Kinkoちゃん随筆

書に遊ぶKinkoちゃんの気ままな日常 ・・・現代アートから海外情報、最近なぜか少年隊まで⁈なブログ

書家冥利のステージ in メキシコ

見てください! この飛び散り。
M1410049
メキシコのおかげです。
書家冥利につきます。

そらあパフォーマンスする書家も増えました。
大筆使う人もそこそこいます。

でも!!!

ここまで気持ちよく墨まきちらして書ける人、見たことありません!!!

だって床汚れるし、お客さんの服汚すし。

あああああああメキシコありがとう。

ホンっとメキシコ最高です。

こんなに墨をはねてもだ〜れも怒りません。
それどころかあったかーい♡

今回はシャチショーさながらにお客さんには墨よけビニール用意しましたが、
床は・・・

書家の性で早く拭かなくちゃ片付けなくっちゃ!
と焦りまくっていた私ですが、なななんと

そのまま放置!

貧富の差のあるメキシコではお掃除係がどこにでもいて
ここでもお掃除娘のガビちゃんに墨の拭き方指南をするだけで帰らせてもらいました。
この娘たちの職をうばってはいけなーい。
のだ。

もちろん気の小さい日本人の私はマドリッドで買ってきた10ユーロものチョコをあげちゃったけどね。
私の大好きなオレンジピール。

そういえばお昼にここの会場の喫茶の娘が差し入れてくれたタコスとサンドイッチおいしかったなー。ハムとチーズのとってもシンプルなタコスだったけど今まで食べたタコスで一番おいしかった。
サンドイッチもトマトとモッツアレラのみ。でもどっちもあったかくて作り立てでめっちゃ癒されました〜。
本番前の疲れと緊張でテンパッていた我々夫婦の楽屋の空気が一変してしまった。
実はすでに持参したおにぎりとお味噌汁で昼食を済ませていたにもかかわらず
あまりのおいしさにしっかりがっついてしまった私たち。
やっぱおにぎりおいしいね〜
お味噌汁でホッとした〜
と言っていたのは誰だったのか・・・

M1410061
しっかりずっしり食べたおかげで、こんなにしっかりふんばれました。

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中

いい雑音

すっかりプレーヤーにはまっているこの頃です。

「おはなしコンサート」のおかげで最近の我が家は寝る前に素敵なひとときを送っています。
が、それに飽き足らず、とうとう夫が実家からビートルズとかのLPを持って帰ってきました。

実は私、ビートルズってまともに鑑賞したのこれが初めてだ。
クラッシックみたいなもので気づいた時にはどっかで聞いてたっていう存在でしたもの。
我が家の平成のCDプレ−ヤーにはきちんとスピーカーがついていて、右と左に離して設置しているというのに、この簡単なレコードプレーヤーから聞こえるレコードの音の方が厚みも深みもあるよ。
なんでだろう?

雑音って大事ってことなんだろうかなあ。

お正月に毎年やっている芸能人格付けで初心者用の楽器とストラディバリウスとを比較、とかやっているけど、あれも同じなんだろうな、って最近思う。

最近「Kinkoの音楽」のページに紹介したことさんの篠笛を聞いた時にも感じました。
この広がりは自然素材ならではなんだろうなあ、って。
つるんとしたプラスチックとかではありえない人の手では計算しきれない素材や時間の作るいろんな粒子が生む深みや広がりっていうか。

これは墨にも言えることで、最近の墨汁は大変よくできているので一般的なレベルでの使用ではまったく遜色なく便利に使えるけれども、作品で墨ならではの表現を追求する際に限界があります。

これは今進行形で格闘している作品で再認識しているところですが、やっぱり手で磨った墨には限りなくいろんなサイズの粒子が存在するんだな、これこそが魅力なんだな。と。

今ちょうどいい墨の表情がでなくてあれやこれや実験を重ねているところですが、失敗が続いて作業が面倒になって手抜きをすると案の定もっとひどい失敗になります。で最近も絶対墨汁では無理なんだ、というステップを発見したところです。
磨っても磨ってもうまくいかないからちょっと入れちゃえ〜っと魔がさして乾いてがっかりっていう・・・

んんんでもめげないぞ。
4月にグループ展が決まりました。
はっきりした締め切りがイメージされると気がしまりますね。
なんとか完成したいと思います。

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中

筋肉痛

今月は一年ぶりに大筆と格闘しました。
運動量を増やしていたので前よりは動きがよくなってきたと思う。
ちょっと調子にのってどびゃーっとやってたら尋常じゃない量の墨が飛び散って汚れ予防の布も通過して壁を黒くしました。
これはちょっと誤算。
でも、この日のために壁を自分で塗ったのじゃ。
大筆の稽古は一段落した(気がすんだ?)ので今朝は部屋を片付けて汚れたところを塗りました。
一回塗っただけで白い。
思った以上の実力に満足。
さーすがドイツ製??
天然素材だし。
いくら墨が日常とはいえ壁は白い方が気持ちがいいな。
久しぶりに顔を出した床もぴかぴかに磨いちゃった。
今は年明けのパフォーマンスが楽しみ。
大筆をどう運ぶのか。
それは来月考えよう。

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中
Archives
  • ライブドアブログ