このところ靴の話ばっかりで
一体Kinkoは何しに行ってんだー?!
とお思いの方も多いかと。。。

まったく。

私もそう思います。。。

実はこのところ手のお肌がボロボロ(普通の手荒れのレベルとかじゃなくて)
とか道具がなかなか到着しない、とか
制作に集中できない理由もあれやこれやあるのですが・・・

生きる上で靴って大事よ。
やっぱり!

お金がない学生時代は合皮でいっぱい痛い思いしました。
おしゃれは我慢、とデザイン重視。

革が買えるようになってからも、
革が足になじむまでの我慢、っていう靴屋さんの言葉を信じてました。

ハイヒールが履きたくて、つま先が痛くなっても
ハイヒールは疲れるものだから、という偏見を信じてました。

でもね。

自分の足のこともいろいろわかって本気で自分に合う靴を探し始めて
少ないながらもみつかり始めて
自分に合う靴を履いて歩く日々を重ねて
本当にわかりました。

私が靴に合わせようとするのは間違っているということ。

きちんと合った靴を履けば、ハイヒールで1万歩歩いても足の痛みのために休憩なんて必要ないし、
逆にぺったんこだって合わない靴なら足が疲れます。

履きはじめだって、変な当たり方をしないから、
バンドエイドを貼っても痛い、なんていうこともありません。

足裏マッサージはみんな知っているように、
足には大事なつぼがいっぱいあるのに、
変な靴を履いて変な刺激を与えたら、反射区が悪くなるっていうのは当たり前なのじゃないかな?

実際、私は幅がゆるい靴を履いていたころ、爪先の方に足がのめってしまうので、足の裏ではなくて
指で体の重みを全部支える感じになっていました。
そうすると、足だけではなくて頭が痛くなってきます。

だってそうですよね。
頭のつぼって足の親指。人差し指や中指も、目や耳のつぼです。
本当は足裏全体で体を支えてたくさん歩けば
体全体にいい刺激を与えられるはずなのに。

靴が合わないと腰痛。
というのは多くの人が連想することだと思いますが、
他にもたくさん影響を及ぼしていると思うのです。

だいたい、歩く、っていう基本動作が苦痛になったら
生きていることが苦痛になっちゃうよお。

キレる人が多かったり、ストレス溜め込む人が多かったり、
何かと問題が多い現代人ですが、
足元を整えたら解決することが実は多いのではないか、と思うこの頃です。

現代人だけとは限らないけど。

話が大きくなりましたが、
ここマドリッドでは、たくさん西洋人の木型の靴を試す機会がたくさんあって
いくつも合う靴がみつかって、これからの人生に希望の光を見ている毎日なのです。
だって、靴屋さんめぐりをするにしたって、
前ならこんなスタミナなかった・・・。
スタミナだけの問題ではなくて足の問題も大きかったんだなあ、と実感。
体力がついたというよりは、
たくさん歩いてもただ疲れるだけになったのです。
それも、足じゃなくて脚の疲れに。
前は脚が疲れる前に足に痛みが訪れて機嫌が悪くなっていたと思う。

とにかく日本では合う靴をみつけるのが至難の業の私。

今文字通り別天地なのだ。

同じ甲低幅狭でお悩みの方が、ネット通販で西洋人の木型のものを購入しているブログなども見ますが、
やっぱり履いてみないとだめだなあ、と思います。前にも書いたけど。

前回のClarksはさっそく1万歩オーバーを数日続けていますが、7.5cmヒールとは思えない快適さです。
それで、今日もポールマッカートニーの親戚が作っているというイギリスのブランドを見てみましたが、そこはみるからに幅広で、履いてみたらかなりの幅広。
イギリス=幅狭ではないようです。
これはどこかのサイトで私も読みました。今日は体感。
(追記:ステラ・マッカートニーはすでに日本でも大人気でお店もいっぱいあるらしいですね。知りませんでした・・汗)

イタリアのASHはよかったです。
が。
デザインごとにサイズが違うそうなので、通販はおすすめできません。
実際、37ならジャストサイズのものや、38必要なもの、
いずれにしてもカパカパなものなど、見事に違いました。
ここの場合、パッと見ではどれが細身でどれが幅広かわかりにくいです。
ただ、細身のものがかなりの確率であるので
覚えておいて損はないかな。日本にもお店があるから試せるし。
問題は日本にどれだけ細身のデザインを入れているかですが・・・
あと、今こちらでは50%60%引き、なんていうセール中なので気軽ですが、
定価だとデザインによってはちょっとお高めです。

いくつかブランドを紹介してきましたが、
まだまだ探せばみつかりそうな気がしてきました。

あれ?私もおんなじ!
というみなさん。
あきらめずに探しましょう!

書家・美術家 金子祥代 Kinkoちゃん随筆 
http://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中

注)幅狭甲低/甲低幅狭=足のサイズのタイプ。足がつらい理由は靴が自分の足に合っていない。ということ。ゆるくて足が靴の中で泳いでいるせいで疲れているのかもしれないし、ハイヒールも、反りが合っていないから爪先が痛いっていうことも大変多いと思います。実際は幅狭甲低の足だから起きている問題も多いはずが、なかなか認知されていませんよね。私も気づくのに時間がかかりました。でも!いまは甲低幅狭の足を自覚して快適な毎日。歩くのも靴を選ぶのも楽しくなりました!!
私の靴探しのレポートはカテゴリー「甲低幅狭靴」にまとめています。

「おはなしコンサート」(童音社)復刊にご協力ください。