Kinkoちゃん随筆

書に遊ぶKinkoちゃんの気ままな日常 ・・・現代アートから海外情報、最近なぜか少年隊まで⁈なブログ

日展

日展

現在12月7日まで日展開催中です。
六本木の国立新美術館にて。

4年ぶりの入選になりましたが、今年は書きたいように書こう!
と開き直って気持ちよく書けたので、展示されている我が作品と対峙した時は嬉しかったです。

ここ3年ほどは迷走してたな(汗)。
真央ちゃんが、
「今度こそ同じラフマニノフで金を」
とこだわって失敗したのと同じことをしてた。
前のことにこだわってたらダメよね。
すっきり目の前のことに集中しなくては。

今年の作は水原秋桜子の句を書きましたが、
この3年間は高野素十を書き続けていました。
秋桜子の方が叙情的で気持ちが乗りやすかったのも良かったと思いますが、
秋桜子に決める前に読んだ本で
「たかのすじゅう」
と見た時には衝撃だった・・・
中学の頃から「そじゅう」と信じきってました。
でもってネットで検索するときは「そじゅう」でも出てきちゃうし、
私が持っている句集には「常識」ってことなのか、名前のふり仮名はなく・・・
全く気づきませんでした。

出品票に3年連続で「そじゅう」って書いちゃった・・・

ま、ま、まさかそれで????

ずっこけたおかげでふっきれたかも。これが勝因?

先輩方に聞いても「それはないでしょう〜」ってことだったけど
色んな意味でどつぼの3年だったんでしょうきっと。

under the moonシリーズの技法の研究で行き詰まったり、私生活でも色々大きなことがあったし、
落ち着いて作品に向かえなかったっけ〜。

そんなのを乗り越えて軽々パスってほど甘くないってことです、日展は。

だから今回は純粋にうれしいな。
まだまだ日があります。
1200円かかりますが、絵画も彫刻も見られますから是非足を運んでください。

・・・残念ながら私の作品は帖なので全体の6分の1しか開いてませんけど・・・

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中

「おはなしコンサート」(童音社)復刊にご協力ください。

日展

あかりをつけましょボンボリに〜。

ああ。もうお雛さま片付けか。
今から嫁に行く気はないですが、しばらく前、夫婦二人家族の友人宅で本格的なお雛様を飾っているのを見て、子供がいる家だけのお祭りにしなくてもいいのかあ。そーかそーか。きれいだもんね。と素敵な発見をして、私もほしいなあ、と思ってました。
で、本格的なのがほしいのだけども、いいお顔のと出会わないと高いお金を払う気になれないので、5年くらい前に京都で買ったちいさいお雛さまを毎年飾っています。

一月はお正月。2月は節分。3月はひなまつり。
季節の行事を大切にする生活って素敵。
・・・・・・って雑誌とでも書いてるけどさ。
早いんだよ。
あーっという間に次が来るんだよ。
それに気づくことも時間を感じるきっかけになるからいいのかなあ。

さて、時間が過ぎるのが早いから(?)気がつけば日展大阪展が始まっています。
お時間のある方、Kinkoのしっとりとした作品に興味のある方。
3月21日まで天王寺の大阪市立美術館です。

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中。

人間万事塞翁が馬

いやはや悪いことばかりは続かないもので、気の持ちようだけじゃなくって、昨日日展初入選の電報がきました。その後も電報やお祝いが届いて実感。で、久々にお祝い気分ではめをはずして飲み食いしたら、今日は調子が悪くて横になっている・・・。そんなに食べすぎてないのになあ。
一喜一憂せず、気をひきしめて生きよう。

書道家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに現代に通じるアートの世界を展開中
Archives