Kinkoちゃん随筆

書に遊ぶKinkoちゃんの気ままな日常 ・・・現代アートから海外情報、最近なぜか少年隊まで⁈なブログ

2021年08月

うわっ!かっちゃんたらライブだったの?(追記しました)

うわわわわわ。
かっちゃんたらインスタライブをしていたのね。

「今日やります」って言われても無理だーーーーー。
しかもすでに今日じゃないし。

夏バテしながらも読書に邁進していたせいで、メールチェックをしていなかった。

少年隊ファンのみなさんには私のスペイン語はまったく関係のない話だけれど、ここまでの150万語を超える読書のレビューをご覧になれば、Kinkoがなんでもかんでもほめるわけではない!ということがわかると思うので、そこから少年隊作品はやっぱり素晴らしい!という証になったらいいかな。

なんて語っている場合ではない。
他にもメール対応がたまってるううううう。

せめてファンクラブの配信だけでも間に合うように早くすませなくっちゃ!

聞いたら続き書きまーす!

【ここから追記】
週末。やっと一段落しまして、まずはブログから見ました。
秋のショーに向けてのレッスン風景。
WOW!!! こんなにしっかり踊るの
すばらすぃ〜〜〜〜!
最後の写真のこの感じ、これ!私が好きなかっちゃんのダンス。

インスタライブはライブのみなので見られないけどファンクラブのおしゃべりは間に合ったあ〜〜〜。
最近テレビは見ていませんが(←持ってないから)食卓にノートPCを置いて、久しぶりにテレビを見ながらごはん、っていう昭和のお茶の間みたいな光景で鑑賞。
ファン2号も一緒です。

画面が横!!!
からの逆さま・・・からの縦長・・・
毎回ライブ感がいっぱいのスタート。
相変わらずコメント見ながらの会話っていうのがあわただしいが、最初より少し落ち着きましたね。

「今日は僕一人でやりますよ」と宣言したにもかかわらず10分ちょいで

やーーーすーーーなーーーりーーー!さん再び登場。

うん。安定の掛け合い。
ディープな裏話も知っていて対等な関係でって、この上ない相棒だよね。
頭がいいし。
今後も楽しみにしています(←って、関係者の目に触れるんだろか?)

いい話いっぱいなのに、漢字がちゃんと「読める」かっちゃんが
「一旦停止」を「一日一停止」って読んだとかで笑っている私はやっぱり疲れているのか?

相変わらずニッキの名前がちょいちょい出る。

かっちゃんファンクラブ内に康成ファンクラブができたらニッキが入会するのか。
じゃあ作ってもらわなくっちゃね(笑)

それより何より新曲のレコーディングしたですって???
冒頭にそれを聞いちゃってから頭を離れない。
振付がまだできてないって、つまり振り付きの曲!!!
うわあ、歌って踊る少年隊かっちゃん。
楽しみだあ

毎年ディナーショー開催予定ということは毎年新曲が???

夢いっぱいですねえ〜

締めはしんみりメリーさんへの追悼でした。
メリーさんの訃報は知らなかったけど、最近我が家でもちょうど生死の話題が出たところ。
そんな世代だ。どうしてもだぶる。
ジャニーさんやメリーさんへの思いは語りつくせないだろうけど、こうして未来に向かっているかっちゃんの姿こそが何よりの供養、恩返しだと思う。
がんばれーーー!

さて。
今日は今からCDでもかけよう。曲はもちろん「GATE」だね♪  

注)ニッキは少年隊の錦織一清、かっちゃんは植草克秀、ヒガシは東山紀之です

【Kinkoちゃん随筆】 書家・美術家 金子祥代 https://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
インスタはこちら☆https://www.instagram.com/sachiyo.kaneko/

【独学でスペイン語!】多読21 150万語までの本

スペイン語多読続けています。100万語達成の興奮から1か月。
150万語になりました!

mondrago3MONDRAGO全7巻 (8歳〜)

これまた本屋さんのおすすめ。
ラファエル氏のおすすめは毎回いかにも少年向け。
一瞬どうしよう?
と思うけれど「せっかくだし」と買ってみると毎回おもしろい。
自分では手に取らないタイプの本が加わるので重宝です。

ドラゴンにまたがって4人の少年少女が「6つの種」を集めるお話。
巻頭に前巻までのあらすじがあるので途中からでも読めますが、全巻が独立した話ではなく長い話を7巻に分けたものです。
作者はスペイン人。構文がすっきりしていて読みやすい。
本屋さんによっては6歳~8歳の設定ですが1冊1万語を超えるボリューム。
手触りのよい紙に案外クラシックで美しい挿絵がふんだんに入っています。イラストはアルゼンチンの作家だそうです。

lucesLuces en el canal(8歳〜)

障害を持つ少年が船に住む無職の老人と出会い・・・
ある日、物乞いが少年にビッグなプレゼント。
子供向けならそこで終わりそうな感じだが、そこから予想外の展開。
ハッピーエンドなのか、現代の悲劇なのか・・・
今のこんな時代が舞台でもこんな昔話みたいな話が生まれるんだあ、と違った感慨も残る不思議な作品。

La nina invisible の作者Puna(プニャ)さんが描く挿絵がめちゃくちゃハッピー。
最後までページをめくるのが楽しいです。

saltoEl Bandido Saltodemata(8歳〜)

全然違うひびきの名前になっちゃっていますが、有名な「大どろぼうホッツエンプロッツ」です。

有名ではありますが私は初めて読みました。
「歌うコーヒーミルが欲しい☆」
と子供みたいに思ってみました♪
残念ながらこの2017年の新訳バージョンには続編はないそうです。

reyEl rey Arturo cabalga de nuevo, mas o menos(8歳〜)

コスパがいい。
286ページあるのにシリーズのほかの本と同じ8.7ユーロ。
アーサー王率いる仲間が「鍋」をみつける旅へ。鍋をみつけたらご褒美。
魔法使いやら怪物やらキャラがどんどん出てきて・・・
鍋というのは斬新ながら、全体としてはありそうな話なので万一ちょっとくらいぼうっと読み飛ばしても何ら問題のない展開。おかげで4万語超えを1冊辞書なしで読み切りました!

amanda1Amanda Black1&2巻(9歳〜)

すごく売れてるみたいで、アマゾンでもやたら出てくる。
今年始まったばかりなのにすでに2巻。11月には3巻が。
口コミもいい意見ばかり。
古代エジプトの神を崇めるカルトに仕える泥棒一家ブラック家の末裔。家業を継ぐことを決めてアジトに移り住みトレーニングが始まる・・・。
とだけ紹介するとスカッとかっこいい話みたいですがどっこい超残念。1冊14.95ユーロもしたのに(涙)。子供にはおもしろいのかな。

スペイン語多読150万語達成記念の本がこんな感想に・・・。だからというかそれでもというか、本屋さんに次の10冊を注文しました。
200万語はいつ達成できるかな。頑張ります!

注)「多読なのに辞書?」って思われるかもしれませんが「精読でなるべくたくさん読む」スタイルです。その分レベルは欲張らない。
スペイン語は独学なのでKinko流多読です。
くわしくは↓
【独学でスペイン語!】番外編 落ちこぼれを1年で大学に!伝説の教師
(残念ながらこのブログではスペイン語特有のエニェとかアクセントとかが正しく表示できません。悪しからずご了承ください)
【独学でスペイン語!】多読18 100冊達成!!!100万語

☆スペイン語多読で読んだ本についてはほぼ全てご紹介しています。カテゴリー「スペイン語」またはサイト内検索、タグなどご活用ください♪

【Kinkoちゃん随筆】 書家・美術家 金子祥代 https://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
インスタはこちら☆https://www.instagram.com/sachiyo.kaneko/

42度

残暑お見舞い申し上げます。
夏休みはいかがお過ごしでしたか?

Kinkoはバテています!!!
かんっぜんに夏バテです。

42度。熱出したんじゃないの。
気温なの。
3日連続42度って、そりゃバテるってもんです。

ふい〜〜〜〜。
エアコンフル稼働した中、さらにウチワであおいでいます・・・

早く

夏は暑いから避暑地で過ごすの♡

って言いたい。。。

日本は雨が大変みたいですね。
みなさまもどうかご自愛の上、夏を乗り切ってくださいませ。

【Kinkoちゃん随筆】 書家・美術家 金子祥代 https://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
インスタはこちら☆https://www.instagram.com/sachiyo.kaneko/

【独学でスペイン語!】多読20 力試し!12歳に挑戦

trovadorEl trovador oscuro(12歳〜)

作者のCarlo Frabettiはイタリア、ボローニャ出身の「数学者」だそうです。
でもたくさん作品を書いていて'El bosque de los grumos'は既読でした。      独学でスペイン語!多読2 今度は8歳
翻訳ではなくスペイン語で執筆することが多いそうです。
(本の紹介は下に)

8歳を100冊ってずっと言っていながら突然の12歳向け。
だって〜。
私も人の子。
この道が正しい!と思いながらも検証してみたくなるじゃありませんか。
それに表紙がきれいだったから・・・・・・。

10歳向けは8歳が厚くなっただけという印象でしたが、10歳はまだ小学生。
中学生レベルはどうかな???
字がいっぱいだ。
挿絵がひとつもない。
でも
正直、読めます。

初めて本を買って6歳向けを読み始めた時のほうが大変でした。
構文をとらえるだけで大変でしたから。
文を書き出して図解してやっと理解していました。
単語も片っ端から辞書でした。
辞書を引きたくても動詞の原形が推測できず四苦八苦したり。
その時のもようはこちら 独学でスペイン語!多読1 子供向けからスタート!

その頃に比べたら、ずっとずっとラクです。多読の成果!!!

でも、12歳以上レベル。
読めるとはいっても自分にとっての「新出単語」が多すぎて、とても一度に定着することはのぞめません。次に同じレベルの本を読んでも同じ単語をまた調べることが続きそう。

この本は特にかもしれませんが、
辞書にない単語がけっこう出てきて辞書の限界も感じました。
(現在は白水社の現代スペイン語辞典改訂版4万7千語収録)

読み物としてどうしても読みたい場合に読むことは可能。
でも、力をつけるにはやさしいものを繰り返し
辞書なしで読める語彙を着実に増やさねば。

原点にもどって8歳続けます!

さて、 今回ご紹介した本。
El trovador oscuroは実在した詩人のお話です。

ダンテの「神曲」にも登場した詩人らしいけど、「神曲」を読んでいた時には知らなかったから完全スルーしたみたいでまったく記憶にありません。(もっとものを知らないと「神曲」の価値もわからないわけですね。トホホ

日本語で検索してもほとんどわからない人物なので、こうして触れられるのはスペイン語のおかげ。

舞台は12世紀。宮廷人と詩人との間で交わされる高貴なせりふ回しに最初は少々とまどいましたが、
「あのことをおっしゃっているのでしたら、そうですわね、あやまりますわ」
なんて、お蝶婦人やベルばらみたいに訳しながら悦に入っていました。

主人公の容貌については描写がないのに、美しいマドンナが出てきた瞬間から若き美男子に脳内変換。
なので、読む方によって全然違う感想になったりして(笑)

読めると言い切りましたが1週間かかりました。
主人公のアルナウト・ダニエルについてだけでなく、文中にさらっと出てくるニーベルンゲン伝説、イギリスの妖精シルキー、ギリシャ詩人のサッフォー、十字軍などなど調べては休憩。
半分興味で半分休憩です。
とても一気読みは無理でした。
いきなりの12歳 +しかも時代物 +しかも芸術論やら陰謀やら
脳疲労がはんぱなく、チョコもたくさん食べました。

つまりコスパは断然いいのです。
児童向けとほぼ同じ価格で濃い内容が何日も楽しめ、新しい言葉をたくさん覚えられる・・・。
さて。いつ12歳にもどってこられるかな?

注)「多読なのに辞書?」って思われるかもしれませんが「精読でなるべくたくさん読む」っていうのに挑戦中です。その分レベルは欲張らない。
スペイン語は独学なのでKinko流多読です。くわしくは↓
【独学でスペイン語!】番外編 落ちこぼれを1年で大学に!伝説の教師(残念ながらこのブログではスペイン語特有のエニェとかアクセントとかが正しく表示できません。悪しからずご了承ください)
【独学でスペイン語!】多読18 100冊達成!!!100万語

☆スペイン語多読で読んだ本についてはほぼ全てご紹介しています。カテゴリー「スペイン語」またはサイト内検索、タグなどご活用ください♪

【Kinkoちゃん随筆】 書家・美術家 金子祥代 https://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
インスタはこちら☆https://www.instagram.com/sachiyo.kaneko/
随筆内キーワード検索
Message
Archives