記念すべき101冊目は?

vampiroEl pequeno vampiro(10歳〜)

下水道掃除屋さんと一緒に買ってあって、実はあの後すぐ読み始めたのですが苦痛になって途中で放り出していました。

邦訳が出ているようなので調べてみたら、原作はドイツで、ドラキュラの話でも怖い話じゃなくて友情や恋愛のファンタジーだという。映画にもなっているようす。でも・・・

中の挿絵は暗い。表紙の絵も微妙に怖いけど、挿絵はもっと暗い。

冒頭はドラキュラという特殊なキャラクターゆえの特殊な用語がたくさん出てきて辞書と首っ引き。
そうして頑張っても物語の展開がものすごくゆっくりで全然話が見えてこない。
なんでドイツではこんなのが人気なんだよお。

ところが!

8歳向けにもどって100万語を超え、再び開いてみたところ・・・

あら不思議。

すらすら読める♪

ちょうど中盤、物語が動き出したところでもあり、あっという間に最後まで読み終えてしまいました。

100万語達成の時には実感のなかった効果を100万語を超えてみたらしっかり実感♡

これは多読を続けにゃならん。

読破しつつも私は1冊で十分と思った当作ですが、続編も存在します。お好きな方にとっては多読の味方に!

注)「多読なのに辞書?」って思われるかもしれませんが「精読でなるべくたくさん読む」っていうのに挑戦中です。その分レベルは欲張らない。
スペイン語は独学なのでKinko流多読です。
くわしくは→独学でスペイン語:番外編 落ちこぼれを1年で大学に!伝説の教師

(残念ながらこのブログではスペイン語特有のエニェとかアクセントとかが正しく表示できません。悪しからずご了承ください)
独学でスペイン語:多読18 100冊達成!!!100万語

【Kinkoちゃん随筆】 書家・美術家 金子祥代 https://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
インスタはこちら☆https://www.instagram.com/sachiyo.kaneko/