Kinkoちゃん随筆

書に遊ぶKinkoちゃんの気ままな日常 ・・・現代アートから海外情報、最近なぜか少年隊まで⁈なブログ

パフォーマンス

MUACで「どうしようもない」

MUACというのはMuseo Universitario Arte Contemporaneo (UNAM)の略で、メキシコでも有数の現代アートの国立美術館です。
建物自体がおしゃれな建築で、展示内容もおもしろい。
一般的な観光ルートからははずれているかもしれませんが、実は駅も近くてアクセスしやすいのでアートがお好きな方にはおすすめの一つです。

5月18日はInternational museum dayとされていて、毎年決まる同一テーマにそって、いろんな国で入場が無料になったり催しものがあったりします。日本では「国際博物館の日」と訳されていて2002年から参加しています。まだあんまり知られていない気もしますが美術館博物館だけでなく動物園や水族館なども含まれるのでその日にお休みがとれたらチェックする価値あるかも。

MUACでは今年このInternational museum day(国際博物館の日)に合わせて18日(金)と19日(土)の二日に渡って特別企画がいくつか用意されていました。
私のパフォーマンスもそこに入れてくださって
どうせなら土曜日のほうがいいんじゃない?
ということで19日の昼下がり、中庭でのパフォーマンスが実現しました。

Anish Kapoor作の鏡とコラボっていう画面もなかなかできないよ!

とギャラリーのボスも大張り切り。

2.4m四方のアマテ紙を3枚並べて音は墨と筆と紙から生まれる音だけでパフォーマンス。

パフォーマンスの時はいつもそうするように
奇をてらったものではなくて書そのものを書きました。
でも現代の書はこんなにバリエーションが楽しめるんだよ。という試みで3種。
動画はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=Arvd2CyKo1M

中庭だから問題ないかと思っていたら開始と同時に強風が吹き始め、
下敷きごとぶわーーーっと舞い上がって大騒ぎ!
と、いうわけで
なぜかいつもメキシコの屋外パフォーマンスの動画では紙の上にコップや石がいっぱい乗っかっているという不思議な光景になってしまうんですが、今回もその辺はご愛敬で。
今回学芸員さんたちまで乗っかっています。。。

二番目に書いた作品は荒々しいので読める人は少ないと思いますが
「どうしようもない」
と書いています。

こういうネガティブな言葉は日本で書として書くっていう機会はなかろうと思って敢えて書いてみました。
裏話をすれば、何を書くか考えているときに
ヒガシの「どうしようもない」が頭の中をぐるぐるし始めたのがきっかけなんだけど・・・
これも天啓。
このネガティブな言葉を激しい表現にすることで、逆境にも立ち向かう強い姿勢を表現する。
というテーマの作品に昇華いたしました。
実は一番反響の大きかった作品です。

若かった頃のヒガシの「どうしようもない」はちょっとひ弱で曲に負けちゃってる印象があったんですが大人になるにつれてどんどんよくなっていきました。
見ている時は夢中になるってことがないのに時々無意識に口をつく不思議な曲です。
本当に芸術っていうのはどんな形で人に作用するかわかんないよねっていう例の一つ。
「どうしようもない」はこんな曲。ヒガシがほそ〜い!

ああ早い。
あのパフォーマンスから1か月が過ぎました。
片づけて車に乗った瞬間に雨が ダーーーーー!!!と降り出したんだった。
わずか半日のできごとでも準備時間の灼熱地獄からの突風騒ぎ。
そしてどしゃぶりの中の帰路とめまぐるしい時間だったっけ。
そして熱心であたたかい観客。
いい日だったな。忘れないようにしよう。
忘れないか。

あの日はこんなかわいい助手もあらわれました。
IMG_3746b
彼女の心にもどんな形でもいいから何か残っていてくれたら嬉しい。
アートの力を信じよう。






追記:この日揮毫した作品のMUAC収蔵が決まりました

さらに追記:「どうしようもない」ってトシちゃんのカバーだったのね!
少年倶楽部で佐藤アツヒロくんがローラースケートダンスでカバーした回で知りました!!!
それで探してみたらたしかにトシちゃんが歌ってる。ある時期にトシちゃんはちゃんと勉強して歌唱力つけたからねえ。3人の歌唱を比較するとやっぱりトシちゃんのが一番いい。
この曲の感じだと実はかっちゃんが得意そう。
一般的にジャニーズは音をひっぱっちゃって語れないのよねえ。
それができるのはかっちゃん。
でもアツヒロくんの後輩とのローラースケートダンスはよかったです。そしてしかもアツヒロくんが一番かっこいい。昔のジャニーズのほうがつくづくきちんと基礎のお稽古をしたんだなあと思います。アツヒロくんの場合はセンスも感じるし継続していることも大きいとは思うけど。

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中

毎度の補足ですがヒガシは少年隊の東山紀之です。

「おはなしコンサート」(童音社)復刊にご協力ください。
復刊.comは基本書籍の復刊活動だけど少年隊のVHSもなんとかならないかしらん?

鼓動

ひと雨ごとに涼しくなる秋・・・なんておだやかなイメージなく連日バケツをひっくり返したような豪雨&雷雨。
今日も太鼓の中にいるような気分で雷を聞いてしまいました。
傘があっても歩けないような雨は困りますね〜。

ところでみなさまこちらはご覧いただきましたか??私の暑〜い夏の思い出アグアスカリエンテスの最終パフォーマンス。
http://www.youtube.com/watch?v=qv1QsDfdbHI&feature=fvwrel

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中

暑い。。。メキシコじゃなくて日本

アグアスカリエンテスもプエブラも真夏のように暑くて帽子なしでは歩けなかったけれどもクーラーは要らなかった。
(なかった。が事実だけど、ほとんど)
メキシコシティが今の日本と同じくらいの気温で28度くらいって言ってた。
メキシコは常夏のイメージを持つ人が多いと思うけど「28度もあるんだぜ!」という口調です。
朝晩は寒いくらいでクールダウンできるし(しすぎで別の意味でハードだけれども)基本的に日蔭はとっても心地よいので夏バテっていう感覚はありません。

今日本はこれでもかって雨が降っていて真夏のようには暑くないけれど私は一人毎日暑い。汗をながしている。

なんでかって言えばアイロンだー。

4月に日本を出てブエノスアイレスまではセーターにコートを重ねていたけれども5月にメキシコに入ってからは基本夏服。4月にまだ日本が寒かったことを忘れていた。
何を言ってるかっていうと衣替えできてなかったってことなの。
引き出しをあけてびっくり!セーターで埋まっているではないか。
そんなわけで、旅の片づけと並行してせっせせっせと洗濯しまくっているわけ。
さすがに2カ月の外遊ではめっちゃ忙しく「働いた」とはいえ随分お金もかかっちゃったから今年はクリーニング代を節約だ。とばかりに梅雨の湿気の中、汗だくになりながらアイロンをかけているのだ。

夫は一人でもそこそこちゃんと生活していたけれども、さすがに衣替えまでは気がまわらなかった。
他にもちょこちょこ私がいるときとは状態の違う箇所があって(特に水回り)毎日メンテナンスにいそしんでいます。

それが嫌かっていうとそうでもなくて、2か月も家事をしなかったおかげで結構新鮮。
しかも今、次のことを考えるほどには元気じゃないので、せっせと家事をするのは逃避にも役だっています。
料理もちょっと手をかけちゃったりして。

でも。
今日在メキシコ大使館の方から6月6日の個展のオープニングで大使とうつっている写真を送ってくれたのを見たら私の頬がすっきりやせてる。
なんせ忙しかったからなあ。
で。
帰国して10日。元に戻った以上にすでに膨らんでいる私。
日本は食べ物のバリエーションが豊富だからねえ。うれしくって嬉しくって毎日食べまくっているもんね。
この2カ月の記憶がクールダウンしたらちょっとずつ動きだそうって思います。
今は主婦生活を満喫。
う〜ん、でも昼寝してないなあ。
もっとのんびりしなくっちゃ★
頭からっぽにして、いつか今回の旅の経験が形になって表れるのを待ちたいと思います。

さてさて。
その旅のメインイベントのひとつサンマルコス祭の時のパフォーマンスのビデオが一つ完成しました。
http://www.youtube.com/watch?v=A_bdkfroUUY
終わった後全力疾走したみたいに息がぜーぜー。
そんくらい頑張りましたので見てくださいね。

ちかぢかこの後に書いた大筆のパフォーマンスも公開予定です。

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中

帰って来たぞ〜。

明日はバレンタイン。
メキシコは色んなところで日本の影響を受けていてけっこうバレンタイン用のチョコの売り場を見かけました。

さてさて1ヶ月前の1月14日はメキシコでパフォーマンスをした日です。
http://news.yahoo.com/photos/japanese-artist-calligrapher-sachiyo-kaneko-paints-during-performance-photo-010903893.html

http://www.2space.net/news/article/401255-1326590402/japanese-artist-and-calligrapher-sachiyo-kaneko-paints-during.html

http://tabitabitoyo.blog94.fc2.com/blog-entry-624.html

http://www.dreamislandgiftshop.com/tips/video/video/1e1lEy5yoDo/-Save-the-Last-Dance-for-Me-Sachiyo-Kaneko-s-Japanese-calligraphy-live-performance.html

そのおかげでなにやら色んなところで紹介されてます。2つは今回ので、あとは前のと個展の案内ですが。

なななんと、1月19日にはforoTVっていう教養番組で30分’caligraphia japonesa'っていう特集が作られて全国放送されました!!
通訳が用意できないっていうことで私の出演はボツになり、VTRの中だけの登場でしたが・・・
くやしい。もっとスペイン語勉強しておきたかったよお(涙)
ラジオもテレビも3ヶ月続けたんだけどねえ。そんなビギナーではたちうちできなかったよお。
メキシコは予想以上に英語ができる人が少ないので町では役にたったけどね。カタコト以下でも。

花屋にふっかけられたりスーパーで100ペソぱくられそうになったり、今では使用できない古い500ペソ札(銀行で交換できるけど1ペソにしかならない)をどっかで渡されて使おうとして怒られたり、まあ色々ありましたがやるべきことはやったし、めちゃくちゃ素敵な観光もさせてもらいました。
どこに行ってもヒーターがなくて朝晩は凍え、おひさまが出ると夏の日差し。一日の中に春夏秋冬がある過酷な毎日。
シャワーの出が悪くて、ある日は真冬の寒さの中、水をかぶることになり、お天気がいいとでかければ突然嵐になって木の下で雨宿り。
う〜ん思えば思うほどエキサイティングな毎日だった。
おかげでいつもなら寒くてボロボロになっている今の季節、日本は快適〜とばかりに時差ぼけもなく元気に過ごしております。
でも、不便は脳を活性化するな。としみじみ色んな場面で思ったのも事実。時々は不便を体験しにでかけたいな、と思っています。

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中

1年かかりました

とうとう風邪をひいてしまってボーっとしたまま誕生日が過ぎクリスマスが過ぎ今年があと6日しかない!!!
えーーーーーーーーー???
私まだ日本にいるし・・・
まあ色々ドタバタしましたがようやく少しずつ作品がメキシコに着き始めました。
少しずつっていうのがまたよくわかんないけど。
複数口をまとめて送るときは一枚の送り状にまとめて云々っていうシステムはなんなんでしょうね?
まあ今は着いてくれればそれでいいけど。
あとは早く私を送り届けたいよーーーーーーーーお。

1年前の今頃は1ヶ月のヨーロッパ滞在を終え帰国するところだ。
うそみたい・・・
すごく長くいたみたいだったけどたった1か月だし。
そーだそーだそーいえば去年の12月は世界中が寒かった。
アムステルダムの駅でこごえていたのを思い出した。
身につけられる限りの重ね着をして関節が曲がんないくらいだったのにそれでも寒くて寒くて。
駅で朝ごはんを食べようと思ったら構内の店がまだ一店も開いていなくてしかたなくホームに上がってこごえていたんだ。
10時をまわったら降りて食べよう!あったまろう!
とそれだけを支えに。
それがエレベーターもエスカレーターも使えなくなっていて、1か月分の入ったスーツケースを抱えての一人旅女子は降りるのをあきらめたのだった。
まさかの連続だったなあ。
やっと列車が来て席についたらシステムトラブルだか何だか言って一時間出発しなかったんだった・・・
試練試練。
出発して販売コーナーに行った時には激混みで注文するまでにさらにヘトヘトになったのだっけ。でっかいおっさんの影にかくれて店員さんに存在を知らせるだけでもおおごとであった。ドラマだ。もはや笑いの域だった。

でっかいおっさんと言えばその2日前、劇場の前でシャッターをお願いしたおっさんがそこのドーナツ屋台の主人と勘違いして食べたくもないどでかいドーナツをお礼に買ったらおっさんは自分の注文していたドーナツを受け取ってしゃらっと去ってしまったっけ。
間がよすぎてあっけにとられた。しかもドーナツが高いのにまずいし。

いやあ色々あり過ぎてきりがない毎日だった。

さてさて今日はそんな悲しい思い出話のために書き始めたんじゃないんだよお。
やーっと1年たって去年の11月のパフォーマンスを公開する勇気を出しました。
というわけでせっかく公開したからには見てもらわないと。
こちらからどうぞ。フェイスブックもついでに体験してください。
ファンページだから登録していない方でもご覧になれます。

http://ja-jp.facebook.com/pages/Sachiyo-Kaneko-fan-page/190931644286440

なんかバタバタしてますが今年も色んな方にお世話になりました。
新たな出会いもありました。
来年にはようやく大殺界も終了です。
2012がキラキラした素晴らしい年になるようにキラキラの時計を買って待っています。

ではではお世話になったみなさまへ今年一年の感謝を。
そして来年が皆様にとって素晴らしい年となりますように。

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中

筋肉痛

今月は一年ぶりに大筆と格闘しました。
運動量を増やしていたので前よりは動きがよくなってきたと思う。
ちょっと調子にのってどびゃーっとやってたら尋常じゃない量の墨が飛び散って汚れ予防の布も通過して壁を黒くしました。
これはちょっと誤算。
でも、この日のために壁を自分で塗ったのじゃ。
大筆の稽古は一段落した(気がすんだ?)ので今朝は部屋を片付けて汚れたところを塗りました。
一回塗っただけで白い。
思った以上の実力に満足。
さーすがドイツ製??
天然素材だし。
いくら墨が日常とはいえ壁は白い方が気持ちがいいな。
久しぶりに顔を出した床もぴかぴかに磨いちゃった。
今は年明けのパフォーマンスが楽しみ。
大筆をどう運ぶのか。
それは来月考えよう。

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中

電話苦手

メキシコのギャラリーオーナーから電話がありました。
時差があるから時間を決めてあったので、頭すっきりさせて待ってたんだけど・・・

はあ〜っ

電話で話すのって難しい。

あちらの声が大きくてわれてしまって聞こえないところがある上、衛生中継みたいな時間差があって、次のことを話し始めたらさっきの言葉にリアクションがあったりしてすごく難しかった。
返事がないから聞こえないのかと思ってもう一回言っていたら突然返事があったりして。
かと思うと妙な間があいちゃったりして。
長く英語を勉強してきたとはいえ、電話は圧倒的に経験不足。
うー。
どうしようもなくレベルの低い会話をしてしまった。

うー。
パフォーマンスの内容が全然つめられなかったぁ。

ひとつだけ収穫があるとすれば、この個展及びパフォーマンスが現実だっていう実感ができたことかな。
ひとつだけど大きいね。

前に進もう。

スペイン語もがんばるぞー。

書道家 金子祥代 http://www.kinkochan.com/
長年個展で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中
随筆内キーワード検索
Message
Archives