Kinkoちゃん随筆

書に遊ぶKinkoちゃんの気ままな日常 ・・・現代アートから海外情報、最近なぜか少年隊まで⁈なブログ

コロナ

ロスコンとコロナと裕太くん

スペインで1月6日はとても大事な日とされています。
東方から三人の賢者がキリストの誕生を祝うために贈り物を持ってやってきた日で、クリスマスというのはこの日までを指すのだそう。
お店も会社もみんなお休みです。
でもうちの近所のパン屋さんは特別にあいていて、次から次からお客さんが来てはロスコンを買って帰ります。私が見ている限り1年で一番繁盛する日。
ロスコンというのはたいていは巨大なリングの形をしたパンで、間にクリームがたっぷりはさんである子供だったら夢みたいなパンていうかケーキ。

町中のパン屋さんケーキ屋さんデパート、スーパーいたるところにロスコンが並び始めても、こうしてちゃんと予約して当日の朝引き取るお客さんがたくさんいるのを見ると、この日を大切にしている人たちがたくさんいるんだなと感じさせてくれます。

みんな家族でちゃんと過ごすんだなあ。って。

家族とも限らないのかな。
ゆうべはお隣さんが明け方までどんちゃん騒ぎしてました。
1月6日を口実に集まったんだと思うけど、さんざんおしゃべりで盛り上がった後、音楽をかけ始めてみんなで声を合わせてひたすら楽しそうに歌ってた。
全く遠慮なく大声張り上げて歌ってんだけどあそこまでいくとうるさいとか迷惑というより「そこまで楽しめるのってうらやましいよね」って思えるほどでした。
でも今日は静か。きっとちゃんと本来の目的にもどったのね。

我が家ではきのう、ロスコン初体験の夫が2人しかいないのに直径30僂發△襪里鬚泙襪泙詛磴辰討て、待ちきれずに半分昨日のうちに食べちゃいました。
オブジェ?が当たったのは私でソラマメが主人。
賢者さんのお人形でした。今年はいいことあるかな♪

一応賢者の日のまねごとをした後、みつけたのがな〜んと裕太くん陽性のニュース。

裕太くんというのは子供のころSixTONESの京本大我くんなんかとジャニーズジュニアで活躍していた樋口裕太くん。少年隊植草かっちゃんの息子さんです。初めての親子ジャニーズ誕生でした。

今年最初に触れたかっちゃん関連ニュースが息子裕太くんの新型コロナ感染になっちゃいましたが、陽性判定だけでもこうして話題になる裕太くんの活躍を喜ぶことにします。

新型コロナ感染って言ったって陽性イコール重体じゃないんです。
子供なんかまったく症状が出なかったりするんです。
裕太くんも無症状だったのだものね。(舞台関係者全員を念のため検査したら出ちゃったそう)

そりゃあ新型ではっきりしない部分もあるものに対して用心することは悪くないけど、怖がり過ぎたり心配しすぎたりするのはよくないと思う。

この時期の感染が拡大していることも、コロナっていうのが風邪の仲間である限り当たり前のこと。

「体に気をつけなさい」っていう神様のメッセージと思いましょう。

裕太くんはさっさと免疫つけられてうらやましいとも思えます。今後に期待ですね。

いつもながら新型コロナについてのKinkoの態度が楽観的すぎてふざけてると思う方もあるかもしれません。
でも、私は今スペインにいます。
スペインは国の総人口が日本の半分にもかかわらず、毎日新規感染者が1万人以上という状況が続いています。
だから逆に実際に罹った人、回復した人の話に触れることも多いのです。

そういう立場から、怖がって縮こまっている日本の人たちにできることもあるのかなと思うのです。

コロナの話題で
「このご時世」
とか
「暗い状況で」
とか
そういうフレーズを口にするのが私の周りでは日本の人だけなんです。
しかしその人たちに
「だれか知り合いの方が感染したの?」
と聞くといないのです。

これはいかんのじゃないですか?なんで暗くなるの?

とは言っても日本人の場合一人でこの空気に立ち向かうのも大変ですからね。
いっそのこと店でも劇場でも入口でPCR検査できるようにしちゃったらいいのになと思います。
補助金出すとかいうより検査キッド配った方が実際的じゃない?
ちょいと唾液とってすぐ結果でるんだから今なら。

最近よく会うご夫婦は仕事がら多くの人に会うので、どこかで陽性が出たと言ってはその場にいた全員が検査させられて、もはやPCR検査を日常的に受けています。
面倒だとは言ってるけどそんなことも笑って話してる。
答えが出ちゃう分ほかの仕事への影響もなく普段通りに生活できるのだもの、ただ暗くなってるより
そっちの方がよっぽど楽ですよね。

日本のみなさーん!
2021年は明るくのびのびお過ごしくださいねー!
日本は成功例なんですよ。
感染者少ないんですよ!!!胸を張って世界に発信してください。

ちなみに昨春まだクルーズ船の件で日本が冷血扱いされて、その後イタリアの医療崩壊が起き始めた頃、少ない情報の中でたまたま池上彰の新型コロナ特集番組を見たことはその後の私を楽にしてくれました。
新型コロナが何なのか。イタリアで何が起きたのか。
その後1年たって振り返っても、冷静にいい情報をまとめてくれていたなと思います。
もし今からでも見られる方は是非参考になさってみてください。

【Kinkoちゃん随筆】 書家・美術家 金子祥代 https://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
インスタはこちら☆https://www.instagram.com/sachiyo.kaneko/

久しぶりにスペインのコロナ事情:100万人!

前回のノーーーーーー天気な記事をご覧になった方はまったく心配されていないと思うのですが

Kinkoは元気です!!!

春先はCOVID-19新型コロナ感染者数の世界トップ争いで注目されていましたが、スペイン、最近はちょっと影が薄かったですね。

どっこい。

アメリカやらブラジルがすご過ぎただけでずっと日本より二けた多い新規感染者数がありました。

20200714
こちらは地下鉄。ロックダウンの頃のポスターです。
おしゃれ。
今でもお店や道路にみかけます。
マスクマスクマスクって連呼されているマスク着用の啓発ポスター。
もうポスターがいらないくらい、ちゃんと皆さんマスクしています。

pantene←市民だけじゃなく、ポスターの中でも!


どうしてこんなことを急に書いているかというと、久ぶりにスペインが日本でニュースになったのを知ったから。

累計感染者がEUで初めて100万人を超えたってことらしいです。

世界では6番目ですが、初めの5か国は人口が多い国ばかりだから人口比でいったら確かにすごいかも。

で、こうして名前が挙がると心配してくださる方がいらっしゃるのでご報告です。

確かにここにきてまた「緊急事態宣言」とかいって、夜間の外出禁止とか、飲食店でも口に入れるとき以外マスクしなさいとかちょっと窮屈になりました。
でも基本的に外に出られなかった夏前のような緊張はありません。
経験値と情報が格段に増えているおかげかな。

直近でも
老齢のお母さんが陽性だったので直前に会った親族みんなが検査させられた
とか、
クライアントのお嬢さんの陽性がわかったために直接会っていなくても検査をさせられた

なんてことが身近に起きていますが、検査はすぐできるみたいだし、陽性だった方々も軽症で回復。念のため検査させられた「接触者」も陰性ばかり。
最初のお母さんに至っては、ご主人も老齢ながらまったく影響なしだったそうです。

というわけで相変わらず

情報に踊らされずにのんびりやる

というスタンスは今後も変わらず過ごしていこうと思っています。

私が努力しなくてもスペイン人の皆さんがそんな感じなので困らないんだけど(笑)

免疫アップに主眼をおいて過ごします。免疫アップにはポジティブシンキング!

20200826aコロナのおかげでよかったことを考えてみる
旧友たちからの心配メールに加えて・・・
・マスクだから日焼けしない
・マスクだから口紅が減らない
・マスクのおかげで風邪もひかない
・道行く人のマスクをファッションとして楽しめる
・おしゃべりの話題がある
・分厚いマスクだとしゃべるのが苦しいから肺活量も鍛えられるかも
・マスクの市場が大きくなった etc. etc.

マスクの利点ばっかり(笑)
でも以前は機内とか風邪の時でも海外でマスクするのは目立ちすぎて気持ちを強くしなきゃいけなかったから、こうしてみんなが慣れてくれたのはこの先ずっとありがたいです。

あ、そうそう。
人と会う時にハグしたりチュッチュしたりするのが苦手な私には堂々と日本式でご挨拶できるのも助かってますね。もともと日本式で通していたし日本ブームだから喜ばれるんだけれども今はずっと気が楽。
スペインの皆さん同士はそれでもどうにかスキンシップをとりたいので肘と肘でタッチしてます。
あれは私にも楽しく参加できます。
バディ!って気持ちになれる。

日本発信のコロナ関連のニュースに触れると「日本はそこまで騒がなくても・・・」と思うことも多いですが、外出自粛ムードのおかげで、予防とか自分で治す観点からの東洋的な健康情報がネットに増えた気がします。
昨夜もトリガーポイントの動画みながらマッサージしました。
探せばいいこともたくさん増えてますね。

例年のことながら気温が急に下がる季節の変わり目に体が慣れないのと、冬時間になったから時計を全部直さなきゃならなかった手間のほうが私には最近のささやかな騒動です。
サマータイム制度いつなくなるんだろう。

ではみなさまも健やかにお過ごしくださいね!

20200901 (1)
←おもちゃ屋さんのショーウインドー。
お人形さんもマスク




【Kinkoちゃん随筆】 書家・美術家 金子祥代 https://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
インスタはこちら☆https://www.instagram.com/sachiyo.kaneko/

お祝い!私のコロナ禍は終わるかな。Citaが取れた!

コピーd今月初め、ある日本人デザイナーさんがフェイスブックに
「日本の新規感染者が400人を超えそう!国は何をしているの?」
って大騒ぎのコメントをしたところ、アメリカに住む彼女のFBフレンドから
「フロリダは1日8000人増えてます」
っていうコメントが。
国じゃないんですよ。フロリダだけ。
もちろん新型コロナのお話です。

さすがに現在のスペインはそこまでたくさん感染していませんが(日本の倍程度)日本と世界の温度差を日々感じています。
陽性=重篤患者
みたいな報道がされちゃってるからでしょうか。
とある菌に詳しい方のお話によれば、陽性であってもほとんどが無自覚だったり自然に治っちゃってるみたいで、しっかり患者になるのは2パーセントしかいないんだそうです。

日本は安全なんですよー!!!

楽しい夏を送ってくださいねー!

先日も書いた通り今のところ私は感染の気配もなく、いたって普通に日常生活を送っています。
普通の風邪すらしばらくひいてない。例年より少ないよ。マスクのおかげかな?

ただ、実はコロナのせいで一つだけ大変だったことが・・・

ビザの種類を変えるため、弁護士さんと会って手続きを始めたのが去年の11月。
それから何段階かの手続きを踏んで許可がおり、指紋押捺をしたのが今年の3月初めでした。
これだけでもずいぶん長いですよね。
というのも、書類を提出しに行くだけでも、指紋押捺をしに行くにもいちいちCitaと呼ばれる予約が要るからです。
これがネット予約しかなく、それこそ一度でも、あるいは短期でもスペインに住もうとした人ならしばらくCitaという言葉は聞きたくなくなりそうなほど苦しめられるものなのです。
ほんとーーーーに取れない。

そういう意味では3月まではまあ順調に進んでいたのでした。
今回は弁護士さんに頼んじゃったからただ待つだけでよかったし。

ところがです。

2週間後、できあがった身分証(カード)を受け取りに行くと、役所が閉まっていました。
そうです。
非常事態宣言のための外出規制が始まっていたためです。

あああああ、この日は人生の記念日になるはずだったのに

それからお籠りしてひっそりと非常事態が明けるのをひたすら待っていました。

そして3か月たった6月22日。

いざ!
と、早起きして身支度も念入りに整え、気合を入れて受け取りに。

窓口に行って必要書類を並べると、お役人さんが私のカードを探してる。

あった!!!

・・・が。

何やら隣の職員さんと話し始めました。

話し終わると
「Citaは?」
と聞くではありませんか。
「カード受取りにCitaは要らないので3月23日以降ならいつでも取りにいらっしゃいって聞いていますが」
というと
「ダメなんです。取ってください」
と、まったく聞く耳持たずになってしまいました。

コロナの対策として「密」を避けるため全てが予約制になってしまったとのこと。

そこにカードあるのにーーーーー!
渡すだけじゃーーーん!!!  1秒じゃーーーん!!!
ひどーい!

弁護士に電話すると「え?そーなの?」

おいおい。しっかりしてくれよ。

その後は弁護士事務所もCita取得に動き出してくれましたが、どうもいつも以上に取れないようだと気づいた弁護士。
自分たちでもやってみてくれないかと言ってきました。
当然すでに自分でもやり始めていたけれど、あらためて厳しい状況なのをダメ押しされた気分でした。

お役所の職員さんからは「月曜日に週の予約が放出されます」
と言われ、
弁護士からは「キャンセル待ちもあるから平日毎日チェックしてます。ちなみにお役所は8時半から15時までだよ」
という情報をもらっていました。

だから特に月曜日は8時半からPCにべったり張り付いてCitaの申し込み。
人気公演のチケットを買うためにチケットぴあに電話しまくった時と同じような状態です。
できる限り早打ちして連絡先、名前、生年月日etc, etcを入力しては

Solicitar(申し込み)
をクリック

すると
「ただいま空きがありません。近いうちご用意しますのでまたやってみてください」
っていう無情のメッセージが現れ、また最初から入力しなおして申し込み。

このメッセージを何千回見たでしょう。何万?

一日で何回見たかも数えきれないものね。

しかも個人情報の入力の最後には
「私はロボットではありません」
の作業が毎回あるんですからね。
ものすごい苦行です。

いつキャンセル待ちが出るかもわからないからとにかく平日は午後3時までずーーーーーっと打ち込んでしまう。
月曜以外は1時間に1回くらいでいいかな。なんて思いながらも気持ちが離れず、少しでも暇があれば入力画面に向かってしまう。
というより、暇なんかなくなっちゃう。何にも手につかない感じなんですCitaが取れるまでというのは。3時過ぎても「もしかして?」なんて入力してみちゃったりして。

Citaの取れるタイミングっていうのは何種類ウワサが飛び交うのっていうくらいネットでもみんながあれこれ言っちゃっててむしろわかんないし。

で。
先週の金曜日。
この日は朝から夫が入力してくれていました。

「金曜日だし、もう今週はキャンセル待ちったって空きがないよねえ」
なんて言いながら夫が席をはずしたので私が替わったその第一回目。

「あったーーーーーー!」
日時選択画面が出たのです。

月曜日にその週の空きが出ると聞いていたのに画面には翌週の枠が。

ウワサじゃなくてお役所で直接聞いた話すら違うなんて・・・。

何を信じたらいいんだよお。と思いながらも、イチかバチかやっててよかったー!

そうしてカードを無事受取りました。
予定より4か月半遅れ。

それにしても、Citaの入力は夫の方が頑張っていたんですけどね。

最高の瞬間は私がいただいてしまいました。
Citaなんかで人生の運を使っちゃっていいのかなあ私?

コピーc









←教会の中にもソーシャルディスタンスを守ってね!の線。


【Kinkoちゃん随筆】 書家・美術家 金子祥代 https://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
インスタはこちら☆https://www.instagram.com/sachiyo.kaneko/

かっちゃんお誕生日

コロナお籠り中はやっぱり暇だったのかな(笑)
緊急事態が明けてからというもの拙Kinkoちゃん随筆もすっかりご無沙汰。
久々に書こう!と思ったら今日はかっちゃんのお誕生日ではありませんか!!!
おおお。立派なファンさんにちょっと近づいた?
かっちゃんおめでとー!
コロナかかってませんか?
夏、楽しんでますか??

あ、日本はまだ梅雨???

こちらは真夏のピークです。
今週は毎日最高気温が体温を超え続けるとのこと。
明日はまた40度かな?

105289193_561194171422930_9027414173559039082_n先日はとうとう間接的な話でなく、実際に会ったことのある知人がコロナにかかっていたことがわかったりして初めてコロナが身近な存在になりました。

それでもまだ自分がかかることは全然想像できないかなあ。
さっさと一度かかっちゃった方が免疫できて後々気楽だとも思うんだけど。

一応免疫アップは心がけてます。
たとえばはちみつ!
いろ〜んなはちみつを食べ比べ。

写真は全部マドリッド産で、柊樫とエリカと山の百科蜜です。


街には毎日のように出ているこの頃。
初対面の人ともまずはマスクで会うので飲食の際にマスクをはずすと全く違う人に見えるのがおもしろい。
人の顔の印象を決めるのは実は目でなく口だと聞いたことがありましたが、まったくその通りだなあなんて変に感慨深く思ったりして。
カフェのお客さんを観察してギャップを見ておもしろがったりしています。

105901914_753400468797964_3161718229526864933_n我が家の新しいマスクはこれ!

紳士服屋さんで購入しました。
ワイシャツの生地が立体裁断でしっかり縫製されていて超快適。
裏地も水玉で隠れたおしゃれです♡
顔の下半分が完全に隠れるので日焼けの心配もなくサイコー。

最初ゴムが余ったので

ヨーロッパの人たちみんな顔が小さいのになぜ???

と思ったのですが、逆にこんなに鼻が高いのか・・・と気づく(汗)

すぐにゴムを短くカットしました。

最近はさらにマスクを売っているお店が増えて、マスクがファッションの一部になってきました。
コロナの規制が解けても続ける人が多かったりして?

こないだコメントくださったニッキファンさんはおしゃれな手作りマスクプレゼントできたのかしら?
私もミシンがあったらなあ。

あ!いけない。
7月24日が終わっちゃう。

せっかく24日のうちに気づいたんだから1曲聞いて寝よ。
「サクセスストリート」あたりで景気よくいこうかな。
あの曲の若者!って感じのひたむきなかっちゃんの踊りが好きなんだよなあ。

も一度お誕生日おめでとー。でもっておやすみなさい。

注)ニッキは少年隊の錦織一清、かっちゃんは植草克秀、ヒガシは東山紀之です

【Kinkoちゃん随筆】 書家・美術家 金子祥代 https://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
インスタはこちら☆https://www.instagram.com/sachiyo.kaneko/

チューボーですよ!で生殺し・・・うぐぐ

スペインの非常事態宣言解除されませーん!

とはいっても、5月の中旬からフェーズ1とかフェーズ2とかいった段階をつけられて地域の状況を見ながらの規制の緩和が始まっています。
マドリッドやバルセロナといった都会だけいつまでもフェーズ0でしたがようやく今月からフェーズ1に。
散歩にはまだ時間制限がありますが知人宅訪問などは可能に。
やっとカフェでお茶を飲みました!
3か月ぶり。
すごーーーーく日常にもどった気分になりました。
外のテラス席のみの営業で食べ物はまだ席で食べられません。

町のようすは西洋人がマスクをしているという新しさをのぞけば普通な感じ。
旅行者がいない街はとてもおだやかです。

感染は増えていないし、完全解除までは時間の問題かな。

そしたらむしろ夕方8時の拍手が恋しくなりそう。

もう一つなくなったら残念な気になるのがベランダコンサート。

ベランダコンサートっていうのは、私が勝手に名付けたのだけれども、その名の通りベランダでやるコンサートのこと。
ヨーロッパの街中ってマンションがひしめいているじゃないですか。
狭い道路の向こうとこっちにずらっとびっしり建ち並んでいる。
その住人の誰かがベランダに出てアコーデオンとかピアノとかで演奏しだすと、隣のベランダや向かい側の建物のベランダにみんなが出てきて手拍子打ちながらみんなで盛り上がるの。
すんごくうらやましい光景です。
日本だと騒音問題になりそうでアイディアがあっても怖くてできないでしょ?

さて最近、お料理番組の録画をドバーーーーーーっと大放出している方の動画をみつけたんですよ。
「3分クッキング」とか「チューボーですよ!」がずらり。

その中にかっちゃん出演回も!
ところがその方はお料理が好きな方らしくておしゃべりのところがカットカットなの。

合間にちらっと映るかっちゃんを見れば確かに出演してたんだなってわかる。
でもこれ
生殺しだーーー。

おしゃべりのところが聞きたいよお。

かっちゃんがお料理しているカルツォーネの名前がその形からイタリア語でズボンを意味する単語だってことはわかった。

でもそんな豆知識はいらなーい。

全体が見たーい!
この声、誰かにとどけー!

ううううううとなっていたところで別のも発見。
渡辺邦孝先生作曲のタラッ タラッタ タラタターでおなじみの「おしゃべりクッキング」にもかっちゃん出てたんですね。
こちらも同じチャンネルなのでお料理メイン。
15分の番組なのに3分にカットされています。
でも少ししゃべってる。動いてる。
上沼恵美子がまだ1歳半の裕太くんのことにも触れています。
が、簡単すぎるレシピでお料理シーンに見せ場なし。
しゃべるのは上沼恵美子と先生だけ。
残念!
めちゃくちゃビジュアルがいいから見られてうれしかったけど。

「おしゃべりクッキング」といえば
ある時阪急電車に乗ったら座席の近くに見たことのある男性が立っていました。
だれだっけ〜
見たことあるんだけど。
ゲーノー人じゃないしー。
とずーっとずーっと気になって仕方ない。でもだれだかわからずにいました。
西宮かどっかでその男性が降りたとたん

あっ!

「おしゃべりクッキング」の中華の先生でした。
コック帽かぶってないからわからなかった。
ゲーノー人みたいなオーラないし。
「おしゃべりクッキング」でフックンにチャーハンを教えているおひげの先生です。
関係ないけど同じ尺に編集されててもフックンよくしゃべってるな(笑)
かっちゃんはぐいぐい行かないからねえ。
つくづくグループ向きの子って思う。

それでもおしゃべり聞きたいわあ。


注)ニッキは少年隊の錦織一清、かっちゃんは植草克秀、ヒガシは東山紀之です

【Kinkoちゃん随筆】 書家・美術家 金子祥代 https://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
インスタはこちら☆https://www.instagram.com/sachiyo.kaneko/

コロナから「新しい日常」へ 新作はいつになるかな?

朝起きてから「今日は何しよう」って考える。
こんな日はいつからなかったろう。

スローライフしようとしなくても世界中がスローライフ。
コロナのおかげでいろんなものを手に入れた気がしている。
フェイスブックでいろんな国からシェアされてきたジョークを見てはピンチを笑いに変えるみなさんやそれを楽しむみなさんのマインドにも触れることができた。

「モモ」を読んで忙しさに心を忘れることについて書いたのが昨年末。
私なにか予感していたのかしら?

映画は何本見たかな?
時代的には片岡千恵蔵の「大菩薩峠」までさかのぼり、国もジャンルも取り混ぜて、とにかくいろいろ見ています。

印象に残っているのは・・・
邦画では 「WOOD JOB!」 「ジャッジ!」 「パパはわるものチャンピオン」
海外のだとイランの 「運動靴と赤い金魚」 とかインドの 「ダンガル!」
ハリウッドの 「ドリーム」 もよかった。

ちょっと並べただけでも統一感ないでしょう?ふふふ〜。

ジャニーズがらみだと関ジャニ丸山くんの「泥棒役者」がおもしろかったです。
どれもこれもこの機会がなかったら知らずに終わったかもしれません。

音楽も日によって洋楽の日。とかクラシックの日。とかいろいろやってみました。
シーナ・イーストンが世界のお籠りファンのために公式にライブ映像をYoutubeにアップしてくれた日はシーナの日。
ほかにも子供の頃にはいまいち魅力がわかってなかった稲垣潤一を聞きまくってみたり、もっと古いのとかいろいろ鑑賞。

お散歩の条件つき解禁まで部屋にこもっていた日々は
外の景色が見えない分だけ想像力を助けてくれて
すばらしいインプットの時間になってくれたと思う。

スペインでは「新しい日常」に向けて種々の規制緩和が始まりました。

まずは運動。

時間制で外出を楽しむ許可が出たのに加え、5月8日から公園の封鎖が解かれました。

マドリッドでは大通りの歩行者天国といった試みも。
他の人と間隔をあけつつ大勢の人が歩けるってわけです。

美容院も条件つきで営業再開。
銀行の店舗も時間を短縮してオープン。

感染の状態を観察しつつ、おいおい規制緩和が進んでいくとのこと。

お店の再開にあたっては
店員さんの制服を毎日洗うことを義務付けられたとか
たとえば洋服屋さんなら試着した服は消毒してからじゃないと再び並べられないとか
けっこういい変化だよね。
世界がきれいになっちゃう。
ヨーロッパ人も毎日バスタオルを洗う日が来る???

さてさて私もぼちぼち日常に近づいていこう。
新しい日常か。
いいね。

4月から5月にかけて本当ならイギリスのアーティストインレジデンスで新しいプロジェクトに取り組んでいたはずでした。延期になって、参加が年内になるか来春になるかまだわかりませんが、今だったらできなかったものが生まれるはず。
イメージしていた企画は白紙に戻してゼロから膨らませていこうと思っています。


【Kinkoちゃん随筆】 書家・美術家 金子祥代 https://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
インスタはこちら☆https://www.instagram.com/sachiyo.kaneko/

スペインコロナ情報:お散歩できた!

スペインで外出禁止が始まったのが3月14日。

私が最後に靴を履いたのが3月24日。

それからかれこれ40日間一切外出てませーん!

前にも書いた通り現在ワンルームのアパートホテルに仮住まい中。
建物どころかそのわずか12畳ほどの部屋のドアから一切出ていない。

もうこの際きわめてしまえー!と、買い物を全部夫にまかせて籠りきってみました。
何せ一緒には買い物も許されないから。

狭い上に最上階の屋根裏で、室内も三角屋根のかたちそのままの天井。
ここからネバーエンディングストーリーが始まりそうな広さというか狭さです。

窓も壁にはなく、その斜めった天井のこっち側とあっち側に一つずつ1枚扉の窓がついているだけ。

逆にその窓からは一切他の建物は見えず、空しか見えないので、ある意味「非日常」を感じて喜んでいます。

時々アンネの日記のアンネの窓を思い出したりしながら。

アンネが眺めていたマロニエはこの天井にはもちろんありません。でも仮住まいながらいくつかの鉢植えがあることはすごく慰めになっています。

慰めっていうのは違うなあ。
なんて言ったらいいんだろう。
ともかく普通に暮らしている感覚があるっていうのかな。

そりゃさあ、アンネと違って音楽は聴けるしケーキも食べてるんだから普通にやってるんだけどお。
宿題のない夏休みを謳歌しているくらいのだらけぶりなのだし。
腕の故障が治らないから一切仕事も稽古もしていないという人生まれにみる「非日常」も重なっちゃってるから。

スペインでは感染のピークは確実に過ぎました。
でも念のためって感じで非常事態は5月24日までさらに延長になるようです。
心身の健康上の理由から、子供たちの外出だけは4月の末から条件付きで許可が出ていました。
(サッカーですら他の子との距離を確保できないからという理由で禁止)

そしてようやく5月2日より、大人にも条件つきで外出許可が出たのです。

いやほんと。私の変なこだわりだけじゃないのよ。
基本的にみんな外に出られないの。
公園のベンチに並んで座っていた母娘が逮捕されたりしてるんです。

「家族の代表一人が用事を済ますために最低限の距離外出してよい」

という条件を破っているという理由で。
その母娘の場合はいきなりの逮捕ではなく、それまでにも何度か罰金を科せられていたらしいですが。

とにかく日本とは感染者の数も桁違いならば外出禁止の禁止度も桁違いなのだ。

それがやっと!

- 昼間の一番いい時間は子供たち。
- 次にいい時間は補助のいる人たち。
- 午前6時から10時と午後8時から11時が健康な14歳以上の人。
 
という3部制で
家から1キロ以内ならお散歩やジョギングを「外で」していいことになりました。

グループはダメ。
カップルでも相手と2メートル以上間隔をあけなきゃダメ。

それでも40日ぶりに建物の外に出ましたー!

靴を履いて道を歩いたー!

午後8時はまだ夕方。
紫外線と無縁だった肌に5月の日差しがきつい。

スペインはこんな感じです。

イギリスのニュースによると、世界ですでに100万人以上の人が新型コロナウイルスから回復しているとか。
スペインだけでも日本国内の累積感染者数の10倍もの人が回復しています。

日本のみなさん。
変な情報に惑わされず、免疫力つけて明るく元気にお過ごしくださいね!!!

コロナ怖いと思ったらこちらの動画→ウイルスの次にやってくるもの
とってもわかりやすい動画→10分でみる 感染症の歴史
現場の医師が日本の状況を冷静に伝えている記事→ワイドショーあおりすぎ


【Kinkoちゃん随筆】 書家・美術家 金子祥代 https://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
インスタはこちら☆https://www.instagram.com/sachiyo.kaneko/

コロナ 峠を越えました

とうとう日本が緊急事態宣言したとのこと。
なんで今さら?なんで日本で?

現在人口1万人当たりの累積感染者数はわずか0.31人。
クルーズ船の感染者も含めてるから国内での感染者はもっともっと少ない。

なのにどこが緊急なんだろう。
累積感染者数世界2位の国に身を置いている身としてはまったくぴんと来ない。
こちらは人口1万人に対して28.71人が感染。日本の93倍。

これは毎日見ている日本の外務省発表のデータなので日本と海外諸国の感染者数の差は実際はもっとずっと大きいに違いないと思います。

となると、日本で現在感染している人に出会う確率ってどのくらい?
テレビでもFBでもネットでも、ちゃんとお花見している人がいたり、普通の生活を楽しんでいるようすが流れてくる。普通の生活が成立している。
なのになぜ行動を制限しなくてはいけないのか。
まるで緊急事態ってやつが世界の流行で、それに乗っからないとダサい。みたいな感覚でやってるようにしか見えません。あるいはこれに乗じてもっと怖いことたくらんでない?みたいな。

スペインでは緊急事態がさらに2週間延長になり25日まで外出禁止になりました。
それは予想よりもウイルスの潜伏期間が長い人がいたりして感染のピークを迎えるのが遅かったためです。
ようやく公式に新規感染者の減少が見られ、峠を超えたという見通しが発表されました。

あとは現在罹っている人の回復を静かに待つのみ。
初夏には公園で緑を楽しむことができるに違いない。わーい!

峠を超える前からこんな態度なので、日本の友人たちからは
「スペイン大変なのになんでそんなに明るいのさ?」
と言われまくっています。

せっかくなのでお答えしよう。なんでKinkoはポジティブなの?

1つには、すでにこんな状況だから「外出禁止になったらどうなんの?」「仕事できないじゃん」なんて怖がる選択肢がないこと。

2つめは、コロナは治るから万一罹ったとしても怖くないっていうこと。

現在スペインは病床を増やして対応していますが、それでも感染者を100パーセント受け入れたら足りなくなります。
だから「かかったかな?」と思っても直接病院に行ってはいけません。
まずはコロナ特設ダイヤルに相談。
そして、万一それがコロナだと診断されても、軽症であれば自宅で療養するよう指示されます。

そしてそこからが問題。

それで治っちゃった人がたくさんいるんです!

だって風邪だもんね。

だから無駄に怖がるのではなく、免疫力アップに努めることが我々に一番必要なことなの。

それでも亡くなってる人たくさんいるじゃん。ってつっこんでくる人いますよね。でも、スペインは相当な高齢化社会。亡くなっている人はもともと持病があった老人がほとんどです。この傾向はコロナに限らず普通の風邪でもインフルエンザでも同じ。

つまりはしっかり感染者が増えちゃったからこそ、ここでは疑心暗鬼にならないってことかなあ。

Kinkoは元気だよー!
あと2週間で公にだらだら家にひきこもる口実がなくなるのがさびしいくらいさ!

外に出ないから美白にもなるしい。

靴も減らないしい。

化粧品も減らなーい。

世界中のみなさんと同じ話題で盛り上がれるしい。

いいこといっぱいあるよ。

だからどんだけ必要かはともかく外出が制限された日本のみなさんも、これを逆にチャンスととらえてお籠り生活楽しんでください。

【Kinkoちゃん随筆】 書家・美術家 金子祥代 https://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
インスタはこちら☆https://www.instagram.com/sachiyo.kaneko/

コロナの渦中。現在のスペインの英雄は

スペインで外出違反者が逮捕されているところをテレビで見て
友人が心配してメールをくれました。

はい。
先日も書いた通り、こちらは自粛ではなく禁止です。

罰金あり。逮捕あり。

連日感染者多数の国として名前もあがってるんだろうし、なんかスペインの印象悪くなっちゃってますよね。

でも対策をしていないわけでもないし、どうしてここまで感染が拡大するのか正直不思議な気もしています。

最近フェイスブックでよくシェアされてくる記事が
「私たちはみなさんのためにここ(病院)にいます。
みなさんは私たちのために家にいてください」
というもの。
病院で看護師さんたちがそのメッセージを書いた紙を持っている写真があちこちから発信されています。

イタリアで疲労困憊している看護師さんの映像が発信されたのも話題になりましたね。

イタリアで感染者の数に対して死亡者が多いのは医療崩壊が原因と言われています。

外出禁止は不自由でもどうにか病院を健全に機能させるには仕方ないなと思わされます。

今のところスペインでは医療崩壊のうわさは聞いていません。
病院のキャパを休業中のホテルのベッドで補うなどの対策もとられています。

とにかく個人の私にできることは自分の健康に責任を持って病院のお世話になることを避けること。
よく食べよく寝る。
そして運動。

運動も部屋の中。

夕方ヨガをしているとだいたい8時くらいになるのですが、毎晩8時になるとまるでパレードでも始まったかというような明るい拍手と歓声、ホイッスルなどが聞こえてきます。時には小さな花火の音まで。

パーティは禁止のはず。
パレードなどあるはずはない。

最初はサッカーの無観客試合をテレビ観戦している人がテレビに向かって拍手しているのかなと思ったりしましたが、どう考えても数人の声や音ではないし
わざわざ窓を開けて外に向かって拍手している雰囲気なのです。

やっと理由がわかりました。

コロナウイルスに自身が感染するリスクを抱えながら、患者さんのために昼夜戦っている医療従事者たちに向かって毎日みんなで感謝と応援のエールを送っているのだそうです。
それもスペイン全国で一斉に。

きっとこの思いは伝わるはず。
一人でも多くの命が救われますように!

【Kinkoちゃん随筆】 書家・美術家 金子祥代 https://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
インスタはこちら☆https://www.instagram.com/sachiyo.kaneko/

間隔5メートルの行列

東京オリンピックの延期が決まったんですね。
残念ですが、1年「程度」の延期ということならば、一番暑い時期をはずして調整するなんていうこともできたらいいですね。
オリンピックの「延期」というのは始まって以来初めてということですが、アジア初の開催が決まっていた1940年の東京オリンピックが戦争のため幻になっていたとは知りませんでした。同年は札幌での冬季オリンピックも予定されていたのにやはり戦争のため中止。
そんなことを知ると1964年の東京オリンピック実現の値打ちが違って感じられます。
そして今回のオリンピック。やっと私がいる時代の東京オリンピック。
中止じゃなくてよかった!

さて、オリンピック延期の元凶コロナウイルス。

アメリカがいつの間にか世界3位に躍り出てまた4位にもどったスペインの現在の累積感染者数は3万9千人。
治っている人もいるので累積の数字に過剰反応しても仕方がありませんが、まだ上昇カーブの角度がゆるやかにならないのが困ったところ。外出禁止が2週間のびました。
国内の幹線道路の封鎖も始まり、国内移動もかなり制限される模様です。

今朝は近所のスーパーにないものがあったので主人がエルコルテイングレスまで買い物に行きました。
エルコルテイングレスというのはスペインにある唯一のデパートチェーンです。
服飾や高級食材売り場は閉まっていますが、スーパーのようなコーナーの売り場は開いていて食材や日用品を買うことができます。

そこに行った夫がなかなかもどって来ない。
近所のスーパーより少し足をのばしたとは行ってもさすがに遅い。
何かあったのでは?
なんて心配を始めた頃、たくさんの食材とともにご機嫌で帰ってきました。

野菜も新鮮。
買いたかったものは全部買えたのですが・・・

入店するまで15分、レジで30分もかかったそうです。

というのも、店内の人数制限のため、外に行列ができているのですが、前の人との距離を5メートルもあけるよう指示されたのだとか。
5メートルです!
だから店舗の角を曲がってずーっと先まで人が並んでいるのだそう。

そうなると、それが列であることに気づかない人も多く、うっかり間に入ってしまう人があちらこちらに。

ただ、この国のいいところは順番抜かしがいないこと。
うっかりした人には誰かが声をかけ、気づいた人は最後尾に向かいます。
こういった場面でギスギスすることはまずありません。

最近は暖かい日が続いているし、今日などは天気がよかったので問題はないのでしょうが、歩行器で歩いているおばあちゃんが買い物に来て「最後尾はあっちだよ」と言われていたりすると気の毒だったと言っていました。

それにしても5メートル。
しかも外なのに。
不思議だ〜と思いましたが、考えてみればこの国の人が行列するとそこかしこでおしゃべりが始まっちゃうからねえ。すごく増えたとはいってもまだ全員マスクしているわけでもないし。
自分たちをわかっての措置なのね。

さて先日からちょいちょい登場しているわが夫。
たまたまこちらに来ていたらとうとう帰る便がなくなり久々に1か月を超える同居となりました。
何年ぶりだろう。
やることもないので将来に向けてお料理のあれこれを伝授しています。

【Kinkoちゃん随筆】 書家・美術家 金子祥代 https://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
インスタはこちら☆https://www.instagram.com/sachiyo.kaneko/
随筆内キーワード検索
Message
Archives