Kinkoちゃん随筆

書に遊ぶKinkoちゃんの気ままな日常 ・・・現代アートから海外情報、最近なぜか少年隊まで⁈なブログ

初級

【独学でスペイン語!】多読17 90冊〜

独学でスペイン語。目標100冊へのラストスパートです。

久しぶりに大きい本屋さんに行って本を手に取りながら選んできました。

1冊目。Cerote y Flan (7歳〜)
表紙が魅力的だったので買ってみたのですが・・・。最初のエピソードがあまりにも下品。サルの生態としてもありえない。群れからはぐれた子ライオンをライオンの世界に戻してあげるまで面倒を見るサイ。子ライオンに分別を教えようとするシーンが繰り返されますが、最後までしらけた気分で読むことになりました。

pancho2冊目。El mejor enemigo del mundo (8歳〜)

世界最高の敵???タイトルからそそられます。
2月28日に生まれるはずが3月1日になってしまったばっかりに・・・。え?どういうこと?どういうこと?
多読なんていう目的を忘れてゆっくり時間をかけて楽しみました。
ひょんな失敗から友達をなくした少年。元親友は誕生日が同じ。今年も悔しい誕生日が来る。
そんな彼に魔術師が手を貸そうとします。それが魔術ではなく知恵と友情。さてどうなる?
著者はエクアドル出身。

fp3冊目。Fray Perico y su borrico (8歳〜)

私が買ったのはなんと73版!
なんだ。
ちゃんとスペイン発のヒット作が存在するじゃないですか。
調べてみたら初版は1980年で2005年までに全9巻出ており、5か国語に翻訳されて10か国で販売されているらしいです。


無知で純粋すぎる修道士Pericoがひき起こす騒動の数々。
カラッと明るくテンポがいいので子供っぽいとかバカバカしいとか感じることなく気軽に読めます。
案外辞書を回数が多いし、辞書に載っていない表現もけっこうある上、2万5000語のボリューム。気軽なつもりがしっかり充実した多読。

タイトルにあるborriocoはロバ。
「ドン・キホーテ」「プラテーロとわたし」そしてこのFray Perico y su borrico。
スペインでヒットするにはロバ???

nina4冊目。La nina invisible (8歳〜)

「もののけ姫」???と思ってしまう表紙です。

2018年のPREMIO EL BARCO DE VAPOR受賞作。
SM出版のEL BARCO DE VAPORというのはトム・ソーヤにちなんで名づけられた児童文学シリーズだそう。
シリーズの名前を冠したPREMIO EL BARCO DE VAPORは1978年に生まれたスペインで最初の児童文学賞で、第2回の受賞作がFray Perico y su borricoなのだそうです。それから40年。
わずか2年で5版のこの作品も期待できる・・・?

勇気ある女の子が活躍する話は数あれど、女性作家が書くと時々手前勝手なところが目立って同性ながらけむたいことがあるけれど、これは作者が男性だから?さわやかでした。
原始時代っぽい設定で昔話風なのに軽やかだし、かといってうそっぽくなく主人公と一緒にドキドキ冒険しました。絵がまたいいです。お話の空気そのもの。
アルタミラの壁画は本当にこんな風にできたのかも?なんて夢がふくらみました。

5冊目。Los Protectores (8歳〜)

これも同じ賞の2016年受賞作。
EL BARCO DE VAPORシリーズの8歳向けの中でひときわ厚い251ページ。
量もさることながら8歳には内容がちょっときついのではないかな?
町のワルをやっつける話だけど、ワルがちょっとワル過ぎて冒頭からひいてしまいました。
複雑な心情表現や場面の説明がなく、10歳児のひとりごとが多いので文章はやさしいです。短い文が多いし。
映画みたいに次々に事件が続くので、ワルに抵抗がない方にはおもしろいのではないでしょうか。料金は同じなので単純に見ればコスパはいいです。

ivan6冊め。Las aventuras de Vania el forzudo (9歳〜)

明るい表紙の絵に誘われて手に取りました。
44版。これなら裏切られることはなさそうだ。
読み始めるといかにも童話という感じのオープニング。
こういうほうが読んでいてほっとするなあ。
作者はチェコ出身か。挿絵はコロンビア出身。
インターナショナルだな。チェコの作家の本って読んだことないな。どんどん楽しみが膨らみました。

力持ちが出てくるみたいなのでもしや?と思いながら読みましたが、やっぱりこれは有名なお話でした。
邦訳は「大力のワーニャ」
Vaniaがワーニャとは気がつかなかった・・・。
Otfried Preussler というスペルを見てもまったくピンとこなかったのですが、作者はオトフリート・プロイスラー。「大どろぼうホッツェンプロッツ」で有名な作家です。ドイツで活躍し、ドイツ文学の扱いなんですね。
単なる力持ちの話にしては本が厚いなと思ったら壮大なストーリーが待っていました。
9歳以上設定だから?昔話だから?ちゃんとした文学だから?
とにかくたくさん辞書をひきました・・・。
でもそれが嫌じゃなかったのは物語の力でしょうか。

おもしろかったけどさすがに疲れたー。

目が本の上をなでるだけになってふらふらして布団に入る日が続いてしまいました。

語学はつくづく根性だ!
いよいよ多読の目標100冊読破目前。がんばります!

注)「多読なのに辞書?」って思われるかもしれませんが「精読でなるべくたくさん読む」っていうのに挑戦中です。その分レベルは欲張らない。
スペイン語は独学なのでKinko流多読です。
くわしくは→独学でスペイン語:番外編 落ちこぼれを1年で大学に!伝説の教師

(残念ながらこのブログではスペイン語特有のエニェとかアクセントとかが正しく表示できません。悪しからずご了承ください)
独学でスペイン語:多読18 100冊達成!!!100万語

【Kinkoちゃん随筆】 書家・美術家 金子祥代 https://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
インスタはこちら☆https://www.instagram.com/sachiyo.kaneko/

【独学でスペイン語!】多読16 スペインの新人発掘 

以前に紹介したPatio de lucesがおもしろかったので、マラガ市の児童文学賞受賞作を第一回から10年分読んでみました。8歳〜と12歳〜の2部門の作品が出版されていますが、今回は8歳の10冊。

selva

2010年 La bicicleta de Selva

表紙の絵からして期待させてくれます。
本全体がポエム。
作品は詩ではなく物語です。
説明なしにゆっくりひたってほしい1冊。

2011年 Fede quiere ser pirata
海賊になりたい4歳児Fedeのかなりやばい空想の世界。
たしかに子供の頃は周りにあるいろいろなものに疑問を持ったり考えたりしながらこんな風に忙しくしていることを思い出させてはくれるけれど、妊婦さんが読んだら産むのを躊躇しそうなひやひやの連続・・・。
果たして5歳の誕生日を迎えたFedeくんは。

palabra

2012年 Una terrible palabra de nueve letras

Fedeとは違ったタイプのちょっと困った難しい子が出てきたかと思うと・・・
裏表紙の内容紹介も読まずに読んでほしい。
冒頭から自分で戸惑って読んだほうが絶対おもしろい一冊。

2013年 Treinta y tres dias antes de conocerte
ううううう。
よくわからない。何なん?って思っているうちに終わってしまいました。

2014年 El club de los bichos
題名からゲテモノ好きの集まりの話かと思って中に気持ち悪い絵がないか確認してしまいました。
思春期の女の子のこわごわ、ひやひや、ドキドキの数日間の話。主人公のあだ名がゴキブリ。親友のニックネームがアリとクモ。だからこの3人がEl club de los bichos。

2015年 Cara de otro
基本的には問題を抱えた子供が悩み、乗り越えるといういい話。テンポもよくて読みやすい。
ところどころエピソードがえげつないのが残念。

2016年 Esmerarda y yo
年によって応募者が違うからレベルが違うのも仕方がないけど・・・。
この絵が好きと思える子供にならおもしろいのかな。
厚い上、挿絵は少なく字がぎっしり。わりきってしまえば多読には貢献してくれました。

gallimimus2017年 El gallimimus

タイトルの単語が辞書になく、本の中盤でようやくわかりました。
赤ちゃんが生まれるので夏休みにおばあちゃんの家にあずけられた男の子が文明にうとい不思議な女の子と出会い・・・。ありそうな話かと思いきや先が読めない。ドキドキあり、人情ありのいい話でした。

cazar2018年 Cazar un bosque, pescar un mar

動植物や虫などの名前が出てきて辞書は多めに出動。
タイトルの意味がわかった時、ものがたりが動き出します。祖父母と過ごすことになった夏休み。少年が自然のつながりや異国の文化へと心の目を開いていきます。やさしい人たちと澄んだ色のきれいな絵に囲まれながら気持ちのいい読書でした。

olga
2019年 El secreto de Olga

環境問題を扱いながらちっとも説教くさくなく、楽しい作品です。
ひときわ厚いのですが、80章に区切られていてポンポン読みやすい。ゴミの山をスマホ片手に旅している気がしない不思議なファンタジー。


こんなにあたりはずれがあると思わなかったけど、スペイン人の手による現代の作品を探すのがなかなか難しかったので、いい機会になりました。
少年少女向けの本のコーナーには、2014〜2016年のタイプの絵の入った本がたくさん並んでいます。本屋さんによっては「スペインにはこんなのしかないの?」と思ってしまうほど。
こうやって中身も知らずにまとめて取り寄せたりしなければ手に取ることはなかった。そんなタイプの作品に一応触れる経験ができたのも成果っていえるのかな?もういいけど。
マラガ市児童文学賞2021の作品ももう出版されているもようです。

さて、90冊まで来ました!多読の目標100冊まであとわずか。
私の独学スペイン語に、何か起きるかな。
この夏は多読マラソンだ!がんばりまーす。

注)「多読なのに辞書?」って思われるかもしれませんが「精読でなるべくたくさん読む」っていうのに挑戦中です。その分レベルは欲張らない。
スペイン語は独学なのでKinko流多読です。
くわしくは→独学でスペイン語:番外編 落ちこぼれを1年で大学に!伝説の教師

(残念ながらこのブログではスペイン語特有のエニェとかアクセントとかが正しく表示できません。悪しからずご了承ください)
独学でスペイン語:多読18 100冊達成!!!100万語

【Kinkoちゃん随筆】 書家・美術家 金子祥代 https://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
インスタはこちら☆https://www.instagram.com/sachiyo.kaneko/

【独学でスペイン語!】多読14 マジック・ツリーハウス18巻

独学でスペイン語勉強中。多読に挑戦です。

骨太な読書が続いたあとは・・・

7歳!

レベル下がってんじゃん!

いやいやそうおっしゃらないで。

たしかに薄いです。その上、半分くらいは絵!

でもです。

本屋さん曰く
「厚いけど、こっちの10歳向けのほうがやさしく読めるよ」

そう。私もそう推理しました。
なぜなら、このシリーズは7歳と8歳の兄妹があっちの時代、あっちの国へと行ってしまうアドベンチャーだからです。
恐竜のいる太古から月までいっちゃう。
つまり、いろんな分野のいろんな単語が出てくるということなのです。

というわけで、語彙を増やす学習目的で買ってみました。
1冊がこの分量でしかも7歳からでも読めるということは、浅く広くさまざまな単語に触れられるはず。

はたして・・・
第一巻恐竜の巻では10ページ目くらいから「爬虫類」とかプテラノドンとか出てきちゃってます。
pteranodonte以外にも辞書に載っていない単語がいっぱい!
現在使用しているのは白水社の現代スペイン語辞典で4万6千語収録されているものですが、そこに出てこない単語に会えるんです。
辞書に載っていたとしても、たとえば
「白亜紀」なんていうのは普通の小説には出てきませんよね。

でもご安心を。
やさしい文章の中に時々特別な単語が出てくるので子供が覚えるのと同じ感覚で出会える感じです。

世界各地がテーマになる中、日本は早くも5巻で登場。忍者の巻。

予想通り(?)忍者や侍についての記述には少々気になる間違いも・・・。
一応忍者はかっこいい感じになっているし、片目をつぶって楽しみましょう。

そうは言いながらけっこう知識も増えました。(私は7歳児レベルなのか?笑)

たとえば
クロマニョン人がちゃんとした毛皮の服を着ていた!

忍者のこともあるので鵜呑みはダメ。すぐ調べました。
するとかなり精巧にできた針で本格的な服を作っていたのがわかりました。
しかもおしゃれ。

ほかにもきっかけをもらっていろいろ調べ、収穫たくさんです。

casa原作はアメリカのMary Pope Osborne
でアメリカ版の劇画タッチの挿絵です。

スペイン語版はスペイン人によるイラスト。
私はこちらのやさしいタッチのほうが断然好きです。
妹アニーの無鉄砲が子供ながらの先走りとほほえましく見られるのもこの絵のおかげな気がします。


そんなほのぼのした絵とたっぷりの余白。
本業の方で余白を常に意識している私ですが、
こんなところで余白に感謝。

多読はいいけど目が悪くなりそー!と思っていたこの頃。
余白に癒されました。

心にも頭にもやさしい余白。
中の絵も全部カラーで、しかも構図がいい。
読むのに疲れた時など、ボーっと景色の絵を眺めているのが心地よかったです。

このシリーズも見開きのすべてに絵があり、解釈の手伝いもしてくれます。

日本語版「マジック・ツリーハウス」あるいは原語の英語を併用すれば、
人によってはかなり早い段階から使える便利なテキストになるのでは?

原作と日本語版は40冊を超えていますが
今のところスペイン語版は18巻で完結しています。
18巻でも少なくはないですが、18巻の終わりにそこまでの世界観がみごとにつながるさわやかな結末が待っているので私にはちょうどいい終わり方に思えました。

Serie La CASA MAGICA DEL ARBORの一冊はざっと見たところ5000語くらいでしょうか。
その量のおかげもありますが、やっぱりシリーズものは多読の味方です。

設定がわかっているし、作者の言い回しが同じなので
あとの巻になるほど読むのが早くなります。

スペイン語版18冊。一気に読み、思ったよりずっと早く累計80冊まできました。
私のスペイン語独学。ひとまずの目標は100冊。
多読でがんばりまーす!

注)「多読なのに辞書?」って思われるかもしれませんが「精読でなるべくたくさん読む」っていうのに挑戦中です。その分レベルは欲張らない。
スペイン語は独学なのでKinko流多読です。
くわしくは→独学でスペイン語:番外編 落ちこぼれを1年で大学に!伝説の教師

(残念ながらこのブログではスペイン語特有のエニェとかアクセントとかが正しく表示できません。悪しからずご了承ください)
独学でスペイン語:多読18 100冊達成!!!100万語

【Kinkoちゃん随筆】 書家・美術家 金子祥代 https://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
インスタはこちら☆https://www.instagram.com/sachiyo.kaneko/

【独学でスペイン語!】多読10 オーディオブック

独学でスペイン語学習。
語学学習といえば本来はこういうのが浮かびますよね。
本文が収録されたCDつきで、耳で覚え、発音の練習ができるシリーズです。
中学、高校時代は英語の教科書のテープを買ってさんざんリピートしたっけ。

どんなもんかなと思って初級と中級を1冊ずつ購入しました。

実はとっくに買ってあったのですが、CDを聞くことができなかったので使えずにいて、それを口実に積読になっていました。

lazarillo de tormes「ラサリーリョ・デ・トルメスの生涯」

16世紀に書かれたと思われるスペインのピカレスク文学の最古の作品だそうです。
ピカレスクっていうのはヒーローを礼賛するのではなく、ピカロ=悪い人が主人公の話のこと。

使用人として何人もの主人に仕える半生を描いた作品なのですが、仕える主人仕える主人にひどい目にあわされる内容なので、CDをリピートして聞いたり、ましてや反復して覚える気にはなりませんでした。

don juan tenorio「ドン・フアン・テノリオ」

ドンファンってDon Juanだったんですね!
女ったらしの代名詞だからイタリア発祥?かと思っていたらスペインだったとは。

イタリアに渡るとドン・ジョヴァンニか。

どっちも直観でとりあえず買ってみたのですが、原作について調べたりしてちょっとだけ賢くなりました。

スペインの文学の翻訳はとても少ないので、スペインの古典文学に興味を持たれた方はこのシリーズであらすじに触れて概観するのもいいかもしれません。

古典文学をやさしい表現で理解しやすく書き直してあり、本文は50ページほどですが、後ろに練習問題と、文中のちょっと難しめの単語の一覧があり、英、仏、独、伊、葡の訳がついています。

注)「多読なのに辞書?」って思われるかもしれませんが「精読でなるべくたくさん読む」っていうのに挑戦中です。その分レベルは欲張らない。
スペイン語は独学なのでKinko流多読です。
くわしくは→独学でスペイン語:番外編 落ちこぼれを1年で大学に!伝説の教師

(残念ながらこのブログではスペイン語特有のエニェとかアクセントとかが正しく表示できません。悪しからずご了承ください)
独学でスペイン語:多読18 100冊達成!!!100万語

【Kinkoちゃん随筆】 書家・美術家 金子祥代 https://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
インスタはこちら☆https://www.instagram.com/sachiyo.kaneko/

【独学でスペイン語!】多読9 素敵な絵本3冊

独学でスペイン語。今回は絵本を3冊ご紹介します。

絵本だからとあなどるなかれ。
ご紹介してきた8歳向けより辞書を引く比率が高いです。

でも文字が少ないからがんばれるし、なんといっても絵が素敵!

実は絵をながめてばっかりいました。

まずはこの2冊。
Quijote (2016刊)
Los suenos de Gaudi(2015刊)
なぜわざわざ発行年を書いたかというと、スペインに来た2016年に購入していたからです。発売されてすぐだったピカピカの2冊を一緒に買ったのに、いざ読んでみようと思ったらいきなり辞書を引きまくるはめになって飾りになっていました。
5年の眠りから今覚める・・・

51ETD1H-FcL._SY400_BO1,204,203,200_'Quijote'

素敵でしょ?
中の絵はもっと魅力的です。

裏表紙のラマンチャの風景も本当に現地のイメージそのもの。

実はスペインに来てまだ「ドン・キホーテ」を読んだ人に会ったことがありません。原作は古典だし、長いし、内容的にも難しいそうです。

そのかわり絵本はけっこうみかけるのでダイジェストで内容に触れることができます。
いつか読み比べをしてみようかな。
でもこのQUIJOTEを超えるものはそうないだろうと思います。
そのくらい中の絵が幻想的で大胆でとにかく素敵。

51A4Luku0YL._SX429_BO1,204,203,200_'Los suenos de Gaudi'

こちらもスペインといえば!のガウディ。

サグラダファミリアを始めとして難解といわれるガウディの建築の神髄をさらっと理解させてくれる1冊。
スペイン人じゃないとこうは作れないのじゃないでしょうか。

中盤の水に映った木のイメージの絵が印象的です。

そして3冊目。51tDME0RMZL._SX388_BO1,204,203,200_
'Cuentos Clasicos' para leer y contar

みなさんご存じのグリムにペローにと言った童話集。

スペインの文学ではありませんが、なんといっても絵が素敵でおすすめせずにはいられません。

1yagi



たとえばこれ。
どのお話の挿絵だかわかりますか?

答えは最後に書きますね。

収録の10の童話には10人のまったく個性の違うイラストレーターさんたちの挿絵がついています。今までどれだけ触れてきたかわからないお話ばかりなのに新しい!
ページをめくるだけでとてもぜいたくな時間が過ごせます。
なのにこれだけ入ってたったの12ユーロ!

もちろん絵ばかりでなく、読み物としても楽しめます。

みんなが知っているお話ばかりとはいえ、最近の日本では「そんなに変えたら別物では?」というレベルの、もはや改竄というほどの絵本が横行しているのに対し、まだ発売されたばかりのこの本は、その昔幼い私が出会った頃の世界のまま紹介されています。

たとえば表紙にもなっている「赤ずきん」。
表紙を見るだけでもおおかみが大きくて、リアルで、本当に人を飲み込みそうな怖さがありますよね。
1rojo

おおかみにそそのかされて寄り道している赤ずきんちゃんのシーンはこんな素敵な森の中。

でも、このあとオオカミがおばあさんを飲み込むシーンにはギョギョッ!!!

大人が見ても衝撃。

二人が猟師に助けられた後、オオカミはもちろんしっかり成敗されますが、その後もまだお話が続いていてびっくり。
ああああああああああ、そういえばそんな記憶もうーーーーーっすらどこかで。

記憶をたどったり、子供のころよくわからなかったところを補ったり、スペイン語を解読する作業も加わって大いに読み応えありです。
冒頭に「文字が少ないからがんばれる」と書きましたが、ひとつひとつは短いものの、250ページあるこの本全体としてはなかなかしっかり読む作業ができるので格安でハイリターンな教材になると思います。

さて、先ほどの現代アートな雲が浮かんだ絵のお話は・・・
「7ひきのこやぎ」でした。

あー楽しかった。これからも独学でスペイン語、がんばりまーす。

注)「多読なのに辞書?」って思われるかもしれませんが「精読でなるべくたくさん読む」っていうのに挑戦中です。その分レベルは欲張らない。
スペイン語は独学なのでKinko流多読です。
くわしくは→独学でスペイン語:番外編 落ちこぼれを1年で大学に!伝説の教師

(残念ながらこのブログではスペイン語特有のエニェとかアクセントとかが正しく表示できません。悪しからずご了承ください)
独学でスペイン語:多読18 100冊達成!!!100万語

【Kinkoちゃん随筆】 書家・美術家 金子祥代 https://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
インスタはこちら☆https://www.instagram.com/sachiyo.kaneko/

【独学でスペイン語!】多読2 今度は8歳

IMG_20180929
8歳向けの本たち。

先日の仮説は正しかった!
小学校就学前に文法っていうのは習得しちゃっているんだな。

6歳向けの本と8歳向けの本に文法的なレベルの差は感じないです。

字が少し小さくなって1ページあたりの単語が増えて、ページが少々増えるだけという感触。

100ページを超えるものもありましたが、続きが知りたくてわくわくして辞書を引くのもおっくうじゃない。
13日に特訓終了!って書いたのですが、ここでやめたらまたゼロにもどってしまいそうな気がして予定を変更。9月いっぱいスペイン語に捧げることにしました。
結局毎日12時間くらいはお勉強。
でも文法ドリルの12時間とは気分が全然ちがーう。
子供向けの本なので、本文の文字が大きいから目の疲れも感じません。
肩こりもない。
勉強という名のもとに楽しい時間を過ごしています。

この5冊の中で一番おもしろかったのは真ん中の
「La bicicleta es mia(その自転車ぼくの)」。
今まで読んだ中で唯一のスペイン人作家。

次は「Agu Trot」。
Agu Trotは日本語訳も出ているみたいですね。
それもそのはず
作者は「チャーリーとチョコレート工場」を書いたロアルド・ダール。
超有名な作家のようで・・・。
この作家だけ表紙の名前が本のタイトルより目立ったデザイン。
それほど有名ってことですね。後から知りました。
せっかくだからこの作家の作品を追いかけようかなあ、とちょっと思いました。
でも検討の末却下。
おもしろいはおもしろいけど何か舌にほんのちょっと嫌な味が残るっていうのか。
写真の中のもう一冊のキツネの話と合わせて2冊読んだだけの印象なんですが
映画の「チャーリー・・・」もそういうところあったし・・・。

作品によっていろいろありますが基本的には
難しすぎず長すぎず、いい感じで楽しみました。

それでも8歳っていうのはちょっと難しい年ごろなのかな?
写真の中のタコの絵がある本などは、天才バカボンみたいなナンセンスな話が色々並んでいるんだけれど、理解はできても私が使うことは絶対にない表現のオンパレード。
言葉遊びにいたっては初級の外国人学習者には不要どころか混乱のもと。
読みながらいちいち
たしかにこのくらいの年の男の子がはまりそうだなー。
とは思いました。
この手の作品はピンポイントでこの年頃に集中していそうなので選ぶ時に慎重にならなければ。
ということで
8歳向けは終了することに。

いよいよ10歳向けへステップアップ。
楽しみ〜。

注)「多読なのに辞書?」って思われるかもしれませんが「精読でなるべくたくさん読む」っていうのに挑戦中です。その分レベルは欲張らない。
スペイン語は独学なのでKinko流多読です。
くわしくは→独学でスペイン語:番外編 落ちこぼれを1年で大学に!伝説の教師

(残念ながらこのブログではスペイン語特有のエニェとかアクセントとかが正しく表示できません。悪しからずご了承ください)
独学でスペイン語:多読18 100冊達成!!!100万語

【Kinkoちゃん随筆】 書家・美術家 金子祥代 https://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
インスタはこちら☆https://www.instagram.com/sachiyo.kaneko/

【独学でスペイン語!】多読1 子供向けからスタート!

IMG_20180914_004100
これは夏の間に読んだ本。
上の2冊はメキシコで買っておいた名作集の子供向けシリーズで
「幸せの王子」

「王子とこじき」

下の4冊はスペインで出版されているシリーズから。

並べてみたらきれいだなって思ったのと
案外ちょうどいい本ってみつけるのが大変だったので
どなたかの参考になればと思って写真を撮ってみました。

メキシコのこのシリーズは、低学年よりは難しい感じですが、名作で内容を知っているからどうにか頑張れます。(このシリーズには「神曲」なども含まれていて、メキシコの子供ってすごい!と別の感動も覚えました。)全ページとも見開きの左は絵で右ページに物語。字も大きくて、辞書を引きながら読んでいても気持ちが楽。

このスペインのシリーズは対象年齢の目安が書いてあるのが選ぶときに楽です。
この4冊は6歳。
レベルとしては初級の私にちょうどいい。
やさしいとは言いません。
構文がややこしいものは書き出して分解してようやく理解、ということも多々あります。
つまり勉強にちょうどいい。
そして長さも「ここまでならなんとか」っていうほどよさ。

ただし
6歳だとまだまだ子供っぽい内容の本も多いので選ぶのに注意がいります。

単語もまだまだわからないものが多いので
「メモするために書き込みのできる紙質の本」
というのも重要ポイント。
実は低学年向けの本だと、カラーのもののほうが多いのです。
そういうものは絵も内容もいかにも子供向けのマンガチックなのが多いし、
紙もツルンとしていてメモに向きません。

なので、かなりいろいろ見た結果、このシリーズに決めました。

El secuestro de la bibliotecaria(写真左:図書館司書の誘拐)などはかなりおもしろかったです。スペインにもこんなおもしろい作家がいるのか!と調べてみましたが作者のマーガレット・マーヒーはニュージーランドの作家でした。日本語に訳された作品も何冊もあるみたい。
ちょっと残念でしたが、スペイン語読書、続けてみようという気になりました。

ダウンロードこの記事を書いていた間にもう一冊
La princesa bromista(いたずら好きのお姫様)も読み終わりました。接続法と過去未来がいっぱいでてきましたが、おもしろいのでサクサク読めました。これまたスペインじゃなくイタリアの作家のものではありましたが。


これで自信をつけて、いよいよ8歳児向けにステップアップします。

注)「多読なのに辞書?」って思われるかもしれませんが「精読でなるべくたくさん読む」っていうのに挑戦中です。その分レベルは欲張らない。
スペイン語は独学なのでKinko流多読です。
くわしくは→独学でスペイン語:番外編 落ちこぼれを1年で大学に!伝説の教師

(残念ながらこのブログではスペイン語特有のエニェとかアクセントとかが正しく表示できません。悪しからずご了承ください)
独学でスペイン語:多読18 100冊達成!!!100万語

【Kinkoちゃん随筆】 書家・美術家 金子祥代 https://www.kinkochan.com/
長年古典で培った書の力をベースに世界各地で現代アートの世界を展開中
インスタはこちら☆https://www.instagram.com/sachiyo.kaneko/
随筆内キーワード検索
Message
Archives