許可が出たのに加え、5月8日から公園の封鎖が解かれました。

マドリッドでは大通りの歩行者天国といった試みも。
他の人と間隔をあけつつ大勢の人が歩けるってわけです。

美容院も条件つきで営業再開。
銀行の店舗も時間を短縮してオープン。

感染の状態を観察しつつ、おいおい規制緩和が進んでいくとのこと。

お店の再開にあたっては
店員さんの制服を毎日洗うことを義務付けられたとか
たとえば洋服屋さんなら試着した服は消毒してからじゃないと再び並べられないとか
けっこういい変化だよね。
世界がきれいになっちゃう。
ヨーロッパ人も毎日バスタオルを洗う日が来る???

さてさて私もぼちぼち日常に近づいていこう。
新しい日常か。
いいね。

4月から5月にかけて本当ならイギリスのアーティストインレジデンスで新しいプロジェクトに取り組んでいたはずでした。延期になって、参加が年内になるか来春になるかまだわかりませんが、今だったらできなかったものが生まれるはず。
イメージしていた企画は白紙に戻してゼロから膨らませていこうと思っています。


【Kinkoちゃん随筆】 書家・美術家 金子祥代 https://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
インスタはこちら☆https://www.instagram.com/sachiyo.kaneko/

運命ってあるんだなあ

4年前の今頃は初めてのスペイン行き、初めてのアーティストインレジデンス参加を前に、わくわくどきどきしながらビザや作品の準備に追われていたのでした。

その、初めての経験を与えてくれたレジデンスから残念な報せが届きました。
世界中からの350人ものアーティストにチャンスを与えてきたレジデンスが、活動を停止するというのです。

バルセロナは今、混乱しています。

私が滞在していた時は「スペインから独立したい」という声を聞くことはあっても具体的なことは何も起きていませんでした。

私がバルセロナを離れて数か月後、独立とは違う理由でしたが、観光のメッカ、ランブラス通りでテロがあったあたりから妙な流れが始まりました。
その後住民投票で独立の決議があり
最近では毎週、多いときは週に何度も日本大使館からバルセロナの毎日のデモの場所と日程が流れてくるほどです。

観光で成り立っている街だというのに、訪問客が減っているとの発表もありました。

そりゃあそうでしょう。
お行儀のいいデモばかりではないし、便乗した暴動も起きるわけだから。

4年前にこんな状況だったら私だって、いくら滞在アーティストに選ばれたって参加に二の足を踏んでいました。

そんな状況の中、存続が困難になってしまったレジデンス。
本当に悲しいことですが、
同時に「運命」っていうことを思ってしまいました。

だって本当にあと半年後だったら私が参加していたかどうか。

あの時参加していなければ出会えなかった人たちも多いし、何より現在この国にいません。
この国に住んでみて得たものを数えたら、あの時たまたま募集があって、運よくその募集に気が付いて応募して選んでくれて、さらに運よく私の都合もついてここにやって来られたことの奇跡を思わずにいられません。

だってスペインなんて興味を持ったことすらなかったのだからそれまで。

これからもそんな運命の声が聞こえる自分でいたいと思う。
「その時」は自分でもわかっていないのだけれど。

最後に、レジデンスの関係者にもう一度心から感謝を。

そして活動停止のお報せの中、過去の活動を振り返ったアーカイブの中で、Sachiyo KanekoのDiamant広場でのパフォーマンスを代表的な活動の一つとして紹介してくれたことをうれしく、また誇りに思います。

これからも、運命にいただいた種を大事に育てていこうと思います。

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
インスタはこちら☆https://www.instagram.com/sachiyo.kaneko/

天のはごろもプロジェクト1

はごろも(風)Jpeg

カディスのアーティストインレジデンスでは
「天のはごろも」プロジェクトを実施。
そのうちのひとつ
ビデオを改良、公開しましたので御覧ください。
https://vimeo.com/180938194

書家として文字を書いている動きは、
外国人からDance!と言われます。

美しい書は美しい動きから生まれるのです!

今回は、仕上がりの紙作品を意識せず、
動きにフォーカスした映像作品です。

日本中に天の羽衣伝説はたくさんありますが、
その中から、私が最初に出会った羽衣伝説をもとに物語をつくりました。
羽衣が風に飛ばされて空に帰れなくなった天女。
そこに通りかかったやさしい若者。
二人の恋。
別れ。

さて、映像の中で私が書いている文字はなんでしょう?
9回書いています。
複数回書いている文字も。

なんてクイズではありませんが、
わかるともっとよい鑑賞ができるとは思います。

カディスの青空と光と風の中、気持ちよく天女になりました。

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中

「おはなしコンサート」(童音社)復刊にご協力ください。
随筆内キーワード検索
Message
Archives