独学でスペイン語勉強中。多読に挑戦です。

骨太な読書が続いたあとは・・・

7歳!

レベル下がってんじゃん!

いやいやそうおっしゃらないで。

たしかに薄いです。その上、半分くらいは絵!

でもです。

本屋さん曰く
「厚いけど、こっちの10歳向けのほうがやさしく読めるよ」

そう。私もそう推理しました。
なぜなら、このシリーズは7歳と8歳の兄妹があっちの時代、あっちの国へと行ってしまうアドベンチャーだからです。
恐竜のいる太古から月までいっちゃう。
つまり、いろんな分野のいろんな単語が出てくるということなのです。

というわけで、語彙を増やす学習目的で買ってみました。
1冊がこの分量でしかも7歳からでも読めるということは、浅く広くさまざまな単語に触れられるはず。

はたして・・・
第一巻恐竜の巻では10ページ目くらいから「爬虫類」とかプテラノドンとか出てきちゃってます。
pteranodonte以外にも辞書に載っていない単語がいっぱい!
現在使用しているのは白水社の現代スペイン語辞典で4万6千語収録されているものですが、そこに出てこない単語に会えるんです。
辞書に載っていたとしても、たとえば
「白亜紀」なんていうのは普通の小説には出てきませんよね。

でもご安心を。
やさしい文章の中に時々特別な単語が出てくるので子供が覚えるのと同じ感覚で出会える感じです。

世界各地がテーマになる中、日本は早くも5巻で登場。忍者の巻。

予想通り(?)忍者や侍についての記述には少々気になる間違いも・・・。
一応忍者はかっこいい感じになっているし、片目をつぶって楽しみましょう。

そうは言いながらけっこう知識も増えました。(私は7歳児レベルなのか?笑)

たとえば
クロマニョン人がちゃんとした毛皮の服を着ていた!

忍者のこともあるので鵜呑みはダメ。すぐ調べました。
するとかなり精巧にできた針で本格的な服を作っていたのがわかりました。
しかもおしゃれ。

ほかにもきっかけをもらっていろいろ調べ、収穫たくさんです。

casa原作はアメリカのMary Pope Osborne
でアメリカ版の劇画タッチの挿絵です。

スペイン語版はスペイン人によるイラスト。
私はこちらのやさしいタッチのほうが断然好きです。
妹アニーの無鉄砲が子供ながらの先走りとほほえましく見られるのもこの絵のおかげな気がします。


そんなほのぼのした絵とたっぷりの余白。
本業の方で余白を常に意識している私ですが、
こんなところで余白に感謝。

多読はいいけど目が悪くなりそー!と思っていたこの頃。
余白に癒されました。

心にも頭にもやさしい余白。
中の絵も全部カラーで、しかも構図がいい。
読むのに疲れた時など、ボーっと景色の絵を眺めているのが心地よかったです。

このシリーズも見開きのすべてに絵があり、解釈の手伝いもしてくれます。

日本語版「マジック・ツリーハウス」あるいは原語の英語を併用すれば、
人によってはかなり早い段階から使える便利なテキストになるのでは?

原作と日本語版は40冊を超えていますが
今のところスペイン語版は18巻で完結しています。
18巻でも少なくはないですが、18巻の終わりにそこまでの世界観がみごとにつながるさわやかな結末が待っているので私にはちょうどいい終わり方に思えました。

Serie La CASA MAGICA DEL ARBORの一冊はざっと見たところ5000語くらいでしょうか。
その量のおかげもありますが、やっぱりシリーズものは多読の味方です。

設定がわかっているし、作者の言い回しが同じなので
あとの巻になるほど読むのが早くなります。

スペイン語版18冊。一気に読み、思ったよりずっと早く累計80冊まできました。
私のスペイン語独学。ひとまずの目標は100冊。
多読でがんばりまーす!

注)「多読なのに辞書?」って思われるかもしれませんが「精読でなるべくたくさん読む」っていうのに挑戦中です。その分レベルは欲張らない。
スペイン語は独学なのでKinko流多読です。
くわしくは→独学でスペイン語:番外編 落ちこぼれを1年で大学に!伝説の教師

(残念ながらこのブログではスペイン語特有のエニェとかアクセントとかが正しく表示できません。悪しからずご了承ください)
独学でスペイン語:多読18 100冊達成!!!100万語

【Kinkoちゃん随筆】 書家・美術家 金子祥代 https://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
インスタはこちら☆https://www.instagram.com/sachiyo.kaneko/