Kinkoちゃん随筆

書に遊ぶKinkoちゃんの気ままな日常 ・・・現代アートから海外情報、最近なぜか少年隊まで⁈なブログ

ピコリノス

甲低幅狭靴 その3 Vialis

マドリードは暑い。
ということでテレビでも帰省ラッシュならぬ
バカンスシーズン到来のニュースで混んでいる駅の映像とか流れています。

暑いと言っても、本当にエアコンが要るのは午後だけの
健全な夏です。
夜は扇風機も要りません。

街は夏物バーゲンの最終ステージ。
秋物も出始めましたが、一緒に
50−70%引き
なんていう夏物コーナーがあっちこっち。

バルセロナよりもマドリードの方がちょっとおしゃれ度も高いので
道を覚える、という口実のもと、お店を探索しています。
同じブランドでも品揃えが違ったりするし。

せっかくスペインにいるんだし〜

もう一度カンペールとピコリノスも何店舗も見てみました。
結論。
ダメ。
幅が広すぎてサンダルだと、足が前にとびでちゃう。
さすがに日本に出店できるだけあります。幅広です。
あ〜あ〜と思っている間に、日本人観光客が購入していきました。

Vialisというバルセロナ発の手作り靴。
これは細身です。

今回はバーゲンシーズンで
欲しいデザインのは私のサイズが売り切れていたのでサイズを確かめるだけで終わってしまったけど、
今後チェックの価値あり。
普段38ですが、この店では37がちょうどよかったです。

前回紹介したZendraのサンダル。
毎日履きまくってますが、さすがに安いだけあって、革が素足に気持ちい〜い!って感じじゃないので、
Vialisとかの革がいいやつがやっぱほしい。
底も厚めの方がやっぱり楽なんだな。

ここのところ歩きまわってちょっと疲れちゃったので、
少し休んだらまた探しに行ってみようと思います。

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中

注)幅狭甲低/甲低幅狭=足のサイズのタイプ。足がつらい理由は靴が自分の足に合っていない。ということ。ゆるくて足が靴の中で泳いでいるせいで疲れているのかもしれないし、ハイヒールも、反りが合っていないから爪先が痛いっていうことも大変多いと思います。実際は幅狭甲低の足だから起きている問題も多いはずが、なかなか認知されていませんよね。私も気づくのに時間がかかりました。でも!いまは甲低幅狭の足を自覚して快適な毎日。歩くのも靴を選ぶのも楽しくなりました!!
私の靴探しのレポートはカテゴリー「甲低幅狭靴」にまとめています。

「おはなしコンサート」(童音社)復刊にご協力ください。

甲低幅狭の靴 本編2

ところがです。
Le Silla はよすぎるのねえ。
バルセロナで履くには。
おしゃれすぎなんです。

バルセロナって、ハイファッションの気配が
 ・
 ・
 ・
ない。

気楽ではあるけど、逆におしゃれの楽しみがないっていうか・・・。

同居していたイタリア人も靴探しでがっかりしてた。

いっぱい歩くための靴しか売ってないー!
おしゃれなのがなーい!
って。

それと、Le Sillaに限らず、おしゃれなところの靴って、
すごいハイヒールかペッタンコしかない。

これが困るのです。

せっかくぴったりくる靴をみつけたのに、
一番使いやすい中ヒールがない。
背が高〜いモデルさんならペッタンコでもかっこいいけどさあ、
私たちは普段から少しだって底上げしたいのさ〜。
いくら足に合うって言っても1時間以上歩きまわるのに10僖辧璽襪呂気垢にねえ。
歩けちゃうけど。もったいない気がするし、
ゆる〜い服装もできないし。夕涼みなのに。

と、いうわけで、
話は2話戻りますが、ここバルセロナで探してみることにしたんです。

いっぱい歩くための靴。

ってかサンダル。

最近日本にも上陸したピコリノスも近所なので見てみたんですが、
店頭にあんまりいいのが残ってなくて。
(ただ、革の感じは気持ちよかったです。見た目よりは細身だし。)

いろいろ比べるにはデパートが便利、とEl Corte Inglesに行ってみましたが、
なかなか食指の動くものがなく・・・

パッと見は幅狭に見えないがっちりしたものが多いっていうのもここの特徴かもしれません。
エレガントなのがとーっても少ない。

無理して買うのよそうかなあ。。。
とあきらめかけた時、
でもせっかく来たんだから履いてみようか、
と何気なく手に取ったサンダルが、たまたま私のサイズで、
履いてみたらばあら不思議。
ピッタリなんですけど。
おやおや、じゃあ他のも試してみましょう、と
履いてみたらヒールの高さが高いものまで抜群のフィット感。
おおおおおおおお。
あった。
あったよ〜!
20160719 (1)blog

ZENDRA basicって書いてあります。
お値段お安め、68ユーロ。しかも本日セールで48ユーロ。
そろそろ移動で荷物を増やせないので、今回は当初の目的の
「たくさん歩けるけどおしゃれなサンダル」
を一足だけ買いました。

お安目とは言っても、バルセロナのそこらじゅうのお店のサンダルの相場は20〜30ユーロくらいなので、
まあまあです。でもねえ。
革でこの値段は日本人的には超お買い得ですよねえ。

気軽に買える値段でしっくり履けるものがあったっていうのは
すごい収穫。
気軽に歩き倒せるじゃん。これなら雨に濡れても惜しくない。
20160719 (4)blog

私の足に合うということは、ほとんどの日本人が履けないということだから
日本に上陸することはなさそうです。
(あ、でもピコリノスは来たか。。。
世界的に展開しているブランドだから日本仕様なのかな?)
BAYMAでは時々出るみたいですねえ。
それならこちらに来なくても手に入ります。
El Corte Inglesのプライベートブランドかもしれないけど。

甲低幅狭で困っている人は案外多そうだけれど、
具体的な情報ってなかなかみつからないので、
本当は秘密にしたいけど、2つのブランドを紹介しました。

もっと多くの甲低幅狭さんが自分の足のタイプに気が付いて
もっともっと情報交換できたらみんなつらい思いしなくていいなあと思うんだけど。
きつくて履けないのはわかりやすいけど、
とりあえず足は入っちゃうから気づいていない人も多いんだろうなあ。こんなもんかな、って。

もっと靴についてみんなが考えるようになるといいですねえ。

今は裸足でサンダルの人が多いので
たしかにヨーロッパの人はうすっぺらくて幅の狭い足が多いなあ、って思います。

だから、ヨーロッパ旅行が可能な際には頑張って探してみる価値ありです。
無駄に痛い思いしてストレス溜めてる人が減りますように。

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中

注)幅狭甲低/甲低幅狭=足のサイズのタイプ。足がつらい理由は靴が自分の足に合っていない。ということ。ゆるくて足が靴の中で泳いでいるせいで疲れているのかもしれないし、ハイヒールも、反りが合っていないから爪先が痛いっていうことも大変多いと思います。実際は幅狭甲低の足だから起きている問題も多いはずが、なかなか認知されていませんよね。私も気づくのに時間がかかりました。でも!いまは甲低幅狭の足を自覚して快適な毎日。歩くのも靴を選ぶのも楽しくなりました!!
私の靴探しのレポートはカテゴリー「甲低幅狭靴」にまとめています。

「おはなしコンサート」(童音社)復刊にご協力ください。
随筆内キーワード検索
Message
Archives